記事

嵐が吹き荒れています:検察庁の外にも、中にも。

今朝の朝日新聞やってくれましたね。
ネット版で見られないところが、ツイッターで大拡散されるのを恐れるデスクでもいらっしゃったのでしょうか。
しかしながら、内容が素敵すぎるのです。

まず、
石川知宏衆院議員を取り調べた検事が事実と反する内容を捜査報告書に記載した問題で、この内容を引用して東京地検特捜部副部長名で作成された別の捜査報告書は、実際には当時の佐久間達哉・特捜部長(55)=現・法務総合研宛所国連研修協力部長= が執筆していたことがわかった。

これは、日経新聞の記事の後追いです。これだけだと、なにをいまごろ、という感じなのですが、ここから先が凄い。

再捜査に際し、佐久間元部長は、再び小沢氏を不起訴とする理由をまとめた「不起訴裁定書」を作成したが、上級庁の東京高検などから「小沢氏が関与したとする証拠が強調され過ぎている」と指摘を受けた。元部長は裁定書を書き直した際に省いた部分を、副部長名の捜査報告書に盛り込んだ。

あのー、ベタ記事であっさり書いていますが、これって凄いことじゃないでしょうか。

もともと佐久間氏は不起訴裁定書を作った。
不起訴裁定書というのは、不起訴を決めたことを説明する文書です。

ところが、その不起訴裁定書が、「小沢氏が関与したとする証拠が強調され過ぎている
すなわち、不起訴の説明になっていないような代物だと、さすがの東京高検もクレームをつけて書き直しを命じるほどひどい「問題のある文書」だったというわけです。

で、そのような問題のある文書の問題のある部分(高検から、ボツにされた部分)をきっちり盛り込んで、斎藤副部長名義の報告書を自作自演で作り、なにくわぬ顔で検審に送ったと。

報告書なら、高検や最高検に見られて注意されることもなく、ばっちり検審を騙せると思ったわけですね。

つまり、検察側は、「報告書によって検審が騙されたという証拠はない」という理由で、偽計業務妨害罪を何とか不起訴にしようとしているけれど、少なくとも、佐久間氏が検審を騙す気アリアリだったのは、これでバレちゃったというわけですね。

と、こういうすごいことをさらりと教えてくれている朝日新聞、やるじゃないですか。

締めの「起訴相当議決を受けた再捜査として、問題があるとは言えない」と判断。ただし、田代検事の行為への監督責任はあるとして佐久間元部長に人事上の処分を出す方針だ。
というあたりは、検察へのリップサービスというところでしょうか。なかなか綱渡りをやってくれてます。

これを受けて、さっそく小川前法相も、参院法務委員会で、ばりばりがんばってくださっているようです。
http://togetter.com/li/323394

さあ、みなさん、面白くなってきましたね。
こんな状況で、あの人たちは、それでも不起訴を出そうってことみたいですよ。

あわせて読みたい

「検察」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    河野大臣「ワクチンは十分に足りている」接種状況について説明

    河野太郎

    08月03日 09:13

  2. 2

    在宅勤務で生産性低下した国は日本だけ? 背景に対面コミュニケーション依存の働き方

    非国民通信

    08月02日 15:12

  3. 3

    森林大国ニッポンが木材不足のナゾ ウッドショックは林業に変革をもたらすか

    中川寛子

    08月03日 08:07

  4. 4

    男性視聴者の眼福になっても女子選手が「肌露出多めのユニフォーム」を支持する理由

    PRESIDENT Online

    08月02日 15:27

  5. 5

    この1週間を凌げば、オリンピックが終わります。もうしばらく我慢しましょう

    早川忠孝

    08月02日 14:37

  6. 6

    コロナ軽視派「6月で感染者数減少」予想大ハズレも、重症者数が大事、死亡者数が大事とすり替え

    かさこ

    08月02日 10:29

  7. 7

    何をやっても批判される「老夫婦とロバ状態」の日本

    内藤忍

    08月02日 11:52

  8. 8

    来るべき自動車産業戦国時代を勝ち抜ける日本がなぜEVなのか?

    ヒロ

    08月03日 11:52

  9. 9

    人権尊重、企業は本気か-DHCの不適切文書に批判

    山口利昭

    08月03日 08:42

  10. 10

    世界初の自動運転「レベル3」登場も複雑化する使用条件

    森口将之

    08月03日 10:28

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。