記事

幸せな借金、不幸な借金


「ある日突然40億円の借金を背負う――それでも人生はなんとかなる。」の著者湯澤剛さんと、SHINOBY’S BAR 銀座でお会いする機会があり、早速書籍を読んでみました。

湯澤さんはキリンビールの社員として海外駐在など華々しい活躍をしていました。ところが、父親が他界し、経営していた会社の後継者として悪戦苦闘することになります。何と、経営を引き継いだ時には借金が40億円あったのです。飲食店を経営の中心としていた会社は思うように売り上げも上がらず、メガバンクからの返済要請によるストレスでギリギリの状況が続きます。

しかし、学生時代に教え込まれた「Never Neer Give Up」という言葉と、持ち前の精神力で20年近くかけて、返済をしていき、遂に会社の再建に成功。凄まじい実体験が書かれていました。

自ら借入を行ったのではなく、父親という親族が作った身の丈以上の借金を代わりに返済していくのは、何とも理不尽な気持ちもあったと思います。

このように借金とは一般には不幸なものというイメージです。

私も今10億円程度の借金をしています。しかし、無借金で金融商品だけで資産運用をしていた時より、多額のお金を借りて不動産投資をしている今の方が、日々のマーケットの動きに振り回されず、精神的には安定しています。だから、「不幸な借金」というより、むしろ「幸福な借金」です。

借入した資金で不動産投資を行い、家賃収入とローンの返済の差額から収益を生みだしています。金融機関の審査に問題がなければ、借金によって「信用力をマネタイズ」することができるのです。投資している賃貸物件のほとんどは都心の区分物件ですから、稼働率には問題ありません。安定した収益になります。

「借入=悪いこと」というのは、借金返済ができず、取り立て、夜逃げ、自己破産、家族離散・・・といった一般的なイメージから来ていると思います。

しかし、多くの優良企業が金融機関からの借入によって事業を拡大しているのと同じように、個人投資家にも「借入=収益機会の拡大」という発想も必要です。

すべての借金が不幸になる訳ではありません。借金の方法や借入金額をしっかりとコントロールすることで、借金で幸福を手に入れることもできるのです。ステレオタイプな思い込みや先入観というのは、なかなか払拭できないもの。かくいう私も、良い借金の方法に気が付くまで、50年かかりました。

すぐに、自分の思い込みを変えたい人は今月開催されるM氏セミナーにいらしてください。きっと目からウロコです。

■ 毎週金曜日夕方に配信している無料のメールマガジン「資産デザイン研究所メール」。メールアドレスとお名前を登録するだけで、お金の不安を解消するための具体的な方法をご紹介します。

■ 「初めての人のための99%成功する不動産投資」、シリーズ累計24万部を超えた「初めての人のための資産運用ガイド」など、今までに出版された書籍の一覧はこちらから。

※内藤忍、及び株式会社資産デザイン研究所、株式会社資産デザイン・ソリューションズは、国内外の不動産、実物資産のご紹介、資産配分などの投資アドバイスは行いますが、金融商品の個別銘柄の勧誘・推奨などの投資助言行為は一切行っておりません。また、投資の最終判断はご自身の責任でお願いいたします。

※このブログは「内藤忍の公式ブログ」2019年11月6日の記事から転載したものです。オリジナル原稿を読みたい方は内藤忍の公式ブログをご覧ください。

あわせて読みたい

「投資」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    いきステ来客減 子連れ層を狙え

    かさこ

  2. 2

    土井善晴語る 日本の食の問題点

    村上 隆則

  3. 3

    中国の人権問題で沈黙続ける野党

    木走正水(きばしりまさみず)

  4. 4

    首相補佐官が公費で京都不倫出張

    文春オンライン

  5. 5

    日本のク・ハラさん報道に批判

    舛添要一

  6. 6

    すき焼きでPR図った群馬県の過ち

    東龍

  7. 7

    伝説のファウルをW杯審判が解説

    森雅史

  8. 8

    残業代未払い コンビニ労組激怒

    キャリコネニュース

  9. 9

    日銀総裁「来年の経済は明るい」

    ロイター

  10. 10

    韓国で見た1400回目の反日デモ

    NEWSポストセブン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。