記事

英語民間試験延期 入試見直しを徹底的に

先日、延期が妥当と指摘した、2020年度から始まる大学入学共通テストで予定していた英語の民間試験の活用が、実施5ヶ月前の1日に延期が表明されました。萩生田文科相は、延期を表明した会見で「(実施)団体任せにした点も反省しなくてはならいない。」「当然文科省にも責任がある」と述べました。

萩生田文科省の「身の丈発言」によって、以前から指摘されていた、受験生の住む地域や経済状態で格差が避けられない新制度の問題点が浮き彫りになって、方針転換をせざるを得なかった、ということだと思います。1年かけて検討し、2024年度の共通テスト全体の見直しと合わせて、新しい試験制度を始める方針、と報じられています。徹底的に見直しをしてもらいたいと思います。

そもそも、民間団体との協定が、契約や委託ではなく、文科省に試験の実施について命令する権限はなく、団体は利益を考えるので対応は限られた、という指摘があります。9月には、全国高校長協会が導入延期を要望したり、異例の事態になっていましたが、一度決めたら変えられないことが問題だと思われます。

英語を民間試験の活用で「読む・聞く・話す・書く」の4技能を評価することを目指して、高校の教育もそれに沿ったものに変えようということでした。しかし、高校教育を変えるには、入試だけでなく学習指導要領の見直しなどでもできることではないでしょうか。

延期されたことで、今回導入しようとしていた民間試験の活用は難しくなるのかと思います。もっと抜本的には、日本の大学が入試は難しくて、大学時代は社会に出る前のモラトリアム期間として遊んでしまう学生が多く、入学すれば卒業はわりと簡単にできる、というあり方が、おかしいと思います。

欧米の多くの大学のように、入るのはわりと簡単で、しっかり勉強しないと卒業は難しい、という仕組みの方が、大学に行く意味があると思います。これだけ大騒ぎをして、受験生や高校、大学を混乱させたのですから、抜本的な見直しにつなげてもらいたいものです。

あわせて読みたい

「大学教育」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    ナイキ多様性広告 日本で大反発

    BBCニュース

  2. 2

    行政批判した旭川の病院に疑問点

    中村ゆきつぐ

  3. 3

    扇動行為ない周庭氏を封じた中国

    新潮社フォーサイト

  4. 4

    渡部会見に厳しい声 児嶋も重圧

    女性自身

  5. 5

    秋篠宮さま誕生日に職員2名辞職

    文春オンライン

  6. 6

    欧米との差 医療崩壊は政府次第

    青山まさゆき

  7. 7

    ガソリン車新車販売 禁止へ調整

    ロイター

  8. 8

    科学軽視の感染症対応変われるか

    岩田健太郎

  9. 9

    「TVより動画」霜降り明星の感性

    放送作家の徹夜は2日まで

  10. 10

    「鬼滅の刃」米で成功の可能性は

    田近昌也

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。