記事

なぜ「民間」試験なのか

大学入試における、英語民間試験についてはその導入が延期されることになりましたが、それで問題が解決したわけではありません。

政府は、24年の導入に向けて検討するとしています。

どうしても解せないのは、なぜ「民間試験」でなければならないのか。

今般、文科省が提唱している大学入試改革の考え方の中で、知識重視の一点刻みを重視するような入試ではなく、思考力、判断力等も重視していこうといったところなどは、理解できるところもあります。

しかしそうしていくのに、なぜ「民間試験」なのか。

2013年の教育再生実現会議での議論、あるいはその翌年の中教審での議論、さらにはその後の文科省での検討等、どのような経緯で「民間」という考え方が出てきたのか、検証していく必要があります。

あわせて読みたい

「大学入試」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    毎日が40億円超減資で中小企業に

    岸慶太

  2. 2

    森氏発言に見えた「五輪難しい」

    文春オンライン

  3. 3

    プペルも? 泣くための映画に疑問

    かさこ

  4. 4

    嬢告白 おっぱいクラスターの今

    文春オンライン

  5. 5

    感染拡大するスウェーデンの日常

    田近昌也

  6. 6

    菅首相 イエスマンだらけの失策

    毒蝮三太夫

  7. 7

    鼻マスク失格 秩序守った監督官

    木走正水(きばしりまさみず)

  8. 8

    中国で停電続く 対豪報復がアダ

    NEWSポストセブン

  9. 9

    医療整備に腹くくれない首長たち

    中村ゆきつぐ

  10. 10

    鼻出しマスク失格は明らかに不当

    青山まさゆき

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。