記事

米国のタブレットユーザー、61%が有料コンテンツを購入

 タブレットが本格的に普及し始めている。ついに昨日は、マイクロソフトまでが自社ブランド製品でタブレット市場に参入することになった。

 現在、米国では、インターネットユーザーの31%に当たる7410万人がタブレットを使っているようだ。1年前は12%の2830万人であったから、急激に増えている。1年後は、インターネットユーザーの約半分である47%(1億1740万人)が使うようになると見込まれている。

リンク先を見る

 上のグラフを含めて、米国のタブレットユーザーの調査レポート“A Portrait of Today’s Tablet User – Wave II,”をOAP(The Online Publishers Association)が公表していたので、一部を紹介する。今年の調査は2012年3月19日から3月26日まで、2540人の米国のインターネットユーザーを対象に実施した。調査対象のユーザーは8歳から64歳までで、年齢や性別の分布は実際の米国の人口構成に合せるようにしたという。

 この調査結果で個人的に関心があったのは、有料コンテンツの利用状況。以下のグラフのように、タブレットユーザーの61%が、何らかの有料コンテンツを購入していた。39%の人が電子雑誌を購入したと答え、定期購読者は19%であった。電子書籍の購入経験者は35%であった。電子雑誌より割合が小さいのは、電子書籍をキンドルなどのeリーダーで購読する人が多いせいではなかろうか。一方、電子新聞購読者の割合は15%と低い。ニュースコンテンツは個別の電子新聞アプリに頼らなくても、FlipboardやZiteなどのソーシャル系アプリ(一般に無料)で十分なのかな。

リンク先を見る

 次のグラフは、タブレットユーザーがどのようなタイプの有料コンテンツを購入しているかを示している。

リンク先を見る

 次は日常的に利用しているサービスを示している。

リンク先を見る

 ユーザーは主にどこでタブレットを使っているのだろうか。自宅で夕食後にのんびりと、ソファーやベッドの上でエンタテイメント系コンテンツを享受するというのが、平均的な姿のようである。

リンク先を見る


◇参考
A Portrait of Today’s Tablet User – Wave II(The Online Publishers Association)

あわせて読みたい

「タブレットPC」の記事一覧へ

トピックス

議論福島第一原発処理水の海洋放出は許容できるリスクか?

ランキング

  1. 1

    橋下徹氏 毎日新聞は訂正すべき

    橋下徹

  2. 2

    都構想リーク記事に陰謀の匂い

    青山まさゆき

  3. 3

    精子提供を年間100回 男性の葛藤

    ABEMA TIMES

  4. 4

    田原氏「菅首相は地雷を踏んだ」

    田原総一朗

  5. 5

    菅首相の社会像「腹立たしい」

    畠山和也

  6. 6

    日立金属が3200人の人員削減へ

    ロイター

  7. 7

    杉田議員が差別発言繰り返す背景

    文春オンライン

  8. 8

    陽性者数報道がコロナ拡大抑制か

    中村ゆきつぐ

  9. 9

    タワマン強盗の恐怖を被害者激白

    NEWSポストセブン

  10. 10

    強TO!急ZO! 日経の韻が巧MYO!!

    BLOGOS しらべる部

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。