記事

息子の入試を前に離婚を切り出された44歳妻の「別れぬ理由」

26歳で結婚、仕事と子育てを両立してきたバリキャリ女性が今望むものは?

仕事も出来て、子供にとっても良い父親だった夫

二人が再び”恋人”に戻る時は来るのだろうか

 結婚の「分岐点」をレポートするシリーズ。今回は、浮気を繰り返す夫との離婚に踏み切れないアラフォー女性の本音を探る。

 * * *

◆外見的にはお似合いではなかった二人が、なぜ結婚したか

 慶子(けいこ)さん44歳、旅行系雑誌の編集者として働くバリキャリだ。22歳で就職、26歳で結婚・出産、以来、好きな仕事と家庭を両立してきたという自負がある。会社では多数の部下を抱える管理職となり、一方、一人息子は、今年から都内の難関大学に通う。完ぺきに見えるワーキングマザーは、しかし、ある悩みを抱えていた。

「また夫が浮気しているんです。もう、何回目だろう。彼にとっては浮気ではなく、本気なのかもしれないけれど……」

 慶子さんは26歳のとき、仕事で知り合った同級生の夫・剛(ごう)さんと結婚した。デキ婚だった。付き合いはじめて半年ほどで妊娠が発覚。26歳という年齢での結婚・出産は、それまで思い描いていた人生設計とは違い不安もあったが、それ以上に、嬉しい気持ちが勝ったと振り返る。

「仕事が楽しくなり始めた頃に出産するのに不安はありました。私の周りでは、26歳で結婚というと、早いほうだったし。でも元々、結婚して子供を産んでも、仕事は一生続けるつもりだったから、だったら体力のある若いうちに産んで、それからバリバリ働けば大丈夫と、気持ちを切り替えたんです。何より、これで彼と結婚できるというのが嬉しかった。子供が出来ていなかったら、結婚まで行っていたかは、わからないです」

 剛さんにとっても、26歳で結婚というのは、想定外だったそうだ。趣味が多く、派手好きな剛さんにはもっと遊びたい気持ちがあったに違いないと慶子さん言う。だが妊娠がわかると、結婚しようとすぐに言ってくれた。そういう男気に、ますます惹かれた。

「私も彼も、男女複数で飲んだり遊んだりする仲の良いグループのなかにいたんですが、彼にとって、私は、それほどタイプではなかったと思います。でも、私は、彼のことを、最初からいいなと思っていた。だから、彼が一番気に入ってた子にフラれて、愚痴を聞いているうちに、なんとなくそういう関係になって……。結婚すると公表したときは、周囲に衝撃が走りました。それくらい、お似合いではなかったのかもしれない(笑)」

 ありていにいえば、遊び人風でお洒落な剛さんと、真面目で優等生タイプの慶子さん。慶子さんは「目鼻立ちが地味」なので、化粧に毎日30分かけていた。外見的な雰囲気は異なる二人だったのだろう。だが、内面的にはいくつも共通があった。剛さんも慶子さんも仕事が好きで、出世欲も強かった。子育てには、慶子さんの実家の助けを借りながら、熱心な教育パパ・ママになった。

◆息子の母親か、ひとりの働く女性としてしか見られていない

「子育てに関しては、彼とすごく意見が合った。それはありがたかったと思っています。子供の教育にお金を惜しまない、というのは、二人とも一致していました」

 そんな仕事と子育てにめまぐるしい日々も、一人息子が小学校に上がると、少しずつ落ち着いていった。と同時に、夫の言動が気になり始めた。

「深夜帰宅の日が増え、土日も仕事やゴルフで、どちらか一日は家にいない。その分、仕事は順調のようで、それはそれで私も鼻が高かったんですが、家にいる日は子供と遊んでいて、夫婦の時間がまったくなくなっていることにストレスを感じ始めました」

 たまには二人で飲みに行こうよと誘っても、色よい返事は来ない。剛さんと息子の好きなスポーツ観戦やゴルフに、慶子さんはほとんど興味を持てないこともあり、いつしか子供の話題以外に、会話はなくなっていた。

「仕事の相談は聞いてくれるんです。的確なアドバイスもくれます。そういう意味では信頼できる人間。でも、息子の母親か、あるいはひとりの働く女性としてしか見られていないと感じて、どうしてもイライラしてしまうようになって」

 次第にケンカが絶えなくなった。もっと家に居てほしいと望む慶子さんに対し、子供のことは協力している、それ以外の時間は自由にさせてほしいと主張する剛さん。「二人の時間」をめぐる攻防は平行線を辿った。

 イライラが沸点に達したある日、慶子さんは剛さんの携帯を見てしまった。そこには女性からのメールがたくさん来ていた。突き詰めるとすぐに剛さんは白状した。

「浮気している、ごめん」

◆恋愛経験が乏しいことへのコンプレックス

 それほど驚かなかったのは、頭の片隅で予想していたからだろうと、慶子さんは冷静に振り返る。彼は仕事もできるし、女性に優しいし、既婚者であってもモテるだろうと。長い結婚生活のなかで、そういうことが一度や二度、起こるのではないかと、どこかで覚悟していたような気がすると、分析した。

