記事

なぜ「民間」試験なのか

大学入試における、英語民間試験についてはその導入が延期されることになりましたが、それで問題が解決したわけではありません。

政府は、24年の導入に向けて検討するとしています。

どうしても解せないのは、なぜ「民間試験」でなければならないのか。

今般、文科省が提唱している大学入試改革の考え方の中で、知識重視の一点刻みを重視するような入試ではなく、思考力、判断力等も重視していこうといったところなどは、理解できるところもあります。

しかしそうしていくのに、なぜ「民間試験」なのか。

2013年の教育再生実現会議での議論、あるいはその翌年の中教審での議論、さらにはその後の文科省での検討等、どのような経緯で「民間」という考え方が出てきたのか、検証していく必要があります。

あわせて読みたい

「大学入試」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    アビガン承認煽る声に医師が苦言

    中村ゆきつぐ

  2. 2

    賭け麻雀苦言の労連トップが朝日

    和田政宗

  3. 3

    羽田で4人感染 ブラジルから到着

    ABEMA TIMES

  4. 4

    森法相の国会答弁ねじ曲げに呆れ

    大串博志

  5. 5

    安倍首相の言葉と行動大きく乖離

    畠山和也

  6. 6

    アベノマスクが唯一果たした役割

    田嶋要

  7. 7

    処分軽い黒川氏 裏に記者クラブ

    田中龍作

  8. 8

    誹謗中傷の規制急ぐ政治家を危惧

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  9. 9

    外国人選手が逮捕 試合なく薬物

    阿曽山大噴火

  10. 10

    パチンコ店団体の執行部総辞職へ

    東京商工リサーチ(TSR)

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。