記事

それは作られた神話。"3回目のデートでホテルに誘う"のはやめておけ!【神崎メリ⑥】

1/2

女性向けの恋愛指南書として今年発売された『魔法の「メス力」』(神崎メリ)。そこには「“3回目のデートでカラダを許す”は男に都合のいい作られた神話」「"ど本命”と感じられない相手と付き合うと、男は性格に関係なくサイテー男に豹変しがち」「既婚男性の不倫は“結婚生活の栄養剤”になってしまう」などなど、男が読んでもギクッとする鋭い指摘が多数登場する。そこで 著者の神崎メリさんに、男性向けの恋愛術を教えてもらった。今回のテーマは「“デート3回目でカラダを許す“神話」だ。

遊び人のコスト感覚が3回目の神話を広めた?

前回の記事では、「女性をイラッとさせる余計なひと言」がないだけで、その人は親近感を持たれやすくなり、モテやすくなる……という話があった。そこからさらにモテるためには、「下心があっても、それを見せずに紳士的に振る舞えることが大切です」と神崎さん。

「男性のなかには、女性といい雰囲気になると焦ってしまい、早々にボディタッチを始めちゃう人がいますが、そこはグッと我慢。軽々しく迫ってこないことで、女性は『この人ステキかも』と感じてくれます」

なお神崎さんの著書『魔法の「メス力」』には、「デートの3回目で女性は体を許す……というのは神話だ」という話が登場する。実際のところ、「3回目のデートまでに誘いがなければ相手は本気じゃない」といった話は恋愛アドバイスで見かけることも多く、3回目のデートは男女関係を進展させるうえでの分岐点とされている印象がある。

「それがなぜ3回目なのか、理由が分かりませんよね。ただ、遊び人の男性の中には、『3回もデートすれば、これだけお金と時間がかかるから』とコスト面の理由からカラダの関係を求める人もいますし、そこで誘いを断ったら音信不通になるような人もいます。なので私は、『デート3回目でカラダを許す』という話は、遊び人が広めた神話だと思っています。女の子側にも『3回デートしたら許さなきゃ』と思い込んでいる人がいるので、私はその誤解を解いていきたいですし、本の中では『3回目にホテルに誘われたらその男とは縁を切れ』と書いています」

男性の側でも「3回目に体を許す神話」を信じていて、「3回目だから誘わなきゃ」「3回目なのに何もしないと『気がないのかな』と思われそう」と心配している人もいそうだ。

「そういう心配があるなら、『付き合いたい』と告白をするか、『俺は君との関係を真剣に考えているから』といった意思を伝えればいいんです。相手を真剣に思っているなら、カラダの関係を急ぐ必要はまったくありません。相手への気持ちを示しつつ、コンスタントに連絡を続けられれば、お互い不安になることもないでしょう」

あわせて読みたい

「デート」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    キャンプ場にも出没か 「教え魔」が後を絶たないワケ

    御田寺圭

    04月22日 11:10

  2. 2

    大阪への緊急事態宣言は仕方ないが東京への発令には疑問 医師が指摘

    中村ゆきつぐ

    04月23日 08:26

  3. 3

    「平時」の日本、「有事」のイギリス 明暗分けたコロナ対策

    木村正人

    04月23日 12:04

  4. 4

    学習効果の低い政権運営 コロナ禍で気づかされた「後進国・日本」

    田嶋要

    04月23日 12:28

  5. 5

    飲食店の酒類提供終日禁止?はいくらなんでもめちゃくちゃすぎる

    かさこ

    04月23日 09:31

  6. 6

    「+674」で始まる不審な国際電話は要注意 小国・ナウル共和国の必死の訴えに共感相次ぐ

    BLOGOS しらべる部

    04月22日 17:16

  7. 7

    学校をサボる、万引き自慢…ヤンキー的な振る舞いは「規範からの逸脱」なのか

    シロクマ(はてなid;p_shirokuma)

    04月23日 09:26

  8. 8

    「スポーツ嫌いの中学生半減」をめざすスポーツ庁 体育の授業はどう変わっているか

    BLOGOS しらべる部

    04月23日 10:00

  9. 9

    元慰安婦の日本政府に対する訴訟 あくまでも韓国内で処理すべき問題

    佐藤正久

    04月23日 14:55

  10. 10

    維新・国会議員団のデジタル化成功の理由は「距離」?!驚愕の霞が関・実態調査結果

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    04月23日 08:50

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。