記事

類似するバッグを巡る裁判で不正競争行為を認定、イッセイミヤケが勝訴

1/2

 2019年6月、東京地裁でデザインは「完全に一致」していないが、「類似」している商品の販売差し止めを求めた裁判の判決が出た。

 デザインの保護を求めた原告側の主張が概ね認められた判決で、業界関係者を中心に好意的に受け止められている。

不正競争行為の差し止めを求め提訴

 2017年9月、婦人服・服飾雑貨販売の(株)イッセイミヤケ(TSR企業コード:291371884、以下イッセイ社)と親会社でデザインなどを手掛ける(株)三宅デザイン事務所(TSR企業コード:291513620、以下MDS)が、類似バッグを販売していたバッグ製造の(株)ラルジュ(TSR企業コード:313758883)を相手取り、東京地裁に不正競争行為の差し止めなどを求めていた。

 東京地裁は6月18日、ラルジュに対して、類似商品の譲渡や引き渡しの差し止めと破棄、イッセイ社へ7,106万円の損害賠償などを命じた。

 イッセイ社の担当者は東京商工リサーチ(TSR)の取材に対し、「デザインの保護に関して、当社の主張が概ね反映された判決で、広く知られたデザインにフリーライド(タダ乗り)する不正競争行為の範囲を確認する上でも、意義のある結果」とコメントした。一方、ラルジュは「コメントは難しい」と回答を控えた。

 TSRが蓄積する「裁判情報データベース」によると、不正競争防止法を巡る裁判は、令和に入り東京地裁で3件、全国では5件起こされている。原告と被告の社名が酷似しているケースや模倣もみられた。

「BAOBAO」と「Avancer」

 イッセイ社は「ISSEY MIYAKE」などの人気ブランドを持つ。独自ブランド「BAO BAO ISSEY MIYAKE」(以下BAOBAO)のトートバッグ、ショルダーバッグ、リュックサックなどを販売している。

 これらはタイル状に並ぶ三角形のピースが荷物の形状に応じて折れ曲がり、外観が立体的に変形するのが特徴で、2000年代半ばの販売開始から人気が沸騰していた。

 イッセイ社の業績も順調に伸び、2019年3月期の売上高は342億700万円、当期利益は30億9,200万円をあげていた。

 一方、ラルジュは2016年9月までに「Avancer」ブランドで三角形や四角形のピースで覆われた類似したデザインのバッグ販売を開始していた。

 「本件はブランド名を用いた模倣品ではなく、類似したデザインが問題となったケース」(イッセイ社の担当者)として、不正競争防止法に基づいて主張したという。

あわせて読みたい

「不正競争防止法」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    党規約が緩すぎるれいわ新選組

    田中龍作

  2. 2

    れいわの非常識 路上で記者会見

    田中龍作

  3. 3

    河野大臣「朝日社説は誤解招く」

    河野太郎

  4. 4

    セブン1強 商品に感じる安定感

    内藤忍

  5. 5

    ワクチン開発に本庶佑氏は否定的

    文春オンライン

  6. 6

    好調のテスラにトヨタがEVで反撃

    安倍宏行

  7. 7

    朝鮮学校への実質支援を中止せよ

    赤池 まさあき

  8. 8

    米で無印破綻 失敗続く日本企業

    後藤文俊

  9. 9

    カジノ反対の主張に感じる違和感

    木曽崇

  10. 10

    アビガン試験者の少なさ医師指摘

    中村ゆきつぐ

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。