記事

緩みきっている安倍内閣

衆議院予算委員会の集中審議で質問に立ちました。

菅原前経済産業大臣、河井前法務大臣という2閣僚が、一週間のうちに立て続けて「政治とカネ」の疑惑で自ら辞任するという異常事態。これへの安倍総理の説明を求めるという形で開催された予算委員会でした。

私は質疑の中で、安倍総理に問いました。「任命責任は私にある、と言うけれど、では少なくともこの両氏に対して事実関係の確認はしたのか」と。

事実関係の確認もしないで、すなわちどれだけ悪いことを本当にしたのか、を確認もしないで、処分、対応はできないからです。

ところが安倍総理の答弁には、事実関係を当人たちから聴取したという言葉はありませんでした。

すなわち、何が事実関係かも確認しないで、当人たちが自ら辞任したからそれで良しとしただけのこと。

再発防止策をとるとか、そんな発想は全くありません。安倍総理は「閣僚」の重みを 全く理解していないのではないか、と言わざるを得ません。

総理がこのような態度では、これからも不祥事を起こす閣僚は出てくるでしょう。それぐらい、安倍内閣は緩みきっています。


あわせて読みたい

「予算委員会」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    日本へ謝罪求め続ける韓国に疑問

    諌山裕

  2. 2

    JESSE被告「コカインなめた」

    阿曽山大噴火

  3. 3

    森ゆうこ氏の「圧力」に応じない

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  4. 4

    222万部減 新聞はもう要らないか

    PRESIDENT Online

  5. 5

    佐野史郎 病室では寝たきり状態

    女性自身

  6. 6

    桜を見る会予算を国民向けに使え

    柚木道義

  7. 7

    大嘗祭反対集会? 朝日記事に疑問

    和田政宗

  8. 8

    「山本太郎都知事」はあり得るか

    PRESIDENT Online

  9. 9

    朝日のがん治療本PR見直しを称賛

    中村ゆきつぐ

  10. 10

    自民も警戒 立民の「閣下」とは

    文春オンライン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。