記事

“アニソン界のレジェンド”串田アキラ73歳が明かす「レコーディングでダメ出しだらけだった30代の頃」 串田アキラさんインタビュー #1 - 大山 くまお

1/2

「Go! Go! Muscle! リングに稲妻走り~」。『キン肉マン』や『宇宙刑事ギャバン』の主題歌をはじめ、これまで数々のアニソン・特撮ソングを歌い上げてきた串田アキラさん。その力強くも優しい歌声で、子供から大人まであらゆる世代を魅了してきた串田さんは、今年で73歳。11月6日には、デビュー50周年を記念したベストアルバム『Delight』をリリースしました。そんな“レジェンド”串田さんに、「最前線で活躍し続ける秘訣」と、「ダメ出しだらけで苦しんだ40年前」についてお聞きしました。(全2回の1回目/#2に続く)

【写真】串田アキラさんの写真を全て見る(9枚)



◆◆◆

――串田さんは今、73歳だとお聞きしていますが、すごい筋肉ですね! 筋トレはいつ頃からされているのでしょう?

串田 『キン肉マン』(83年)を歌っている頃から、腹筋はよくしていました。声量を出すためでもありますが、「♪キン肉マン~」と歌っている体型がボヨ~ンとしていたら、ちょっとイメージが違うかな、と。本格的に筋トレを始めたのは、『トリコ』(11年)の主題歌を歌うようになってからです。トリコはキン肉マンよりもデカくてすごい筋肉なので、「もっと完璧にやらなきゃ!」と思って、トレーニングを始めました。

――今はどのくらいのメニューをこなしているのでしょう?

串田 腹筋は一時期に比べてかなり減りましたが、負荷をかけながら腹筋台で腹直筋を300回ぐらい。次に腹横筋を鍛えるのに左右両方で150回ずつ。あとは背筋を反らせて10秒キープを10セットとかですね。

体重が減ると低音が効かなくなる

――腹筋だけで600回! 全部でどれぐらいの時間をかけるのですか?

串田 2時間はかけますね。ジムではなく、家で道具を揃えてやっています。「どうすればジムの高価なマシンのように二の腕を鍛えられるんだろう」とトレーニングのメニューを考えていると楽しくなっちゃうんです。自分で考えたメニューをこなすことで、筋トレ自体は苦しくても「よし、明日につながるぞ」と思えるんですね。

――筋トレをすることで、歌への影響はありますか?

串田 歌うことが、すごく楽になりますね。筋トレをする前は1日10キロぐらい走っていたんです。走ることで今より10キロぐらい体重が軽くなりましたが、声まで軽くなってしまった。ドーンという低音が効かなくなったんです。「これはまずいな」と思って筋トレをするようになったら、声が戻りました。もう、これしかない(笑)。今はできるだけ声が衰えないように頑張っています。

――まさに「筋肉は裏切らない」というフレーズの通りですね。

串田 そうですね。筋トレをやっているのとやっていないのとでは、歌が全然違いますよ。

ライブ前に一人で山の中に分け入り「ウワーッ!」

――喉の調子を保つために、筋トレ以外で心がけていることはありますか?

串田 僕はあえて喉をケアしないんです。何十年か前にリズム・アンド・ブルースのバンドをやっていたとき、喉を痛めて医者に行ったことがあるのですが、お医者さんにそもそも環境が悪いと言われまして。僕はタバコを喫いませんが、ライブハウスは煙でいっぱい。みんな、酒も飲んでいる。

 それならケアするより鍛えちゃおうと思いまして、リハーサルなのに全力で3時間歌い続けたり、ツアーに行ったときはライブ前に一人で山の中に分け入って「ウワーッ!」と大声で叫んだりしていました(笑)。海に潜って叫んだこともあります。ブクブクいってるだけなんですけど(笑)。当時は1年で300ステージぐらいやっていましたから、とにかく喉を鍛えなくちゃ、と思っていましたね。今は毎日歌うことはありませんが、ステージの何日か前からは、これでもかと大声を出して喉を鍛えますよ。

自分が楽しくないと、聴いてくれる人も楽しくない

――ワイルドすぎます! まるでヒーローの特訓のようです。そうやってずっと変わらない迫力のある歌声を維持されているんですね。

串田 ファンのみなさんが子どもの頃から聴いている曲を歌うとき、「ああ、もう歳だから衰えたな」と言われたくないですし、そう思わせてしまうのも本当に失礼ですからね。やっぱり、そのままの声と迫力は保ちたい。いつでもそういう気持ちでいます。

――ずっと最前線で活躍し続けることができる秘訣があったら教えて下さい。

串田 鍛えて結果が出ると、すごく楽しいんですよね。鍛えることは辛くて苦しいものではなく、鍛えることで声を出しやすくなって自分の中から「楽しい!」という気持ちが湧き上がってくる。やっぱり自分が楽しくないと、聴いてくれる人も楽しくないと思います。

初めて歌った特撮ソングは「ずっとダメ出し」だった

――串田さんをはじめ、アニメソングや特撮ソングのシンガーのみなさんは、昔と変わらない歌声を維持して、歌い方も絶対に変えないという印象があります。

串田 最初に歌った特撮ソングは『太陽戦隊サンバルカン』(81年)でしたが、レコーディングでものすごく苦労しました。そのときに得たものは絶対に忘れられません。それをずっと続けようと思っているんです。

 最初に日本コロムビアのディレクターの方に「どうすればいいんですか?」と尋ねたら、とにかく「カッコよく歌ってほしい」と言われて。そこで自分なりにカッコよく歌ってしまったわけですよ。それまではずっとリズム・アンド・ブルースを好き勝手に歌っていましたし、『マッドマックス』の曲(日本語版主題歌『Rollin' Into The Night』79年)も英語で歌っていましたが、特撮ソングはぜんぜん違う世界だったんです。

 どれだけテイクを重ねても、ずっとダメ出しをされて、本当にどうしていいかわからなくなるぐらいでした。それでも、「こうしなさい」とは絶対に言われないんです。どれだけテイクを重ねても、なぜダメか教えてくれませんでした。

あわせて読みたい

「アニメ」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    スター・ウォーズの寿命は尽きた

    長谷川一

  2. 2

    日本も基金出資? 日韓議連の暴言

    木走正水(きばしりまさみず)

  3. 3

    非効率な手続きが多い日本の銀行

    内藤忍

  4. 4

    BOSE閉店に影響? 高音質な中国製

    自由人

  5. 5

    日本より韓国 外国労働者の現状

    清水駿貴

  6. 6

    旅券返して フィリピン女性訴え

    清水駿貴

  7. 7

    速すぎるナイキ厚底 どこが違反?

    PRESIDENT Online

  8. 8

    橋下氏 百田氏に「選挙出たら?」

    橋下徹

  9. 9

    コンビニ米不足? 農家抱える矛盾

    BLOGOS編集部

  10. 10

    コンビーフ缶の高額転売が相次ぐ

    AbemaTIMES

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。