記事

なぜ「民間」試験なのか

大学入試における、英語民間試験についてはその導入が延期されることになりましたが、それで問題が解決したわけではありません。

政府は、24年の導入に向けて検討するとしています。

どうしても解せないのは、なぜ「民間試験」でなければならないのか。

今般、文科省が提唱している大学入試改革の考え方の中で、知識重視の一点刻みを重視するような入試ではなく、思考力、判断力等も重視していこうといったところなどは、理解できるところもあります。

しかしそうしていくのに、なぜ「民間試験」なのか。

2013年の教育再生実現会議での議論、あるいはその翌年の中教審での議論、さらにはその後の文科省での検討等、どのような経緯で「民間」という考え方が出てきたのか、検証していく必要があります。

あわせて読みたい

「大学入試」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    BLOGOSサービス終了のお知らせ

    BLOGOS編集部

    03月31日 16:00

  2. 2

    なぜ日本からは韓国の姿が理解しにくいのか 識者が語る日韓関係の行方

    島村優

    03月31日 15:41

  3. 3

    「いまの正義」だけが語られるネット社会とウェブ言論の未来

    御田寺圭

    03月31日 10:09

  4. 4

    カーオーディオの文化史 〜ドライブミュージックを支えた、技術の結晶たち〜

    速水健朗

    03月30日 16:30

  5. 5

    BLOGOS執筆を通じて垣間見たリーマンショック後10年の企業経営

    大関暁夫

    03月31日 08:27

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。