記事

トランプ大統領、中国との署名場所に穀倉地帯アイオワ州を検討


[ワシントン 1日 ロイター] - トランプ米大統領は1日、中国との通商部分合意について、アイオワ州で署名する可能性を示した。穀倉地帯のアイオワ州は、1年4カ月近くに及ぶ米中貿易戦争で打撃を受けている。

トランプ大統領は1日夕方、「第一段階」の合意に向けた交渉は順調だと発言。協議が終了したら米国内で習近平国家主席と署名したいと語った。「複数の場所を検討している。アイオワかもしれない」とホワイトハウスで記者団に述べた。

トランプ大統領と習主席は11月16─17日に予定されていたアジア太平洋経済協力会議(APEC)首脳会議の場で署名する見通しだったが、デモや暴動が相次ぐチリが会議の中止を決めた。

トランプ大統領は「米国で署名したい」と主張。習主席もかと質問されると、「彼もだ」と語った。

その上で「アイオワ州を考えている。なぜなら農家にとって過去最大の受注になるからだ。アイオワは理にかなっている。大好きだ。可能性がある」と述べた。

2016年の大統領選では、アイオワ州でトランプ氏が51.1%の得票率だったのに対し、民主党候補のヒラリー・クリントン氏は41.7%だった。同州では1980年のロナルド・レーガン氏以来の大差だった。

中国が米国での署名に異議がないかどうかは現時点で不明。習主席は1985年、政府の農業調査団を率いてアイオワを訪問している。習氏は当時知事だったテリー・ブランスタッド氏に初めて面会。ブランスタッド氏は現在、駐中国米大使を務めている。

中国との貿易戦争で、大豆など米国からの穀物輸出は打撃を受けているが、トランプ政権は影響を相殺するため280億ドルの輸出補助金を出している。トランプ氏は農家の間で高い支持を維持している。

農業専門誌のファーム・ジャーナル・パルスが1153人の農家に実施した調査によると、トランプ大統領の支持率は8月23時点で71%。7月の79%から低下した。

あわせて読みたい

「米中関係」の記事一覧へ

トピックス

議論新型コロナウイルスに向き合う

ランキング

  1. 1

    アイリスオーヤマ製TVの凄さとは

    WEDGE Infinity

  2. 2

    ナイキCMを100%褒め称える危うさ

    倉本圭造

  3. 3

    凋落の新聞社 報道の行く末とは

    ヒロ

  4. 4

    堀江氏「桜疑惑は些末な問題」

    ABEMA TIMES

  5. 5

    10代死亡はミス? 厚労省の大誤報

    青山まさゆき

  6. 6

    コロナ報道の正確性に医師が疑問

    名月論

  7. 7

    引退後も悪夢 アスリートの苦悩

    山本ぽてと

  8. 8

    菅首相の会見「無に等しい内容」

    大串博志

  9. 9

    堀江氏「医療崩壊の原因は差別」

    ABEMA TIMES

  10. 10

    細野氏「国会機能が明確に低下」

    細野豪志

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。