記事

フェミニズムは罵り合いより提案を(少年ジャンプ)

2/2
こんな感じ↓で、「ゴミの山の中のダイヤ」を選り分ける作業をちゃんとしないと、前には進めない状況なんですね。




ドラゴンボールとかスラムダンクとか、ある種ちょっと奇跡的な「突き抜け方」をしてると思うんですが、その「突き抜け方」はある意味で女性を「従」のポジションに置くことで成立していたところが確かにあるのかもしれない。

日本国内における女性の発言権が増してくると同時に、意見集約が難しくなって混乱してしまい、その「少年ジャンプの突き抜け方」をなんとか維持するための当座の防衛策としての「ハーレムもの」とか「萌えアニメ」とかが生まれてきているのではないか、とすら私は思っています。

だから、単に「日本の男はゲスだ」とか言っててもやめるわけにはいかない事情もあるわけです。どうやったらコレが解決できるかというと、

むしろ女性の意志をも取り込んで「少年ジャンプのコアの価値観の突き抜け方」を男女協力して押しあげていくようなムーブメントを実現すること

しかないです。

少年ジャンプ好きの女性なんて世界中に溢れるほどいるわけで、むしろ主体的に「少年ジャンプ的価値観」を取り込み、「少年」よりももっと「少年ジャンプ」を追求できる女性・・・の参加をどう促していくのか、について、私たちは考えなくてはいけないはずです。




3・「少年ジャンプのコアは何か」を迎えに行って理解することに対して、インテリのフェミニストは責任を果たすべき


これは何も、実質的に少年ジャンプ編集部に入りたいけど入れなかった女子学生さん本人がそこまで考えろ、という話じゃないんですよ。誰だって不満があれば不満を言うのはいいし、提案以前の批判しかできない弱い立場に現状置かれてしまっている人だって当然存在するでしょう。

しかし、この問題をSNSで取り上げて改善を迫る人の中の、ある程度社会知識も知恵も知性もある人は、この

ディズニーで起きたブレイクスルーを少年ジャンプでも起こすにはどういう話であればいいのか?

について考える能力とそれについて真剣にやる責任があるはずですよね。

それも、「ダメなとこダメ」って言うのじゃダメで、「一番良いところ」を現代的にOKな形で再現するにはどうしたらいいか?について考えることをやるべき。

ディズニーにある程度大時代的な「プリンセス」の構造が残っていたからこそ、レット・イット・ゴーやスピーチレスの「爆発」があったように、ある程度古いタイプの「少年漫画のお約束」があったからこそ、新時代に「そこに秘められていた価値」が爆発する・・・という展開はこれから十分ありえると思います。

むしろその部分には「今の欧米的価値観の盲点になっている部分」すらあるからこそ、「なんで欧米みたいになんないの」という声だけが高まっていると余計に「防波堤としての少年漫画のお約束」に引きこもらざるを得なくなってしまう構造になっているんですよね。

その「欧米的価値観から盲点になってしまっている部分」ブログ一回分では書ききれないので、

モーツァルトが既に描いていたフェミニズムの行く先

十二国記に見る「女性ならではの視点」の本当の意味

「体育会系の日本」は衰退する日本の元凶か?

などをお読みいただければと。

一部のインテリとそれ以外が果てしなく分断され、個々人がグローバル資本主義の中の無力な砂粒とされてしまうような「欧米社会の基本モード」自体を今アップデートしなくては、その欧米的理想自体が危機にさらされてしまう時期に来ており、それは上記3つのブログに書いたような「日本に生まれつつある、中間集団を破壊しない最新型の資本主義」として結実しつつあると私は感じています。

その「日本から生まれるあたらしい希望」の潮流の中で、「あたらしい少年ジャンプの突き抜け方」が定義できれば、その時はじめて「いわゆる性差別」的なものを日本がやめることが可能になるでしょう。叩きやすいところを叩いているだけで、そういう「あたらしいチャレンジ」がエンパワーされないままだと、日本が本当に次の段階に進むことはできません。

「罵り合いではなく、あたらしい時代の提案」にこそエネルギーが使われるべきです。

・・・そういう観点から、「みんなで豊かになる社会はどうすれば実現するのか?」という直球なタイトルで、私の5年ぶりの新刊が今度でます。

以下のリンク先↓の無料部分で詳しく内容の紹介をしていますので、このブログに共感いただいた方はぜひお読みください。

みんなで豊かになる社会はどうすれば実現するのか?

また、同じ視点から、紛糾続ける日韓関係や香港問題などの「東アジア」の平和について全く新しい解決策を見出す記事については、以下のリンク↓からどうぞ。(これも非常に好評です。日本語できる韓国人や中国人へのメッセージもあります)

この視点にみんなが立つまでは決して解決しないで紛糾し続ける・・・東アジア問題に関する「メタ正義」的解決について

この記事を楽しめた方は、ブログの他の記事もどうぞ。最近は結構頻繁に更新しています。

この記事への感想など、聞かせていただければと思います。私のウェブサイトのメール投稿フォームからか、私のツイッターに話しかけていただければと。

倉本圭造
経済思想家・経営コンサルタント
公式ウェブサイト
ツイッター

あわせて読みたい

「少年ジャンプ」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    米議事堂襲撃 副大統領は間一髪

    WEDGE Infinity

  2. 2

    五輪判断 どう転んでも政府苦境

    内藤忍

  3. 3

    清田コロナ不倫 球界も冷たい目

    WEDGE Infinity

  4. 4

    共通テスト 鼻マスクで1人失格に

    ABEMA TIMES

  5. 5

    議員の保身? デジタル化せぬ国会

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  6. 6

    スピルバーグ氏に見る残酷な一面

    Dain

  7. 7

    官邸崩壊の足音 秘書官もう交代

    NEWSポストセブン

  8. 8

    トランプ氏罷免せず 判断を評価

    猪野 亨

  9. 9

    14歳以下のコロナ感染が増える仏

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

  10. 10

    Amazon書籍レビューは中身より数

    Chikirin

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。