記事

類似するバッグを巡る裁判で不正競争行為を認定、イッセイミヤケが勝訴

1/2

 2019年6月、東京地裁でデザインは「完全に一致」していないが、「類似」している商品の販売差し止めを求めた裁判の判決が出た。

 デザインの保護を求めた原告側の主張が概ね認められた判決で、業界関係者を中心に好意的に受け止められている。

不正競争行為の差し止めを求め提訴

 2017年9月、婦人服・服飾雑貨販売の(株)イッセイミヤケ(TSR企業コード:291371884、以下イッセイ社)と親会社でデザインなどを手掛ける(株)三宅デザイン事務所(TSR企業コード:291513620、以下MDS)が、類似バッグを販売していたバッグ製造の(株)ラルジュ(TSR企業コード:313758883)を相手取り、東京地裁に不正競争行為の差し止めなどを求めていた。

 東京地裁は6月18日、ラルジュに対して、類似商品の譲渡や引き渡しの差し止めと破棄、イッセイ社へ7,106万円の損害賠償などを命じた。

 イッセイ社の担当者は東京商工リサーチ(TSR)の取材に対し、「デザインの保護に関して、当社の主張が概ね反映された判決で、広く知られたデザインにフリーライド(タダ乗り)する不正競争行為の範囲を確認する上でも、意義のある結果」とコメントした。一方、ラルジュは「コメントは難しい」と回答を控えた。

 TSRが蓄積する「裁判情報データベース」によると、不正競争防止法を巡る裁判は、令和に入り東京地裁で3件、全国では5件起こされている。原告と被告の社名が酷似しているケースや模倣もみられた。

「BAOBAO」と「Avancer」

 イッセイ社は「ISSEY MIYAKE」などの人気ブランドを持つ。独自ブランド「BAO BAO ISSEY MIYAKE」(以下BAOBAO)のトートバッグ、ショルダーバッグ、リュックサックなどを販売している。

 これらはタイル状に並ぶ三角形のピースが荷物の形状に応じて折れ曲がり、外観が立体的に変形するのが特徴で、2000年代半ばの販売開始から人気が沸騰していた。

 イッセイ社の業績も順調に伸び、2019年3月期の売上高は342億700万円、当期利益は30億9,200万円をあげていた。

 一方、ラルジュは2016年9月までに「Avancer」ブランドで三角形や四角形のピースで覆われた類似したデザインのバッグ販売を開始していた。

 「本件はブランド名を用いた模倣品ではなく、類似したデザインが問題となったケース」(イッセイ社の担当者)として、不正競争防止法に基づいて主張したという。

あわせて読みたい

「不正競争防止法」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    格安スマホ業界にまで波及した価格破壊

    自由人

    06月19日 08:14

  2. 2

    「米国は病気」と罵りつつ、周庭さんは釈放…G7を敵に回した習近平政権の行き詰まり

    PRESIDENT Online

    06月19日 18:11

  3. 3

    さらに活用が進む、つみたてNISA~2021年は買付金額が1兆円超えか~ - 前山 裕亮

    ニッセイ基礎研究所

    06月19日 08:55

  4. 4

    都民ファーストの不振ぶりが目立つ都議選 小池旋風が影を潜めた影響か

    早川忠孝

    06月19日 16:34

  5. 5

    菅原一秀氏から違法行為を強要されていた元秘書が「説明責任果たせ」と顔出し訴え

    田中龍作

    06月19日 22:04

  6. 6

    世帯年収400~600万円のリアル「残業ありきの給料で毎日クタクタ」

    キャリコネニュース

    06月19日 18:44

  7. 7

    少子化高齢化問題に悩む中国 「日本の経験を中国に伝えるのは意義がある」舛添要一氏

    舛添要一

    06月19日 10:36

  8. 8

    「正社員で20代を浪費したくない!」フリーター女性の叫びと、垣間見える不安

    キャリコネニュース

    06月19日 13:17

  9. 9

    河井克行氏に「実刑判決(懲役3年)」の衝撃。もらう側の罪は?そして自民党の責任は

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    06月19日 08:26

  10. 10

    都合がよければ専門家の意見を聞き、悪ければ黙らせる 五輪巡る政府対応は納得できぬ

    小宮山洋子

    06月19日 16:39

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。