記事

そろそろレアアース銘柄が動き始めそう

尖閣諸島中国漁船衝突事件が起きたのは2010年9月だった。中国側は報復の一つとして、約3カ月にわたるレアアースの対日禁輸措置をとった。お陰でレアアースという言葉が流行語になり、アメリカではレアアース銘柄のモリコープが人気株となった。


リンク先を見る


上はモリコープの週足チャートだが、矢印で分かるように、株価の方は2010年から2011年の中頃まで順調に伸びていた。しかし、その後は冴えない展開となり、2011年の5月には79ドルだった株価は20ドル台まで下落してしまった。

正に忘れられた存在といった銘柄だが、今日何人かの人たちが、モリコープに関する強気なツイートをしている。下が日足チャートだ。


リンク先を見る

ツイートの要点は三つある。

1、はっきりとしたサポートラインが現れ、モリコープは底を形成している可能性がある。


2、今月に入ってから内部関係者がモリコープ株を買っている。(調べてみると、6月13日にブライアン・ドーラン氏(モリコープのディレクター)は20ドル50セントで12153株の買い。同日、ジョン・アッシュバーン氏(モリコープのオフィサー)が20ドル26セントで5000株買っている。)


3、最新のデータ(5月31日)によると、浮動株の38.1%が空売られたままだから、空売りの買い戻しがキッカケとなってラリーが展開される可能性がある。



ついでに、レアアースの上場投信を見てみよう。(Market Vectors Rare Earth/Str Metals ETF (REMX)の日足チャート)


リンク先を見る


安値圏に形成されたレンジの上辺に挑戦中だ。買い手が望むブレイクアウトが起きるだろうか、それとも、まだしばらく横ばいが続くのだろうか?注目リストに入れて上記2銘柄を追ってみたいと思う。


(情報源: 尖閣諸島中国漁船衝突事件

あわせて読みたい

「レアアース」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    15日で変異 コロナの性質に驚愕

    大隅典子

  2. 2

    春節が日本での感染爆発防いだか

    岩田健太郎

  3. 3

    米医の「コロナ99%予防」に感心

    原田義昭

  4. 4

    外出禁止 日本人の消えたハワイ

    荒川れん子

  5. 5

    エコバッグ禁止令 全米に拡大か

    後藤文俊

  6. 6

    朝日は布マスク記事を撤回せよ

    青山まさゆき

  7. 7

    迅速な現金給付を阻む野党に疑問

    宮崎謙介

  8. 8

    現金給付 収入減の証明は難しい

    大串博志

  9. 9

    志村さん 最後の収録と夜遊び姿

    NEWSポストセブン

  10. 10

    世界の一歩先を行くマスク配布策

    青山まさゆき

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。