記事

痛いオタク・痛い人の行先は?

1/2

 2019年のヨイコノミライ - あままこのブログ
 
   上掲リンク先の"2019年の『ヨイコノミライ』"というタイトルを見て、歳月を感じずにはいられなかった。『ヨイコノミライ』が完結したのは2006年。それから13年の歳月が流れた。    

[まとめ買い] ヨイコノミライ [完全版](IKKI COMIX)[まとめ買い] ヨイコノミライ [完全版](IKKI COMIX) 


   リンク先の筆者であるamamakoさんは、こんなことを書いている。
 

例えば、今のオタクは、自分のオタ話をするにあたっても、ほんと器用に相手の好みに合わせて話をします。いきなり初手でBLの話をする腐女子や、ロリコン漫画の話を男ヲタなんてものはもうほぼおらず、「カードキャプターってどうだった?」的な無難な話題から、BL的なものやロリコン的なものが受け入れられるか慎重に見極めて来ますし、またそこで相手を傷つけずに「いや、そういう話題は地雷です」みたいなサインを出すのも本当にうまいです。
また、今のオタクは、その場の空気がそういう空気でない限り、めったに作品の批評的な事は言いません。今の若いオタクたちは「語彙がない」なんて自嘲しますが、批評的なことを敢えて言わないだけで、「当たり障りのないボキャブラリー」の豊富さは、昔のオタクなんかより断然豊富です。
(中略)
つまり、今の若いオタクたちにとっては、『ヨイコノミライ』に見られるような幼稚なオタクは、どこか遠い国の、おとぎ話のキャラクター程度のもので、何もリアリティなんかないのではと、思ってしまうのですね。かくしてオタクたちはみんな改心し、自称批評家は僕が死ねばこの世から消滅する。良かったな吉田アミ!これが望みだったんだろー!

 私が2010年以降に出会った年下のアニメ愛好家やゲーム愛好家、いわゆる"オタク界隈"に首を突っ込んでいる若い人々を眺めても、昔のオタクに比べてコミュニケーションが上手いと感じることが多い。コミュニケーションのできるオタクの増加は、オタク差別の軽減と並行して進んだ。キモいオタク、つまりコミュニケーション困難なオタクに対する差別は厳然として残ったが。
 
 今、問題になっているのはオタクかオタクじゃないかではない。コミュニケーション可能な相手なのか、それともコミュニケーション困難な相手なのか──そういったコミュニケーションの意志と能力のほうではないかと思う。もちろんこれは、オタクという趣味ジャンルだけに限った話ではあるまい。
 
 『ヨイコノミライ』が連載されていた頃は、オタクが痛くてもおかしくないという認識があった。そんな有様だからオタクが外部から侮蔑されていたという側面もあったかもしれないが、ともかく、オタク同士の付き合いのなかでは"痛いオタク"がいてもおかしくないという認識があった。『ヨイコノミライ』にリアリティが宿っていたのも、若干の誇張はあったにせよ、同作品の登場人物が"痛いオタク"のステロタイプに沿っていて、"オタク界隈"の住人ならどこかで見たような出来事が描かれていたからでもある。
 
 『ヨイコノミライ』未満の"痛いオタク"だって沢山いた。たとえばTV版『電車男』に出て来る脇役のオタクたちなどは、いかにもコミュニケーションの不得手そうな振舞いをしていた。00年代の頃、不器用そうなオタクがテレビに映るたび、2ちゃんねるの実況板住人が「おまいら」「おれら」と呼び合っていたのも、「オタクは痛くてもおかしくない」、「オタクは不器用でもおかしくない」という認識が共有されていたからだったはず。
 
 それが、まさに『電車男』がヒットした頃から変わっていった。
 2008年に私が書いた文章を引用してみる。  

オタク界隈という“ガラパゴス”に、“コミュニケーション”が舶来しました - シロクマの屑籠
 当時、“脱オタ”がある程度の段階まで来ていた私は、オタク趣味の内外のそこらじゅうの文化圏に首を突っ込んで回っては、歓迎されたり叩き出されたりしていましたが、そうやって色々な文化圏と見比べて回るにつけても、オタク趣味界隈が最もコミュニケーション貧者が多いように感じられました。後々気づいたんですが、あの頃のオタク趣味界隈って、能力的にはコミュニケーション貧者が多かったかもしれないけれども、コミュニケーションの摩擦のかなり少ない状態でつるんでいられるという、ある種の楽園のような状況が保たれていたと思うんですよね。
 
 ところが、『電車男』以後ぐらいから、どうも様子が違って感じられるようになりました。もう、秋葉原に行っても典型的な“アキバ系ファッション”ばかりとは限らない。秋葉原の本屋に『脱オタクファッションガイド』が平積みされ、メイド喫茶がテレビで紹介されるような時代を経て、いつの間にか秋葉原の服飾のアベレージはすっかり変化してしまいました。“臭いオタク”なんて過去の話で、小綺麗な男女が“とらのあな”の紙袋を持って中央通りを闊歩するのが2008年です。オフ会でも、ただお喋りなだけの五月蠅いオタクや、聞き取りにくい小さな声でしかしゃべれないオタクの割合が急速に減少している気がします。オタクだからコミュニケーション貧者だとか、オタクだからコミュニケーションへの意識が乏しいとかいう傾向は、少しづつ終わりに近づいているんではないでしょうか。

   2019年のオタクのありようは、この延長線上にある。オタクを自称する人のうちに全く痛くない、器用でコミュニケーションの上手い人が増えた。それこそamamakoさんの言うような、当たり障りのない会話もこなしてみせるオタクによく出会うようになったと思う。
 
 オタクの裾野も、オタク界隈に出自を持ったコンテンツの裾野も恐ろしく広がったから、いったいどこからがオタクでどこまでが非ーオタクなのか、2019年には判然としない。なにしろNHKがアニソンの番組を放送し、映画館では新海誠の作品がオリコンチャート一位を獲り続けるような時代なのだから。どこまでがオタクでどこからがオタクでないかなんて、わかったものじゃない。
 
 ちょうど最近、居酒屋で店員の兄ちゃんと姉ちゃんがアニソンの話をしていて、そこから「エロゲの歴史」を勉強しているという話が出てきてびっくりさせられた。ここでいう過去のエロゲとは、『Air』や『沙耶の唄』や『CROSS † CHANNEL』のことである。こういった体験にあちこちで出会うのだから、本当に裾野が広くなったのだなと思わずにいられない。    

あわせて読みたい

「オタク」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    埼玉県でマスク30万枚が野ざらし

    SmartFLASH

  2. 2

    中韓が日本産盗む?対立煽る報道

    松岡久蔵

  3. 3

    安倍首相の暴走許す自民党は末期

    田原総一朗

  4. 4

    ひろゆき氏 五輪の開催は難しい

    西村博之/ひろゆき

  5. 5

    新型コロナで公共工事中止は愚策

    近藤駿介

  6. 6

    権限ない休校要請 保護者は困惑

    BLOGOS しらべる部

  7. 7

    在宅勤務に賛成して休校否定の謎

    やまもといちろう

  8. 8

    政府の無策が招く東京五輪中止

    渡邉裕二

  9. 9

    石破氏 船内対応巡る発言を反省

    石破茂

  10. 10

    マラソン決行 主催の説明に呆れ

    WEDGE Infinity

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。