記事

年収500万円台の平日ランチ相場は"1000円" 「毎日そこそこおいしいものを手早く食べたい」

年収500万円台のランチ事情

国税庁が発表した2018年分民間給与実態統計調査によると、給与所得者の平均年収は441万円。年収500万円台なら平均年収より高い人たちは、平日はどのようなランチを食べているのだろうか。

キャリコネニュース読者から寄せられた回答のうち、年収500万円台の人の約半数は「外食」と答えている。「外食で食べたいものを食べている」(30代未婚男性/技術職/年収530万円)という人も少なくはなく、持参した弁当やコンビニが多い200~400万円台とは異なる傾向が見られた。

「毎日定食とか食べたいけど、近くにお店が少ないからコンビニランチ」

まずは、平日のランチは1000円以内で外食という30代未婚男性からの意見だ。

「毎日そこそこおいしいものを手早く食べたい。食べて休んで、午後からの仕事をパリッと終えられる活力を得られれば、サラリーマンの昼休みとしてこれ以上のことはない」(技術職/年収500万円)

40代男性は「毎日定食とか食べたいけど、近くにお店が少ないからコンビニランチです。月に2万円くらいなら負担にならないと思います」(40代既婚女性/管理・事務職/年収560万円)という。1日1000円程度使っているという。年収500万円台は1日に1000円前後のランチが相場といったところだろうか。

「年収に関係なく、自分で作りたい」「節約したい人も多いはず」

お弁当にこだわる人の声も寄せられている。20代の未婚女性は

「ランチにかけるお金がもったいないので、年収に関係なく自分で弁当をなるべく作りたい。また、好き嫌いがあるので自分で作った方が無難。外食は週1日で十分」(管理・事務職/年収540万円)

と語る。コストパフォーマンスを重視した結果、弁当を選ぶ人もいる。

「行ける範囲のお店はどこも大行列。たいしておいしくないのにそこそこ高くて価格に見合う価値を感じられないので、弁当を持参している」(30代未婚女性/営業職/年収510万円)

この女性は「出張時に1000円を超える外食をしても金額は気にならない」という。毎日お弁当を持参している人は、時には金額を気にせず外食ができる点がメリットと言えるだろう。

このように、弁当を持参する人の中には、こうしたコストパフォーマンスを考えて弁当を持参する人が多い印象だった。実際に、「年収が多くても節約したい人は多いはず」(50代未婚男性/管理・事務職/年収500万円)という声も見られた。

※キャリコネニュースでは「勤続12年で手取り14万円なのは"自己責任"?」「仕事でやらかしたこと教えてください!」に関するアンケートを募集しています。

あわせて読みたい

「外食」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    国内外で「ナカムラ」の死悼む声

    BLOGOS しらべる部

  2. 2

    野村克也氏「イチローは超一流」

    幻冬舎plus

  3. 3

    年収10倍のマイホーム購入は危険

    内藤忍

  4. 4

    韓国より低成長 認めぬ安倍首相

    PRESIDENT Online

  5. 5

    生理の妻へ食事配慮 批判の声も

    BLOGOS しらべる部

  6. 6

    韓国で成功諦める低所得層の実態

    ロイター

  7. 7

    次期首相候補 石破氏支持が躍進

    ロイター

  8. 8

    口座手数料より銀行がすべきこと

    内藤忍

  9. 9

    馬毛島の買収は高評価されて当然

    原田義昭

  10. 10

    よしのり氏 中村医師の死は残念

    小林よしのり

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。