記事

菊池桃子&経産官僚、グラドル倉持由香&プロゲーマーふ〜ど 愛は心の仕事だ


仕事に貴賤はないし、愛のかたちは多様である。家族のかたちもそうだ。一時、様々な論考でトルストイ作品の「幸福な家庭はどれも似たものだが、不幸な家庭はいずれもそれぞれに不幸なものである」という言葉が引用されたが、幸せのかたちも色々だ。

萩生田文科相の「身の丈」発言は大炎上し、世論を動かしたが、昨年の彼の「子供はママが良い」発言も罪深く。家族像は色々あっていい。多様化することを止めることはできないし、悲しきかな、本人たちが望む、望まざるを得ず多様化するものである。

そんなことを考えていたときにビッグニュースが2つ。菊池桃子&経産官僚、グラドル倉持由香&プロゲーマーふ〜どの結婚のニュースが。ともにヤフートピックスに並んでいた。うん、良いニュースだと思う。そして「ふつうの家族」なる家族像にこだわる輩、特に自民党右派に言いたい。結婚や家族の形は多様でいいのではないか、と。

熟年再婚の菊池桃子。政治家の家に生まれた他は何の実績もないセクシー小泉進次郎と、滝川クリステルが結婚したときには泣かなかったが、菊池桃子の再婚には全俺が泣いた。よい夫婦だなと思った。そして、「愛は心の仕事」だと思った次第だ。「雪に書いたラブレター」は届いた。

いまどきの才能で食べている倉持由香とふ〜どの結婚は、夢と感動を与えた。こちらは新しい仕事を心から愛した二人の結婚である。

めでたい。

生き方、働き方は色々あっていいし、結婚の姿も多様だ。人生にマルとかバツとかないんだよ。

心からお祝いするとともに、「普通の家族像」を喧伝する人たち、コンテンツに対する怒りを確認した次第である。

ありがとう。

あわせて読みたい

「菊池桃子」の記事一覧へ

トピックス

議論福島第一原発処理水の海洋放出は許容できるリスクか?

ランキング

  1. 1

    ひろゆき氏が日本の日付管理評価

    西村博之/ひろゆき

  2. 2

    北野武 死の「理由」憶測に持論

    NEWSポストセブン

  3. 3

    田原氏「菅首相は地雷を踏んだ」

    田原総一朗

  4. 4

    橋下氏 任命拒否の教授らに苦言

    橋下徹

  5. 5

    大阪市なくなるのは嫌という心理

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  6. 6

    岡村結婚の裏に涙のエレベーター

    文春オンライン

  7. 7

    白昼堂々万引きも放置? 米の現状

    後藤文俊

  8. 8

    給付金効果はあったが見えぬだけ

    自由人

  9. 9

    野党合同ヒアリングの悪者さがし

    千正康裕

  10. 10

    マイナンバー関心の低さが障壁に

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。