記事

デサントが通期予想を大幅下方修正、韓国事業の売り上げ低迷で

[東京 6日 ロイター] - デサント<8114.T>は6日、2020年3月期連結業績予想で、営業利益を従来予想の80億円から11億円に、当期利益を53億円から7億円にそれぞれ下方修正した。売上高の5割を占める韓国での業績不振が響いたほか、冬物商戦の苦戦も見込んでいる。

韓国では、日本製品の不買運動が広がっており、関連会社のデサントコリアの下期(7─12月)以降の売り上げが低迷した。年間配当は22円から3円に修正した。

同社は広告販促費の削減など販管費の見直しに取り組んだものの、売上高の落ち込みに伴う売上総利益の減少をカバーできないという。

デサントのエリア別売上高構成比はここ数年、国内4割程度に対して韓国が5割程度で、韓国事業に対する依存度が高い状況が続いている。

*内容を追加しました。

(内田慎一 編集:青山敦子)

あわせて読みたい

「デサント」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    周庭氏の力 新たな目線が中国に

    倉本圭造

  2. 2

    コロナで「地方の息苦しさ」露呈

    内藤忍

  3. 3

    乳首にシール貼らせ? 逮捕の社長

    阿曽山大噴火

  4. 4

    コロナの恐怖煽り視聴率を稼ぐTV

    PRESIDENT Online

  5. 5

    昼カラ実態「過激なキャバクラ」

    NEWSポストセブン

  6. 6

    コロナ利得者と化したマスコミ

    自由人

  7. 7

    宗男氏「玉木代表は保守政治家」

    鈴木宗男

  8. 8

    玉木代表は合流賛成派に耳貸すな

    早川忠孝

  9. 9

    田原氏 取材者がTVで訴える意義

    たかまつなな

  10. 10

    周庭氏過去に「日本留学したい」

    田中龍作

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。