記事

東海道新幹線 2020年導入の「N700S」は災害にも強く進化

700系シリーズ史上「最高」を目指したN700Sのマスク

広くなったグリーン車

普通車も快適性が向上

ディスプレイも見やすく進化

公開された運転席

五輪前にその雄姿が見られる

 2020年7月に導入される東海道新幹線の新型車両「N700S」の試験車両が報道陣に公開された。「S」は「最高の」を意味する「Supreme」の頭文字で、ワンランク上の乗り心地を提供するという。

【写真】グリーン車の快適空間

 グリーン車、普通車ともに全席でコンセントが利用できるようになり、車内ディスプレイには、大型液晶ディスプレイが採用されている。これまでのLED電光掲示板に比べて1.5倍の大きさで、より鮮明に見やすくなった。荷物棚は停車駅が近づくと明るく照らされ、荷物の置き忘れに気付きやすい仕様だ。

 座り心地については、全席でリクライニングの際にシートと背もたれが連動して動く構造が採用され、快適さが向上。また、シートが改良されたことにより、普通車では数センチではあるがスペースが広くなった。グリーン車では足元のスペースが15%拡大した。

 災害や非常事態への備えも進化した。防犯カメラは、これまで1両あたり2台だったのに対し、さらに客室天井部分にカメラが4台増設され、計6台となった。客室自動ドア横に通話装置も新設され、異常時には乗務員や係員とスムーズに連絡をとることができる。停電時にはバッテリー走行の備えも用意されている。これまでなら長時間にわたり駅間に停車したりトンネル・橋梁などで停車したりするような状態になっても、N700Sならバッテリーによって安全な場所まで移動できるという。

 新幹線が開業したのは、東京五輪開催の1964年。戦後復興、経済成長のシンボルの一つとして親しまれ、日本を縦断する交通網として人々の移動を支えてきた。その新幹線が再び2020年の東京五輪にあわせ、技術の粋を集めた車両を導入する。JR東海・新幹線鉄道事業本部副本部長の上野雅之氏はこう自信をのぞかせる。

「東京五輪・パラリンピックを前に運転を始める、時代の象徴です。快適な乗り心地と客室内の設備などあらゆる面で最高性能を備えており、期待してほしいと思います」

◆写真/太田真三

あわせて読みたい

「東海道新幹線」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    「日本の技術力は世界一」という幻想 製造コストが高い理由は人件費なのか

    非国民通信

    03月01日 14:00

  2. 2

    「ファンタ ゴールデンアップル」は存在しなかった? 平成の都市伝説からみるフェイク判定の難しさ

    赤木智弘

    03月01日 12:51

  3. 3

    定期券は支給されるのになぜ!?青春18きっぷを偽造して通勤していた国交省職員の怪

    阿曽山大噴火

    03月01日 10:00

  4. 4

    通話など利用料無料をうたう「Rakuten Link」を試してみた

    krmmk3

    03月01日 14:27

  5. 5

    元々の数字が固定ではないから政治家の意図が働く 知事の責任は?

    中村ゆきつぐ

    03月01日 07:44

  6. 6

    電気を盗むことは英雄?インドのドキュメンタリー「街角の盗電師」

    たかまつなな

    03月01日 10:26

  7. 7

    菅首相、山田広報官「厳重注意」は全く“意味なし” ~背景としての「特別職公務員」の問題

    郷原信郎

    03月01日 12:08

  8. 8

    <コロナ時評・医療のシステム難民を救え>保健所半減のツケがもたらすもの

    メディアゴン

    03月01日 08:29

  9. 9

    10万円給付金問題 ついに政府が現金支給を検討へ 3月中に支給対象世帯を議論する予定

    藤田孝典

    03月01日 16:43

  10. 10

    【読書感想】だからヤクザを辞められない―裏社会メルトダウン―

    fujipon

    03月01日 10:55

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。