記事

プロフェッツ・オブ・レイジのメンバー、活動の思い出を振り返りレイジ再結成を祝福

Amy Harris/Invision/AP/Shutterstock

レイジ・アゲインスト・ザ・マシーン再結成のニュースが流れた直後、プロフェッツ・オブ・レイジのチャックDとB-リアルはSNSで再結成の事実を認めた。「これまで楽しかった。俺たちが何か大きな印象を残せていたら嬉しいけど」とB-リアルは、スーパーグループの再結成を歓迎した。

レイジ・アゲインスト・ザ・マシーンが間もなく再結成するとのニュースが流れた直後、プロフェッツ・オブ・レイジのチャックDとB-リアルの2人のラッパーはSNSを通じてスーパーグループ再結成の事実を認め、レイジ・アゲインスト・ザ・マシーンから派生したグループでのこれまでの活動を振り返った。

チャックDは自身のツイッターに「俺ひとりではできなかった事をやってこられた。2020年はザック・デ・ラ・ロッチャがレイジ・アゲインスト・ザ・マシーンで盛り上げてくれるだろう。プロフェッツ・オブ・レイジとしての1000日間は最初から最後まで、カオスの中での名誉ある真のミッションだった。サイプレス・ヒルもパブリック・エネミーもレイジ・アゲインスト・ザ・マシーンも永遠に最高だ…」と投稿し、プロフェッツ・オブ・レイジとしてのこれまでの活動を振り返った。

B-リアルはInstagramに「結成当時からプロフェッツ・オブ・レイジをサポートしてくれたファンのみんなに感謝したい。この仲間たちとステージに立っていろいろな世代のファンと楽しめたことは本当に光栄だ」と投稿している。

さらに「短い間だったが本当に素晴らしい思い出に残る時間だった。チャックやトムと一緒にできたことは、素晴らしいなんて言葉では表現しきれない。これまで楽しかった。俺たちが何か大きな印象を残せていたら嬉しいけど。そして俺たちの音楽にインスピレーションを受けてくれた人がいることを願うよ。俺はこれからも変わらずみんなと共に闘っていくぜ」と続けた。

2019年11月1日、バンドのものらしきInstagramアカウント(後に公式アカウントであることが確認されている)に、コーチェラ・フェスティバルの2公演への出演を含む5日間のライヴ日程がアップされたのをきっかけに、レイジ・アゲインスト・ザ・マシーン再結成のニュースが駆け巡った。バンドに近い関係者はローリングストーン誌に、Instagramへの投稿内容が「本物」であることを認めている。本稿執筆時点では、レイジ・アゲインスト・ザ・マシーンのメンバーからのコメントはない。

レイジ・アゲインスト・ザ・マシーンは2020年4月のコーチェラ・フェスティバル2公演に加え、テキサス州エルパソ(3月26日)、ニューメキシコ州ラスクルーセス(3月28日)、アリゾナ州フェニックス(3月30日)でのライヴ予定を明らかにしている(各公演とも会場は未公開)。

この投稿をInstagramで見る

Translated by Smokva Tokyo

あわせて読みたい

「音楽業界」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    再々委託も 電通・パソナに疑惑

    田中龍作

  2. 2

    ブルーインパルス 文字を描いた?

    河野太郎

  3. 3

    米で広がる分断 アジア人も下層

    WEDGE Infinity

  4. 4

    コロナ後の日本は失業者増えるか

    ヒロ

  5. 5

    抗体簡易検査は「お金をドブに」

    中村ゆきつぐ

  6. 6

    渋谷で「一揆」補償巡りデモ行進

    田中龍作

  7. 7

    若者に届け TV局がYouTubeに本腰

    放送作家の徹夜は2日まで

  8. 8

    香港民主化の女神「すごく怖い」

    NEWSポストセブン

  9. 9

    コロナでトランプ惨敗説が急浮上

    WEDGE Infinity

  10. 10

    給付金寄付の強制は「責任転嫁」

    非国民通信

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。