記事

【衆院予算委】総理は任命責任も説明責任も果たさず 渡辺周議員が追及

 菅原一秀元経産相、河井克行元法相と、「政治とカネ」の問題をめぐり閣僚の辞任が相次いだことを受けて衆院予算委員会集中審議が6日に開かれた。国民民主党からは渡辺周議員が質問に立ち、安倍総理の任命責任を追及した。

 渡辺議員は、組閣時に安倍総理が「令和の時代にふさわしい布陣」と、改造内閣を自画自賛したことなどを取り上げた上で、総理に対し「どのように責任を取ろうとしているのか、どのような責任を感じているのか」と問いただした。安倍総理は、「申し訳なく思っており、責任を痛感している」とは述べたものの、任命権者としての責任の取り方については、「速やかに後任を任命し、行政を前に進めることで、国民の信頼回復に努めていく」とすり替え、はぐらかしの答弁に終始した。

 さらに渡辺議員は、(1)辞任した菅原元経産相が(辞任前に)「明日、説明する」「事実関係を調査中」と述べていたにも関わらず、その後、公の場で何の説明もしていない(2)辞任した2元大臣を予算委員会に参考人として出席させるよう野党が要求しているにも関わらず与党が拒否している――ことなどを取り上げた上で、「自身の言葉で、公の場で説明すべきではないか」と、2人の元大臣の説明責任を追及した。また「党総裁として、しかるべき調査を主導したり、釈明をすべきではないか」と、安倍総理が疑惑解明に積極的な役割を果たすことなども求めた。これらの質問に対し安倍総理は、疑念を持たれた個々の議員が自ら説明を果たすべき、と答弁するに留め、総理自らが説明を促したり、積極的に調査を主導するなどの任命者として当然の責任を果たすことは認めようとしなかった。

 渡辺議員はこのほか(1)関西電力不祥事についての第三者委員会による調査の進捗状況(2)カジノ管理委員会の運営に際しての管理委員と業界の癒着防止――などのテーマを取り上げた。

あわせて読みたい

「国会」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    「支持できない」枝野代表に直撃

    たかまつなな

  2. 2

    内側から見た西野サロンの炎上

    森山たつを / もりぞお

  3. 3

    そこまでやる? トヨタ式在宅勤務

    PRESIDENT Online

  4. 4

    五輪中止で保険会社30億ドル損失

    ロイター

  5. 5

    病院長解任に「旭川医大の酷さ」

    中村ゆきつぐ

  6. 6

    裕福な高齢者層 TVは消費を煽れ

    毒蝮三太夫

  7. 7

    庶民に自粛させ豪遊する自公幹部

    田中龍作

  8. 8

    眞子さま 4月から無職の可能性も

    女性自身

  9. 9

    朝日と産経 動画でまさかの連携

    岸慶太

  10. 10

    通勤電車に触れぬマスコミの事情

    川北英隆

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。