記事

フェミニズムは罵り合いより提案を(少年ジャンプ)

1/2
ある「少年ジャンプをいまだに買っている友人」から、フェミニストと少年ジャンプ(集英社)の間のバトルが勃発しているらしい・・・という話を聞きました。

少年ジャンプの編集者になりたい女子学生が、「少年の心を持ってないとダメ」と断られた(とその女の子は思った・・・実際には”女性ファッション誌の編集部であれば、性別関係なく女性のおしゃれ心を理解できることが必要ですし、少年マンガであれば少年の心がわかることが大切でしょう”・・・ということで、別に”少年の心を持った女性”を拒否しているわけではなさそうですが)話が炎上したことが原因らしい。

そのことについて考えてみたいんですが、とりあえず内容を三行でまとめると、

1・少年ジャンプも苦境であり、何らかの新機軸が欲しいとは思ってるはず
2・ディズニーは「看板を下ろした」のではなく「さらに突き抜けて」アップデートされた
3・「少年ジャンプのコアは何か」を迎えに行って理解することに対して、インテリのフェミニストは責任を果たすべき


という感じです。では以下本文。


1・少年ジャンプも苦境であり、何らかの新機軸が欲しいとは思ってるはず


私は今40歳で、いわゆる「ジャンプ黄金期育ち」なので、ハンターハンターですら「自分より下の世代の漫画」感が正直あり、ワンピースも読んだことがないので、今のジャンプの連載陣を(ハンターハンターとワンピース以外)ひとつも知りませんでした。

私は経営コンサルティングのかたわら、「文通を通じてあなた個人の人生に寄り添って一緒に考えましょう」みたいないわゆる”コーチング的”な仕事もしていて、そのクライアントのある女性(同世代)が、出版業界の人だとはいえ「いまだに毎週買ってる」って聞いた時には・・・ってマジカヨソンナヤツイルノカ・・・と思ったぐらいで(笑)

その人いわく、
・そもそも今の少年ジャンプ漫画のうち主人公が少女なのが3作ある
・ラッキースケベとかハーレムモノみたいな「構成」が批判されるが、その「形式」に慣れさえすれば、むしろ少女漫画の男の方がオラついていてマッチョな感じで女性の意思を尊重しないような態度を取りがちなのに対して、女性キャラ一人ひとりの個性を理解して寄り添おうとする態度がある作品は多い
・・・だ、そうで、そもそも叩く前に「スラムダンクとかドラゴンボール」ぐらいのイメージのまま叩いてるんじゃないかという指摘は一応ありえるのかな、と思いました。ツイッターで検索しても、誰も「今の連載」に触れてない(笑)

「このシーンが女性差別だ!」って盛り上がってるのがせいぜい「バクマン(2012年終了)」とかで、これは逆説的に「今のジャンプの苦境」を表わしているんではないかという気がします。誰にも今の連載を印象づけられていないってことですからね。

僕も今回この記事書くために今週号買って読んだんですが・・・うーん。対象世代じゃないのも原因だろうけど、「昔ジャンプにあった漫画っぽい何かだなあ」という印象になってしまったのは正直なところでした。

だから、ジャンプ側だって何らかの「新機軸」が欲しいとは思っているはずで、ただそれがちゃんと具体的な形にならないと取り入れられないし、彼らが「守っている伝統」みたいなのもあるから具体的提案がないのに批判する声ばかり高まっていけばさらに貝のように引きこもらざるを得ないのは明らかだと思います。


2・ディズニーは「看板を下ろした」のではなく「さらに突き抜けて」アップデートされた


こういう時によく引き合いに出されるのがディズニーなんですが、ディズニーがいわゆる「伝統的なディズニープリンセス」時代を超えて、「女性の自立とか自由とか意志とか」を描き始めたのは、単に批判に対してハイソーデスカと受け入れてそうなったという感じではないですよね。

「魔法にかけられて」とかの時にまず一度ディズニーの伝統自体をメタ的に解釈して脱皮し、その先に「レット・イット・ゴー~ありのままで~」とか「21世紀版のアラジンの”スピーチレス”」とかの成功がある。

このプロセスの中でディズニーは、「自分たちが守り続けなくてはいけない価値は何か」について妥協せずに維持しているし、だからこそ「レット・イット・ゴー」とか「スピーチレス」の炸裂するような新世界もあるわけです。

一時期、ウチの妻が「スピーチレス」にハマって家でしょっちゅう流れてたんですが、新しいアラジンのお姫様は単に「自分が王になりたい」というだけでなく「王になるからにはちゃんと王としての責任が果たせる知識や経験を身に着けなくちゃ」的な感じのテイストがあるのが素晴らしいと思います。

単に「古い世界に対する批判者」でなく「あたらしい世界を構想し、提案する主体」に脱皮する意志が、「女性のエンパワーメント」の世界的潮流の最先端の中には萌芽として見えつつある。

それがもっと育っていけば、「男社会」側がフェミニズムに反対する理由が根っこから消えていくと思うので、どんどんやっていってくれたらと思っています。

要するに「王子様のキスで目覚める深窓のお姫様」的な装いは変えたけど、ムーランとかポカホンタスとかから続く、「ディズニープリンセスとしての矜持」みたいなものは維持されているんですよ。

「プリンセス」的な話の構造を考えなしに崩壊させると、「レット・イット・ゴー」とか「スピーチレス」的な突き抜け方の源泉もまたなくなってしまうんですね。

だから、この「あたらしいディズニーのやり方」が見えてくるまでは、ディズニーはむしろ保守的なコンテンツメーカーだと思われていたし、それを変えろという声に対しても毅然として「ディズニーとして守らなくてはならない価値」があるから拒否していたはずです。

「あたらしいスタイルでもディズニーの価値観を維持できる」目算ができたことで、むしろ一気に「あたらしいスタイルの最先端」に脱皮することができた。その「目算」ができるまではむしろ保守的な態度を崩さないでいることが必要だったところがあるわけです。

「現代の風潮に妥協」するのではなく、「現代の風潮の先へ突き抜ける」ことによってブレイクスルーが生まれた。

だから少年ジャンプにおいても、そういう「少年ジャンプらしさ」をどうやったら消さないままブレイクスルーが起こせるか、スラムダンクや聖闘士星矢やキャプテン翼やジョジョやナルトやその他、世界的な共感を読んだような「突き抜け方」を、現代風のポリコレ的にもOKな形で再現するにはどうしたらいいか?という問いにみんな熱中すべきで、その「あたらしいスタイル」が見いだせないままに批判だけしてたら、その「美点(の源泉)」を維持するために拒否し続けざるを得なくなってしまうわけです。

あわせて読みたい

「少年ジャンプ」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    立民党はなぜ全く期待できないか

    宇佐美典也

  2. 2

    社民党を食いつぶした福島瑞穂氏

    文春オンライン

  3. 3

    投資家がマイホームのリスク指摘

    内藤忍

  4. 4

    桜疑惑 安倍氏かばう議員に疑問

    猪野 亨

  5. 5

    人気のセ・実力のパに「違和感」

    中川 淳一郎

  6. 6

    トヨタが学校推薦を廃止した衝撃

    城繁幸

  7. 7

    非効率すぎる日本の医療救急行政

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  8. 8

    猫の目が…奇跡の失敗写真が話題

    BLOGOS しらべる部

  9. 9

    豊洲市場 なぜクラスター認めぬ?

    NEWSポストセブン

  10. 10

    自民重鎮 王毅外相何しに日本へ

    深谷隆司

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。