「その後、彼は私に、少し優しくなったんです。だから私も許しました。でも、セックスレスになりました。頭では許すことはできても、どうしてもそういう気持ちにはなれなくて。私のプライドだったのかもしれません」

 とはいえ、息子の受験の時には、剛さんはやはり頼りになった。子供は文字通り夫婦のかすがいだったが、剛さんの浮気はその後も続いたという。

「また遊んでるな、というのはなんとなくわかりました。でも、私も仕事が忙しくなると、だんだん問い詰める気力がなくなってきて。歳のせいもあると思います。家族が円満なら、多少のことは目を瞑るのが、大人のいい女なのかな。そうやってゆっくり構えていたほうが、彼の気持ちも戻ってくるかな、とも考えたんです」

 では、慶子さんには、新しい出会いはなかったのだろうか? むろん浮気をする夫への腹いせ、というわけではなく、バリバリ働く魅力的な女性に新しい出会いがあっても不思議ではない。

「うーん、あったらよかったんですが……、私には何もなかった。女性が多い職場というのもあったし、結婚してからは、仕事と家庭で精一杯で、余裕なんてなかったんです。正直いって、私、あまり恋愛経験がないんですよ」

 夫の剛さんは、慶子さんが人生で二番目に付き合った人だった。大学時代に、なんとなく付き合っていた彼氏はいたが、就職して自然消滅していた。活発で明るい慶子さんだが、恋愛経験は乏しいという自覚があった。だからこそ、恋愛にポジティブでガツガツしている剛さんに対し、腹立たしさとともに、うらやましさや憧れといった相反する感情がうずまいていたという。

◆恋愛したい夫、家族でいたい妻

 剛さんの浮気対して嫉妬はあったが、慶子さんの頭に「離婚」が浮かんだことは一度もなかったという。だからこそ、剛さんからその二文字を切り出された時はショックだった。それは一人息子の大学受験の前の年だった。

「息子が大学生になったら離婚したいと言われたんです」

 剛さんは浮気を繰り返すうちに、長く付き合う女性ができていたようだ。その彼女と新しい生活を始めたい、と告げられた。

「オレはまだ恋愛したいんだよね、とも言われたんです。彼が浮気して以来、私たちにもはや男女の関係はなかったし、夫婦といっても同居人のようなものだったことは確かです。でも、私は、どうしても“うん”と言えなかった……」

 慶子さんが離婚を拒否すると、剛さんは、気持ちが落ち着くまで待つからゆっくり考えて欲しいと言った。そういう対応に剛さんの愛を感じたが、「君もまだ若いんだし、誰か好きな人をつくったほうが幸せなんじゃない?」と言われると、心が凍る思いをした。それでも、大学に進学してから一人暮らしを始めた息子が家に帰って来る日には、三人で食卓を囲む。慶子さんには、どうして離婚しなければならいのか? という思いが強まっていった。

「最近、彼が帰ってこなくなりました。でも、息子のためにも、家族という“器”をいつまでも保っておこうと思います。はっきりいって、私には、もう新たな出会いは望めない。今さら一人になっても空しいだけ。もちろん経済的に夫には頼っていないし、これからも、頼るつもりはありません。お財布は別々です。彼には何の迷惑もかけていない。だからこそ、離婚を拒否していいと思うんです。浮気は今回も許してあげるつもりです」

 離婚を望む夫と、別れたくない妻。慶子さんが求めているのは、妻の座か、夫の愛情か。最後に問うと慶子さんはこう答えた。

「私はこれまで、勉強も仕事も子育ても精一杯頑張って、成長してきました。夫婦も、いろいろあるけれど、一人で生きるより二人のほうがきっと成長できると思うんです。いまは独身も増えているけど、私にはラクをしているように思える。だから私は離婚しないんだと思います」

あわせて読みたい

「離婚」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    宮川花子の後悔 医師信じず失敗

    中村ゆきつぐ

  2. 2

    報ステ編集謝罪 印象操作するTV

    かさこ

  3. 3

    アナ雪2騒動 黙秘の電通に苦言

    やまもといちろう

  4. 4

    英語試験批判にキーマンが大反論

    NEWSポストセブン

  5. 5

    桶川事件20年 警察が隠した怠慢

    BLOGOS編集部

  6. 6

    進次郎氏のCOP25演説に「失笑」

    舛添要一

  7. 7

    麻生氏に批判殺到「反社のよう」

    女性自身

  8. 8

    韓国の元徴用工「差別なかった」

    NEWSポストセブン

  9. 9

    大塚家具&ヤマダ電機 提携の行方

    ヒロ

  10. 10

    野村克也氏 大谷は下半身を磨け

    幻冬舎plus

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。