記事

【Amazon Go】、アマゾンが認めた!Goより広いレジなしの食品スーパーがオープン間近?

■ネット通販最大手のアマゾンが、通常のアマゾンゴーより広い売り場を持つアマゾンゴーをオープンすることを認めた。

IT系メディアのギークワイアが報じたことによると、アマゾンゴーの巨大店はシアトル・ダウンタウン東側、キャピトルヒル地区にある店舗。今年7月には当局への許可申請でアマゾン・ゴーと思われる店舗と噂されていた。

アマゾンはギークワイアに対して「アマゾン・ゴーのチームがキャピタルヒルにある店舗内でテストを行っています」と認めたのだ。それ以上の詳細は明らかにしていない。

アマゾン・ゴー・キャピトルヒル店はアパートの一階部分となる場所(600 E. Pike St., Seattle WA 98122)にある。

近くには昨年10月にオープンしたばかりのホールフーズ・マーケット・マディソンブロードウェイ店(1001 Broadway, Seattle, WA 98122)があり、そこから北西へ徒歩7分の距離(約500メートル)となっている。

また約2年前にオープンしたスターバックス・リザーブ・ロースタリー&テイスティングルーム(1124 Pike St, Seattle, WA 98101)から東へ徒歩で4分程度の距離だ。

キャピトル店の面積は10,400平方フィート(約300坪)で、売り場は7,000平方フィート(約200坪)もある。アマゾンゴーは最も広い面積でも2,300平方フィート(64坪)しかなく、多くが50坪以下となっている。

アマゾンゴーの3〜4倍の広さを持つ小売店の設計図面には入り口にアマゾンゴーのようなチェックイン用のゲートが見え、出口にも同様なゲートが設置されている。

店内には従来の小売店にあるようなチェックアウトレーンは描かれていないため、レジなし店舗とみられている。図面からアルコール販売も予定していることがわかっている。

 キャッシャーフリーとも呼ばれるアマゾンゴーはスマートフォンにダウンロードした専用アプリのQRコードで入店する。チェックインするとゲートが開いて入店できるのだ。あとは購入したい商品を手に取り店を出ていくだけの「ジャスト・ウォーク・アウト(Just Walk Out)」となっている。

入店と同時に天井に設置されたカメラやセンサーによって利用者の行動が追跡される。棚にも重量センサーが装備され、商品を手に取る行動もトラッキングするようにもなっている。店から持ち出した商品はアマゾン・アカウントにあるクレジットカードに自動的に課金される。

カメラやセンサーで得たデータから商品の動きを把握し、人工知能(AI)のディープラーニングを駆使して正確に決済する。

アマゾンゴーはシアトルやシカゴ、サンフランシスコ、ニューヨークに16店舗あり、シアトルには4店舗を展開している。すべての店舗がビジネスマンが利用することを目的に街の中心にあるのも特徴だ。

 一方、ウォール・ストリート・ジャーナルなど一部メディアは先月初め、アマゾンが年末までに食品スーパーをオープンすると報じた。ロサンゼルス郊外のウッドランドヒルズやスタジオシティ、アーバインなど10ヶ所以上で食品スーパーの出店でのリース契約を済まし、年内のオープンを目標に一部には着工もしているというのだ。

実際、ウッドランドヒルズの出店予定地(6245 Topanga Canyon Blvd Woodland Hills, CA 91367)ではファサードが完成しており、12月末までのオープンが真実味を帯びてきている。プリペアドフードを調理するためのキッチンも備えると申請されている同店舗はトイザらスの跡地。

35,000平方フィート(約980坪)となる店舗の隣にはシティバンクやオフィスデポ、AT&Tストアが入居しており、道路沿いにあるネイバーフッド型ショッピングセンターとなっている。

 ウォール・ストリート・ジャーナルでは内部情報に詳しい人の話として、アマゾンが2万〜4万平方フィート(560坪〜1,120坪)のテナント出店を狙いシカゴやフィラデルフィア、ニューヨーク、ニュージャージーでもネイバーフッド型ショッピングセンターのロケーション・ハンティングを行っているというのだ。

いまのところアマゾンゴーのようなレジなし店舗になるかはわかっていない。

トップ画像:シアトルのアマゾン・ゴー巨大店は現在、ウィンドウをシールドで覆っており店内を見れないようになっている。早ければ今月中にも通常のアマゾン・ゴーの4倍となる新店がオープンすることになるのだ。なお上階はアパートになっている。

[画像をブログで見る]

アマゾンゴーの3〜4倍の広さを持つ小売店の設計図面には入り口にアマゾンゴーのようなチェックイン用のゲートが見え、出口にも同様なゲートが設置されている。出口近くにはシーティングエリアがあり、アマゾンゴーのように食事ができる場所も見える。

アマゾン・ゴーの巨大店は入り口と出口が別々にある。店名が掲げられ早ければ今月中にもオープンする。

⇒こんにちは!アメリカン流通コンサルタントの後藤文俊です。先日、シアトルでコンサルティングがありました。前日にシアトル入りし、時間があったのでレンタカーをしてアマゾン・ゴーの巨大店を見る機会がありました。といっても店内には入れませんから、外からどんな様子かを探ってきたのです。が、ショーウィンドウはすべて白くシールドされており中は見ることができません。

ただ店内の蛍光灯がついていて中で作業をしているように見えました。今年中にはオープンできそうです。このアマゾン・ゴーが生鮮品等を販売しても量り売りはないでしょうね。ただ問題は売り場が広がれば扱い品目も多くなり買い物点数も増えます。

アマゾン・ゴーの課題はゲートを出た直後に合計金額を確認できないことです。店を出て5分程度の時差でレシートがアプリに届きます。この課題がどの程度、解消しているかが気になるところ。以前、当社のクライアントが一人のアプリで参加者12〜13人分の買い物をしたことがありました。このときはレシートが届くまで数時間を要していました...

 いくらチャージされているのかすぐにわからないのはクレームになりやすいと思いますね。

あわせて読みたい

「Amazon Go」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    進次郎氏のCOP25演説に「失笑」

    舛添要一

  2. 2

    伝説のファウルをW杯審判が解説

    森雅史

  3. 3

    いきステ来客減 子連れ層を狙え

    かさこ

  4. 4

    宮川花子の後悔 医師信じず失敗

    中村ゆきつぐ

  5. 5

    山本太郎氏「酔っ払い」とも対話

    田中龍作

  6. 6

    日韓の「こじれ」朝日新聞に責任

    NEWSポストセブン

  7. 7

    報ステ編集謝罪 印象操作するTV

    かさこ

  8. 8

    土井善晴語る 日本の食の問題点

    村上 隆則

  9. 9

    ケンコバ語るTV業界の忘年会離れ

    AbemaTIMES

  10. 10

    玉木代表が野党再編で蚊帳の外に

    文春オンライン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。