記事

仲間由紀恵 首里城焼失に心痛…ドラマ撮影で見た奇跡の夕陽

仲間由紀恵(40)が10月31日、所属事務所を通して焼失した首里城についてコメントを発表。「いたたまれない気持ち」とその心痛をつづった。

各メディアによると同日、仲間は首里城が焼失したことについて「大きなショックを受けました」と切り出し「故郷、沖縄のシンボルでもあり、琉球の歴史を語る上でも欠かせない首里城が焼失し、いたたまれない気持ちでいっぱいです」と心情を明かした。さらに11年に放映された時代劇「テンペスト」(NHK BSなど)の撮影で訪れており「とても思い出深い場所なので、残念でなりません。いつかまた再建し、またあの美しい姿を見られることを信じています」とコメントした。

「テンペスト」は琉球王国末期の王宮を舞台にした時代劇で、仲間が男女2役を演じたことで大きな話題を呼んだ。そして、今でも根強いファンが多い。

「出身地の沖縄で撮影をしたこともあって『テンペスト』の撮影中、仲間さんは谷原章介さん(47)やGACKTさん(46)といった共演者やスタッフと家族のような親密な関係になりました。そんななか撮影許可がなかなか下りない首里城で、美しい夕陽を撮影することもできたのです。『作品がより壮大になった!』と仲間さんは大喜びでした。そんな思い入れのある場所が燃えてしまい、その悲しみはいっそう深いようです」(テレビ局関係者)

仲間にとっても思い入れの強いドラマである「テンペスト」。Twitterでは《首里城が舞台のドラマ「テンペスト」を今こそ再放送していただきたいです。美しい首里城の姿をもう一度見せてください》《ああ『テンペスト』。。。落ち着いてからで良いので、『ブラタモリ@首里』と共に再放送して欲しい》とその再放送を希望する声が相次いでいる。

また今回の火災について「テンペスト」の原作者・池上永一(49)は11月1日、朝日新聞に文章を寄せた。そこには「まるで災害に遭った被災者のような気持ちで受け止めている」「ショックが大きすぎて、自分がふわふわ漂っているような心境である」などと心情がつづられている。

さらにGACKTも同日、自身のFacebookで首里城について「沖縄を愛するボクにとっても思い入れがある場所」と述べ「一日も早い復旧復興のため、ボクも動いてみる。同様に沖縄を愛する方たちの協力も必要だ」とつづっている。

あわせて読みたい

「仲間由紀恵」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    総理がメディアに指示? 質疑話題

    BLOGOS しらべる部

  2. 2

    なぜ高学歴なのに低収入になるか

    内藤忍

  3. 3

    徴用工めぐる韓国高裁のこじつけ

    緒方 林太郎

  4. 4

    民主政権の桜を見る会 今と違い

    井戸まさえ

  5. 5

    31歳東大准教授が日本の若手叱咤

    Thoughts and Notes from NC

  6. 6

    山本一郎氏がKAZMAX氏にエール

    やまもといちろう

  7. 7

    雅子さまがまた涙 視線の先には

    文春オンライン

  8. 8

    森田知事巡る問題に舛添氏が苦言

    AbemaTIMES

  9. 9

    子ども愛せず…高学歴男性の離婚

    幻冬舎plus

  10. 10

    居酒屋無断キャンセル逮捕を評価

    宮崎謙介

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。