記事

どのタイミングで老親とお金の話をするべきか

1/2

将来の介護や相続を考えると、親の経済状況を把握しておくことは必須。けれども親に「お金の話」を切り出しにくいと感じる人も多いのではないでしょうか。精神科医の保坂隆さんが、さりげない日常会話の中からお金の話を引き出す方法を教えてくれます。

※本稿は保坂隆『精神科医が教える 親のトリセツ』(中公新書ラクレ)の一部を再編集しました。

※写真はイメージです(写真=iStock.com/JGalione)

子に相談せず生活保護を申請する母

「ある日、役所から電話がありました。用件は、私の母親が生活保護を申請しているのだが、そちらで面倒を見られないだろうか、というものでした。私は大学卒業後、実家からかなり離れたところで仕事に就いていたため、ほとんど帰省することがありませんでした。でも、母から経済的援助を申し込まれたことがなかったので、『自分でなんとかやっているはず』と思い込んでいたんです。だから、まさに寝耳に水でしたし、恥ずかしくなりました」

日本ではお金を不浄なものとする考え方が強く、親しくなればなるほど、お金の話題を避けるようになりがちです。親子というのは、その最たるものかもしれません。それで、このような事が起きてしまうのです。

そもそも、親というのは経済的に困っていても、「子どもにだけは迷惑をかけたくない」「子どもに頼るほど落ちぶれていない」と考えて、黙っているケースが少なくありません。

しかも、このような困窮は、蓄えや年金を含む収入が足りていない場合だけに起きる問題ではありません。親が親族などの連帯保証人になって多額の借金を背負わされるというトラブルも多いと聞きますし、最近は、振り込め詐欺に代表される特殊詐欺に大切な預貯金を奪われることもあります。そしてその結果、土地家屋まで失い、知らぬ間にアパート住まいになっていたというケースもあるようです。

親の経済状況は知っておいたほうがいい

いずれにしても、親が経済的に困っているのを知ったら、子どもとしては放っておくわけにはいきません。しかし前出のように、突然、第三者から知らされた場合にはいろいろな意味でうまく対応できないでしょう。

日本人の平均寿命は男女ともに80歳を超えているため、そんな「もしも」のときには子ども世代がすでに年金生活に入っていることも考えられます。そうなると、予想外の出費で自分たちの老後の生活設計に影響を受けることもあるでしょうし、その結果、夫婦間に亀裂が生じることもあるでしょう。兄弟姉妹がいるなら「父さん(母さん)がここまで追いつめられる前に、なぜ気がつかなかったんだ」という言い争いに発展するかもしれません。

このようなトラブルを防ぐためにも、親の経済状況はきちんと知っておいた方がいいわけです。親の蓄えや保険・年金で老後の生活がすべてまかなえるとわかれば、それで安心できますし、足りないようであれば、早い時期から少しずつ対応していけば大きな負担にならないはずです。

なかには「自分の生活だけで精一杯。親には申し訳ないが、面倒をみる余裕はない」という人もいるはずです。こんなときは事情を説明して、生活保護の申請を進めてもらうという方法もあります。

お金の話の上手な聞き出し方

「先生がすすめていたので、帰省した際に『ねぇ、保険証や預金通帳、家の権利書なんかはどこにしまってるの?』と父親に聞いたんです。そうしたら、急に機嫌が悪くなって『その歳になっても、お前は親のすねをかじろうとしているのか!』と怒鳴られてしまいました。やっぱり、親とお金の話をするのは難しいですね」

後輩に、こんなことを言われてしまいました。いやはや申し訳ない話です。「親の経済状況は知っておくべき」と話しておきながら、こんなことを言うのは恐縮なのですが、こうした反応が返ってくるのはよく聞く話です。

おそらく誰でも、久しぶりに訪ねてきた子どもにいきなり「通帳や権利書はどこにあるの?」と聞かれたら、「私たちの懐をあてにしているのか!」と感じるでしょうし、「歳をとったから、お金の管理ができないと思われているのかもしれない」という被害妄想を感じるかもしれません。

