記事

【vol.3】学校との戦い方

1/2

 名古屋大学准教授の内田良先生を迎えてお送りする、「教育」をテーマにした今回の対談。第1回は「ブラックすぎる教育現場の実態」、第2回は「AIによって学校はどう変わるか」今後の授業の在り方や先生の役目の変化など教育の未来予想をしました。

 最終回である第3回では、いじめなどを受けた子どもや親、そして責任を負わされる先生を守るためにどうすればいいのか、また笑下村塾の活動の1つである主権者教育の在り方についてお伺いしました。



●こちらから内田先生との対談動画です
https://www.youtube.com/watch?v=oHpn6tM6HgA&list=PLGIs2lskpIl2dUukAOnlamlw_8PKTDUX-&index=3

いじめ対応などで学校を信用できない時、どうすればいい?


―いじめなど不当な目にあったけど、学校が信用できない保護者の方などがいたら、どうすればいいですか?

この相談も多いです。
学校もマネジメントの蓄積がないんですよね。「まあまあ」となだめたり、「これは教育の中で起きたことですから、やむを得ないでしょう」と。
ケガを負った子どもや保護者にとってはあり得ない話ですが、学校に行っても「まあまあ」と終わらされるし、校長に相談しても動きが鈍い。

法的にどう考えるか、マネジメントとしてどう考えるか、という空気が本当に弱いなと思います。

―実際に相談に来た時に「弁護士に相談しろ」とか言いますか?

ケースは色々。校長にも全く相手にされない人もいれば、誰にも相談できずにいる人もいます。相談した途端に学校からにらまれたりしたら、子どもの進路に関わりますから。

―それがおかしいですよね。


相談の内容にもよりますけど、もし同じような問題を抱えている保護者がいたら、3人ぐらいで一緒に行った方がいいと思います。例えば「なんで部活は土日もやるんですか? ガイドライン違反じゃないですか?」と思うなら、同じような人で行ったらいい。

校長も教育委員会もダメなら、弁護士をつけるか、いじめの対応をしてくれる地域のNPOに聞いてみては?と申し上げたりしますね。

―相談した後に敵対するのが怖くて、泣き寝入りする人が多そうですね。

本当に多い。

―やっぱり敵対してしまう人が多いんですか?

それぞれですね。交渉に行ったときに、校長がちゃんと向き合えば前向きにやってくれます。部活などで子どもがケガをしたときに、「先生がいなかったのなら、それが問題だよね」と言ってくれる。でもそれを言うと(先生の機嫌を損ねて)、レギュラーにも関わってくるかもしれない。

「これは(生徒が悪いのではなく)先生の方に問題があります」と校長が明言してくれれば、色んなことがいいように回っていきます。
だから問題が見える化したときに、誰かがフタをすると、ボタンの掛け違いが起きて悲惨になりますよ。何言ってもお互いに信用できない。だからトラブルが起きたときに、まずは保護者も先生も向き合って考えてほしいですね。

いまだ教育現場は治外法権


―法律の知識とか考えを、もっと現場に入れた方がいいということですか?

学校って本当に治外法権でね。例えば体罰。明らかにやっちゃいけないけど、いつも出てくるのは「指導の一環でした」とか教育の文脈に乗っかっちゃって、問題そのものがうやむやにされていく。子どものケガや、部活をやりすぎることもそう。

法的な管理の仕方と教育による管理の仕方って、けっこう対立するところが多いんです。巨大組体操もそうです。労働安全衛生だと、2m以上のところで働く時には、囲いがあって落ちないようにするのにね。大人の場合は法律があるのに、子どもだと何mいっても、土台がユラユラ動いても「素晴らしい」ってなるんですよね。

―テレビでも、マットをいっぱい敷いてますし。

むしろ、危険にチャレンジするのが子どもの成長につながる、みたいな感覚になっちゃうんですよね。

―それが会社でセクハラとかパワハラが起きる原因と似てると思うんです。いじめ問題とかは特にそうだと考えるんですが、教育の現場で「世の中にはルールがあって、ルールに違反するとこういう罰を受けるんだ」「未成年だから罰は受けないけど本当はこういう罰を受ける」と指導するのと、「謝罪しているから、いいじゃん」というのは全然違うと思うんです。

まず、法的にやっちゃいけないことを確認しなきゃいけない。「それを指導の一環」だとか「子どもだから間違いもあり得る」とうやむやにすると、被害を受けた子が納得できないまま過ごすことになります。罰の重さは別として、いけないことはいけない、と法的に考えることは必要ですね。

―先生は「やっぱり自分が常に責任を問われるのか」と心配だと思うんですよね。

先生自身を守ることにもつながります。子どもだけに利益があるのではなく、先生だって長時間労働で倒れたら公務災害を申請すべきだし、通らなかったら裁判に持っていきましょう、とか。

部活中に子どもがケガをすると、先生が自腹で医療費を払って、終わらせたりする人もいるんですよ。「それが起こったのは、仕事中ですよね」と確認して初めて気づく。だから「法的に」というと、冷たいとか口うるさいような感覚になっちゃうんだけど、子どもと先生自身を守っていくってことですよね。

本当に治外法権なんですよ、学校って。

あわせて読みたい

「学校教育」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    いきステ来客減 子連れ層を狙え

    かさこ

  2. 2

    土井善晴語る 日本の食の問題点

    村上 隆則

  3. 3

    中国の人権問題で沈黙続ける野党

    木走正水(きばしりまさみず)

  4. 4

    首相補佐官が公費で京都不倫出張

    文春オンライン

  5. 5

    日本のク・ハラさん報道に批判

    舛添要一

  6. 6

    すき焼きでPR図った群馬県の過ち

    東龍

  7. 7

    伝説のファウルをW杯審判が解説

    森雅史

  8. 8

    残業代未払い コンビニ労組激怒

    キャリコネニュース

  9. 9

    日銀総裁「来年の経済は明るい」

    ロイター

  10. 10

    韓国で見た1400回目の反日デモ

    NEWSポストセブン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。