記事

ユニクロは実質値上げか

20年近くユニクロのファンである。安いし、丈夫だし、普段の山歩き用に十分耐えられる。冬の山歩きにヒートテックだけは逆効果だが。そんなユニクロに最近不満がある。生地をケチっているのでは思えて仕方ない。

一番感じるのは靴下である。夏、短いのを履いている。くるぶしが見える程度に短い靴下である。カバーソックスと名前がついているらしい。そんなガキみたいな靴下を真冬以外、愛用しているのは、汗でスネ付近が靴下にかぶれるから。もう20年近く経つかもしれない。

当然そのカバーソックスもユニクロなのだが、最初は革靴で歩くと簡単にズレてくるので、急いで引きずり上げる必要があった。その後改良され、ズレなくなったのだが、最新のものは(といっても買ってから1年以上経つのは)どういうわけかえらく短くなった。

そのため、靴のベロ(タンと言うとあるが、ベロもタンも舌やんけ)が足首に当たり、赤く、痛くなる。その対策として、今はカバーソックスを無理に引き伸ばして履いている。スニーカー系ならあまり痛くならないかとも思うが、それでも長時間歩くと足首に靴擦れができるだろう。

何故、ユニクロはカバーソックスを短くしたのか。靴下を履いてないように見せるためなのか。それとも生地を節約し、原価を安くしようとしているのか。両方が正解かも。一石二鳥というわけだ。

そういう目でユニクロの製品を見直すと、ワイシャツの生地が薄くなった。光沢のある綿を使うようになったので、「質が良くなった」のかもしれない。しかし、生地が薄くなったため、すぐにシワシワになる。「光沢の問題よりもシワの問題やろ」と思ってしまう。光沢がいくらあっても、見すぼらしくなるから。

ヒートテックなどの下着類も丈が短くなった。最初の頃のは尻まですっぽり隠れるほどだったのに、今のはようやく尻の真ん中くらいである。

格好いいのかどうかはともかく、ユニクロの老人ファンも増えている。最近の菓子屋の値上げのようなケチくさいマモをせずに、もっと堂々と戦ってほしい。といっても、価格も上昇しているのだが。

それとも、ユニクロも大会社になったから、組織も官僚的になり、姑息な行動に対する柳井さんの目が行き届かなくなっているのだろうか。とすればユニクロの製品、僕なんか山用品の代替としてしか使わなくなるだろう。

あわせて読みたい

「ユニクロ」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    日本へ謝罪求め続ける韓国に疑問

    諌山裕

  2. 2

    JESSE被告「コカインなめた」

    阿曽山大噴火

  3. 3

    森ゆうこ氏の「圧力」に応じない

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  4. 4

    222万部減 新聞はもう要らないか

    PRESIDENT Online

  5. 5

    佐野史郎 病室では寝たきり状態

    女性自身

  6. 6

    桜を見る会予算を国民向けに使え

    柚木道義

  7. 7

    大嘗祭反対集会? 朝日記事に疑問

    和田政宗

  8. 8

    「山本太郎都知事」はあり得るか

    PRESIDENT Online

  9. 9

    朝日のがん治療本PR見直しを称賛

    中村ゆきつぐ

  10. 10

    自民も警戒 立民の「閣下」とは

    文春オンライン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。