これは、普段から親子間でお金の話をしていないために起きる拒絶反応です。このような拒絶反応を回避するには、ちょっとした会話テクニックが必要です。

たとえば、身近で起きたことを例にあげるのもいいでしょう。

「同僚のお父さんがひとり暮らしをしていたんだけど、急に倒れて病院に運び込まれたんだ。その時に、保険証や通帳の置き場所がわからず、入院の手続きや支払いにすごく困ったんだって。オヤジはまだまだ心配ないだろうけど、そうなったときにオレが困らないよう、保険証や通帳の置き場所を教えておいてもらえないかな」

といった感じです。

エンディングノートを書いてもらうには

自分の健康と、子どもに迷惑をかけたくないということは、親が最も気にしている点なので、このように自分と同年齢の人が健康を害して子どもが大変な目にあったと言えば、「ウチもそうなったら困る」と感じてくれるはずです。

もうひとつおすすめなのが、エンディングノートを書いてもらうことです。エンディングノートとは、万が一の時に備え、我が家の家系図や自分史、家族への伝言、所有財産の一覧などを書き留めておくノートです。根掘り葉掘りお金について聞くよりも、自発的に書いてもらう方がよほど楽ですし、親にとっても、悔いのない人生の締めくくりに役立つかもしれません。

なかには「縁起でもない!」と怒る親もいるでしょう。その場合は「誰だっていつかは死ぬんだよ。その時に自分が思うような葬儀になった方がいいでしょう。だから、希望を書いておいてほしいんだよ」と言えば、渋々でも受け入れてもらえるのではないでしょうか。

大学ノートや手帳に書いている人もいるようですが、それだと漏れてしまうことがあるので、専用のエンディングノートに書く方がいいようです。ちなみに、大きな書店や文具店へ行けば1000~1500円で販売されています。

親の資産状況をつかむコツ

前項で「お金の話の上手な聞き出し方」を紹介しましたが、読んでいてなんとなく不愉快になった人も多いと思います。その理由はおそらく「実の子なのだから、信用してくれて当たり前じゃないか。泥棒のような扱いをしないでほしい」と感じたからでしょう。

でもそれは、子ども側の勝手な思い込みにすぎません。納得してもらうには「段取り」が必要です。

段取りはまず、日常生活のおしゃべりの中で、経済状況につながるような事柄に触れることから始めてはどうでしょうか。

たとえば、「消費税も物価も上がって物入りだよね」「ずいぶんたくさん薬の袋があるようだけど、薬代もバカにならないでしょう?」「たまには旅行でも行ったらどうなの?」「このエアコン、もう10年くらい使っているんじゃないの。最新モデルは電気代の節約になる、買い換えたら?」のように、お金の話題を世間話として持ち出してみるのです。

人は、関心のある話に敏感に反応するものです。そのため、もし資産状況が悪化している場合は、「旅行か。そりゃ行きたいけど、余裕がないから難しいな」などと返事が返ってくるはずです。ここから、お金の話へ自然とつなげていけばいいでしょう。

あわせて読みたい

「資産運用」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    沢尻容疑者甘やかされた芸能生活

    渡邉裕二

  2. 2

    日本の金継ぎがイギリスで大流行

    幻冬舎plus

  3. 3

    「桜を見る会」はちっぽけな問題

    小林よしのり

  4. 4

    GSOMIA破棄目前 韓国に奇策も

    文春オンライン

  5. 5

    飲食業成功は簡単 堀江氏正論か

    メディアゴン

  6. 6

    沢尻容疑者の裏に反社会的勢力か

    tokyo editor

  7. 7

    桜を見る会に立件できる証拠ない

    早川忠孝

  8. 8

    山本太郎現象で済まぬれいわ躍進

    田中龍作

  9. 9

    中国ばかり人権問題で責める日本

    六辻彰二/MUTSUJI Shoji

  10. 10

    八千草さん 夫を駅で迎える素顔

    毒蝮三太夫

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。