記事

イマジネーションの暴力! 『ロボット2.0』は観た方がいいかもしれない

 インド映画というと「ド派手な装飾にミュージカル!」というイメージで、近年では『バーフバリ』シリーズが日本でもヒットしたが、本作『ロボット2.0』は、ロボットが活躍するバリバリVFXのバリバリSFである。

 しかし、「ああ、インド人がハリウッド映画パクって、今度はロボット映画ですか」などとたかをくくていたら損をするだろう。『ロボット2.0』は、アメリカ映画や邦画のVFXによって飼いならされたわれわれ日本人の想像力を熱々のナンで往復ビンタしてくるような衝撃を残す、奇妙キテレツな光景の連続、想像力の暴力が繰り広げられるのだ。

 異常に長いタイトルロールや、ストーリーのとっかかりになるスマホが奪われていくシーンの異常な長さなど、冒頭から早くも「異常」の宝庫なのだが、「この映画、やっぱり変だ!」と思わされるのは、なんといっても「巨大な鳥」のシーンだろう。「なぜ“それ”で鳥を作った?」という疑問符が頭の中に何個も点灯するのだが、そんなことはお構いなしに映画は進む。
 
 もっとも、この鳥の表象には、意外とゴツメの政治的メッセージ性が隠されているのだが…。

 凶暴なイマジネーションと、想像を超える展開のフルコンボセットで観客がぐったりしたところで、最後にお待ちかねのミュージカルシーン。これがまた豪華絢爛なのだが、本編といっさい関係ねえ! というツッコミどころがまた素晴らしい。

 タイトルから察するとおり続編なのだが、前作は予習しなくていいから(というか予習する意味があまりない!)、とりあえず劇場に行ってほしい、とりあえず衝撃を受けてほしい、という案件である。

 アメリカと日本の映画を隔てている壁が「資金力」の1枚だとすれば、インドと日本の間にはもう1枚、「想像力」というものがあることを痛感させられる一作である。

<<俺の好きなお勧めインド映画>>

きっと、うまくいく(字幕版) きっと、うまくいく(字幕版)
発売日: 2013/11/26
メディア: Prime Video
この商品を含むブログを見る

 

バーフバリ 伝説誕生(字幕版) バーフバリ 伝説誕生(字幕版)
 発売日: 2017/07/05
 メディア: Prime Video
この商品を含むブログ (6件) を見る

 

あわせて読みたい

「映画」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    党規約が緩すぎるれいわ新選組

    田中龍作

  2. 2

    れいわの非常識 路上で記者会見

    田中龍作

  3. 3

    ワクチン開発に本庶佑氏は否定的

    文春オンライン

  4. 4

    市長自殺 命落とす韓国の政治家

    舛添要一

  5. 5

    河野大臣「朝日社説は誤解招く」

    河野太郎

  6. 6

    セブン1強 商品に感じる安定感

    内藤忍

  7. 7

    発展に疲弊 シンガポールの若者

    後藤百合子

  8. 8

    GoTo政策前倒し 感染続く中愚挙

    木走正水(きばしりまさみず)

  9. 9

    好調のテスラにトヨタがEVで反撃

    安倍宏行

  10. 10

    猫はなぜ電話中に近くで鳴くのか

    NEWSポストセブン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。