記事

共生社会のモデルとして注目の“幼老複合施設”のメリットは?

園児との触れ合いは高齢者の潜在能力を引き出すという(写真提供/江東園)

 高齢者施設と保育園が併設された「幼老複合施設」。老人と幼児が一緒に過ごす光景は、みんなが笑顔でほほえましく、そして目新しい感じもする。

 だが、よく考えれば、祖父母世代と孫世代の触れ合いを目新しく感じるのもおかしな話だ。子どもは子どもだけで、年老いたら高齢者だけで“ケアされるもの”という固定観念に、改めて気づかされる。

 国内でいち早く幼老複合施設を開設し、共生社会のモデルとして注目されている社会福祉法人江東園(東京都江戸川区)を取材した。

 朝いちばん、江東園1階にある江戸川保育園のカーテンを、2階、3階の老人ホームの高齢者たちが開けて歩く。保育士の出勤前から、園児たちを迎える準備をするのだ。

「自主的にやってくれる人たちに保育園がお願いしており、仕事というわけではありません」と言うのは、江東園地域事業部の井上知和さんだ。

「ただ、かわいい園児たちを見ると世話を焼きたくなるようです。着替えやおむつ替え、抱っこなど、いろいろお手伝いしていただいています。ヨチヨチ歩きの幼児を見て、体の動きづらいお年寄りも思わず手を差し伸べる。普段与えられる一方の受け身から、心も体も能動的になる。自然な自立支援です」(井上さん)

 また毎週月曜日の朝も大活躍。週末を家で過ごした園児たちは月曜の登園時、落ち着きなく泣いたりするのだが、高齢者が保育園の門に立ち、「おはよう!」と声をかけながら迎える。重要な役割を担い、皆、生き生きするという。

「複合施設になる前、敷地内の別棟で保育園と老人ホームを併設していました。そこでお年寄りに遭遇した園児が“おじいちゃん、くさい!”と無遠慮に言ったのです。それが複合施設に移行する大きな契機になりました。

 当時すでに核家族化が進み、子どもは、人の老いを知らず、施設の高齢者も他者の目を気にする機会が激減。子どもだけ、高齢者だけを集めてケアすることが、一見合理的でも不自然だと気づいたのです」

 高齢者と過ごすことで、子どもにはどんなメリットがあるのだろう。江戸川保育園主任保育士の渡辺峻さんに聞いた。

「人が老いて弱くなることを、子どもたちはお年寄りから身をもって教わります。毎朝のラジオ体操の後、5~6才の高年齢児クラスの子が、体の不自由な人も多い特養の各居室を訪問しています。

 ある子どもが“おばあちゃん、どうして寝ているの”と尋ね、“腰が痛いんだよ”と答えると、その子が心配そうに腰をさすってあげて、おばあさんは涙を流して喜んでいました。
 日常の触れ合いの中でこそ、やさしい労りの気持ちが自然にわくのです」

 それでもやはり子ども。“くさい”“よだれが出てる”などと容赦なく言ってしまうことはよくあるという。

「そんな時、ぼくはこう伝えています。“きみたちが赤ちゃんの時はどうだった? よだれや食べこぼしをいっぱいして、おむつも替えてもらったでしょ? きみたちはどんどんできることが増えるけど、その後はまた力が減って弱くなる。それが人間なんだよ”と。すると2才児でも理解します。目の前に車いすや杖をついたお年寄りがいて、自分たちをやさしく見守ってくれているわけですから」

 今の保育園児たちも、やがて大人になってこの超高齢社会を支える立場になる。

「お年寄りに、ご飯を食べさせてもらったりおむつを替えてもらったり、背中をトントンしてもらったことを、ずっと忘れないでいてほしい。大人になって介護に直面した時、ここで知った労りの気持ちを思い出してほしい。それが今後の介護問題解決の糸口にもなると思うのです」

 元気に走り回る保育園児と弱りつつある高齢者。手を取り合って遊べば、転倒のリスクはあるし、インフルエンザなどの感染症も怖い。

「今の時代、保育園も介護施設も“安心安全”は提供すべき大切なサービス。そういう観点では高齢者と園児の触れ合いは難しい面も多い。でもそれでは、人として大事なものは育まれないと思っています。保育も介護も、最終目標は幸せになることのはず。多世代が共に過ごしながら助け合って生きる。そんな共生の形を大切にするよう、世の中全体が意識を変えていくべきだと思っています」(井上さん)

 江東園では、NPO日本世代交流協会と連携し、交流イベントなどの企画、運営ができる人材、世代間交流コーディネーターの養成も行っている。

●教えてくれた人
・井上知和さん(社会福祉法人江東園江戸川保育園地域事業部門事業部長 社会福祉士・介護福祉士・介護支援専門員)

・渡辺峻さん(江東園江戸川保育園 主任 保育士)

・社会福祉法人江東園/1962年に養老施設として開園し、1976年、敷地内に江戸川保育園を併設。1987年に全面改築・合築し、特別養護老人ホーム、デイケアセンター、保育園の幼老複合施設として開設。世代間交流、共生社会のビジョンを掲げ、地域福祉の拠点となる。

※女性セブン2019年11月7・14日号

あわせて読みたい

「高齢化」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    沢尻容疑者甘やかされた芸能生活

    渡邉裕二

  2. 2

    日本の金継ぎがイギリスで大流行

    幻冬舎plus

  3. 3

    「桜を見る会」はちっぽけな問題

    小林よしのり

  4. 4

    GSOMIA破棄目前 韓国に奇策も

    文春オンライン

  5. 5

    飲食業成功は簡単 堀江氏正論か

    メディアゴン

  6. 6

    沢尻容疑者の裏に反社会的勢力か

    tokyo editor

  7. 7

    桜を見る会に立件できる証拠ない

    早川忠孝

  8. 8

    山本太郎現象で済まぬれいわ躍進

    田中龍作

  9. 9

    中国ばかり人権問題で責める日本

    六辻彰二/MUTSUJI Shoji

  10. 10

    八千草さん 夫を駅で迎える素顔

    毒蝮三太夫

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。