記事

犬も猫も家族です。家族を守る法律を

本日行われた院内集会「動愛法、どんでんがえしを防げ! ~本当の動物愛護を推進するために~」が行われました。

海生動物愛護法では、動物愛護団体などからの意見を加えて様々な規制を加えています。

どんでんがえしとはなんでしょう。海外では、犬猫の赤ちゃんが社会的規範を学んでから譲渡をしましょう、ということから、生後56日(8週間)以下の子猫・子犬の販売を禁じる動物愛護の法律の準備が進められています。

 ところが、日本犬6種に関してだけは、8週規制から一部外されて、49日を超えれば販売できるとなりそうなのです。

これ以上、制限が崩れないよう、院内集会でがんばろうと、おこなわれました。

[画像をブログで見る]

それでも、改正動物愛護法。現在の法律よりは、動物を守るという意味で、より進歩的な内容を含んでいます。

今回の集会で、川田議員も参加し、「動物のいのちを守る」という公約のもとに、法案を応援する議員として参加してきました。


現状の動物愛護法では、多頭飼いといったもののにも制限規制がありません。

先日行ってきた「奄美大島」では固有種を守ることから飼うことができる頭数を決めてましたが、日本には、そのような法律がありません。

院内集会では、悪質ブリーダーとよばれる人たちの醜い多頭飼いの様子も紹介されていました。


この状況でも、違法だとして、問題視することができない状況です。
不適切な多頭飼いについては、改正時の厳罰化対象になるようです。

また、以前から話題になっていたマイクロチップの装着義務もスタートするそうです。
行方不明の動物が少なくなるかもしれませんね。

今回の「動物愛護福祉」という目的で、動物にも5つの自由があるとして定義していました。

1.空腹と渇きからの自由
2.不快からの自由
3.苦痛、損傷、疾病からの自由
4.正常行動発現の自由
5.恐怖及び苦悩からの自由

一緒にいるネコのダラダラしている様子は、幸せの証。
そう思うと、ねこのあくびは、自由の証になりますね。

一匹でも多くの動物たちが、飼い主さんと楽しい時間を過ごせるよう
きちんとした法律で監視していく仕組づくり頑張っていきます。

あわせて読みたい

「動物愛護」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    医師が勧める「孤独のグルメ」

    PRESIDENT Online

  2. 2

    コロナ不安も福島県が検査を拒否

    鈴木博喜 (「民の声新聞」発行人)

  3. 3

    新型肺炎の専門家見解「信じて」

    中村ゆきつぐ

  4. 4

    店員はマスク禁止 マック違法か

    田中龍作

  5. 5

    河野太郎氏 SNSで器の小ささ露呈

    文春オンライン

  6. 6

    Perfume公演行かず 命守る行動を

    常見陽平

  7. 7

    破産者マップ再びか 識者が警鐘

    町村泰貴

  8. 8

    保育士グラドルの姿は心理的虐待

    田中俊英

  9. 9

    肺炎で安倍政権が守りに 米報道

    飯田香織

  10. 10

    電通で感染者 全社員が在宅勤務

    キャリコネニュース

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。