記事

究極の私利私欲婚?菊池桃子を射止めた60歳エリート官僚

1/2
BLOGOS編集部

「今年に入ってから交際をさせていただいてきた一般の男性と、入籍をいたしましたことを報告申し上げます」。

タレントで女優としても活躍する菊池桃子(51)が、自らの公式ブログで再婚を発表した。まさに〝電撃婚〟である。

菊池は結婚相手を〝一般の男性〟としているが、お相手は経済産業省経済産業政策局長の新原浩朗氏(にいはら・ひろあき=60)だった。

3年前の2016年から「経済財政諮問会議」の運営を担当。安倍晋三総理の側近・今井尚哉首相秘書官とともに「働き方改革」や「幼児教育無償化」など政権の主要な政策に取り組んできた。省内では「安倍総理に最も近い官僚」としても知られ「次期・事務次官候補」と言われるほどのエリート中のエリート官僚と評判。

要するに「芸能ニュース的には一般の男性」と言うだけの話である。

「芸能界の衝撃度からしたら小泉進次郎環境相(38)とフリー・アナウンサーの滝川クリステル(41)の電撃結婚以上かもしれません」(芸能関係者)と言うが、政界でも、西村康稔経済再生相(57)が5日午前の閣議後の会見で驚きを隠せない表情だった。

芸能人とエリート官僚の結婚はレア

確かに、政治家とタレントとの結婚は珍しくない。小泉環境相と滝川は記憶に新しいが、過去には94年にタレント高見恭子(60)がプロレスラーだった馳浩(58)と結婚、その後馳氏は参院議員に当選した。また、04年には女優の水野真紀(49)が、衆議院議員の後藤田正純氏(50)と結婚している。

しかし、芸能人とエリート官僚との結婚というのは、女優の司葉子(85)が1969年に、当時大蔵官僚だった相沢英之氏(19年4月4日没=享年99歳)と結婚した例がある程度かもしれない。

相沢氏は衆院議員に当選し経済企画庁長官まで務めた。そう言った意味でも、菊池の結婚は、まさに異例のことだと言っていいだろう。

ところで、菊池を射止めた新原氏というのは、いかなる人物なのか?

出身は福岡。東京大学経済学部を卒業後の84年に旧通産省に入省。民主党政権下の10年に首相秘書官を務め、14年からは内閣府大臣官房審議官に就いた。

「菊池との出会いは、15年から16年に彼女が民間議員として参加した『一億総活躍国民会議』でした。新原氏は同会議を運営する内閣府の『一億総活躍推進室』で次長を務めていました」(社会部記者)

口さがない業界人の間からは「税金を使った国の会議を婚活の場にしたのか」なんて囁く声もあったようだが、今回の結婚を聞いて一瞬、頭の中に浮かんだのは何故か、自民党所属で〝安倍チルドレン〟と言われる参議院・今井絵理子議員(36)と元神戸市議の橋本健氏(40)との〝不倫騒動〟だった。

今井は、90年代に一世を風靡した沖縄出身の超人気アイドル・ダンス・グループ〝SPEED〟のメンバーである。橋本氏は「当時から今井のファンだった」と〝不倫事情〟を吐露していた。もちろん、今井議員と橋下氏の〝不倫騒動〟と、今回の結婚を一緒にしてしまうわけではないが…。

では、今回の菊池と新原氏の場合はどうか。

あわせて読みたい

「菊池桃子」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    「おっぱい祭り」NHK大河が話題

    SmartFLASH

  2. 2

    長妻氏側が山本太郎氏側に圧力か

    田中龍作

  3. 3

    辻元氏 ANA資料は公正かつ誠実

    辻元清美

  4. 4

    識者が恐怖したクルーズ船の惨状

    青山まさゆき

  5. 5

    クルーズ船感染は人災? 医師告発

    中村ゆきつぐ

  6. 6

    我が子に完敗したオタクの限界

    シロクマ(はてなid;p_shirokuma)

  7. 7

    肺炎への対策鈍い安倍政権に苦言

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  8. 8

    安倍首相のねつ造答弁は言語道断

    大串博志

  9. 9

    東出昌大が告白「すべて失った」

    文春オンライン

  10. 10

    「日本の検疫は失敗」海外で批判

    PRESIDENT Online

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。