記事

道民の心を踏みにじるミヤネ屋を断じて許すな 宮根誠司は自己批判せよ

1/2


昨日は久々に、有楽町「芳蘭」で札幌ラーメンを食べた。22年前、新人時代に教育担当の先輩に連れて行ってもらった店だ。仕事に悩んでいたときの先輩のフォローとラーメンは実に温かった。

人類は麺類であり、何者かと言われると丼もので、要するに多様性があるわけだが、この黄色い麺は故郷のことを思い出させてくれる。今日から母が内地に孫の顔を見るために遊びにくるので、温かい気持ちになっていた。

そんな中、北海道民の心を踏みにじる暴言・妄言が、日本テレビ系読売テレビの「情報ライブ ミヤネ屋」という低俗極まりない番組で繰り返された。



宮根誠司というアナウンサーは札幌について「何もない」「アナウンサー泣かせ」などの暴言、妄言を繰り返したのだ。北海道、札幌のことをまったくわかっていない勉強不足の発言であり、道民、札幌市民の気持ちなど歯牙にもかけない傲慢な言動である。私だけでなく、道民、市民の故郷を侮辱するだけでなく、北海道を札幌を愛する観光客の心をも踏みにじる蛮行である。

さらには、市民が明日の糧食もままならず日々、不安を抱えて生きるなか「マスゴミ」「オワコン」と言われつつも、高給取りであり続けるテレビ局のアナウンサーという仕事について、そのプロ意識をも放棄する、アナウンサーを即刻廃業するべき発言である。北海道の、札幌の魅力をまったくわかっていない珍妙極まりない情勢認識が開陳されている。

闘う市民諸君!ミヤネ屋を、宮根誠司を断じて許すな!満腔の怒りを叩きつけよ!怒りの火柱を断固として燃え上がらせよ!

ミヤネ屋は、宮根誠司は、北海道や、札幌の魅力を全くわかっていない。北海道の、札幌の、空を見て、空気を吸ったことがあるのか。札幌市民が以前は小学校で歌った「札幌の空」という曲を聞いたことがあるのか。The虎舞竜の「ロード」を聴いたことがあるのか。北海道には、札幌には、何もないようで、たしかにある魅力があるのだ。なんでもないようなことが幸せだったと思うのだ。この空気感、開放感も札幌の魅力だ。

観光名所などわかりやすいものに満ちている方が実況しやすいという考えそのものが、資本主義的汚濁そのものである。アナウンサーであれば、その選手のドラマ、そして、何もなさそうで確かにある札幌の空気感の魅力まで伝えるべきではないか。人気番組、冠番組のアナウンサーという座に傲慢に座り、エゴイズムをむき出しにしていないか。

そもそも、札幌市民も心からオリンピック、マラソン開催を喜んでいるわけではない。開催するなら、長い時間や、議論を重ねて準備をしたかったし、世界中の人に、そのままの札幌を、最高の状態で観てもらいたかった。札幌も十分暑いし、交通や宿泊などのインフラに不安がないわけではない。故郷で五輪は夢のような企画のようで、そのやり方、やる時期を考えなくてはならないのだ。

書いていて私の目からは涙が溢れてきた。動機も激しくなってきた。

あわせて読みたい

「ミヤネ屋」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    日本へ謝罪求め続ける韓国に疑問

    諌山裕

  2. 2

    JESSE被告「コカインなめた」

    阿曽山大噴火

  3. 3

    森ゆうこ氏の「圧力」に応じない

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  4. 4

    222万部減 新聞はもう要らないか

    PRESIDENT Online

  5. 5

    佐野史郎 病室では寝たきり状態

    女性自身

  6. 6

    桜を見る会予算を国民向けに使え

    柚木道義

  7. 7

    大嘗祭反対集会? 朝日記事に疑問

    和田政宗

  8. 8

    「山本太郎都知事」はあり得るか

    PRESIDENT Online

  9. 9

    朝日のがん治療本PR見直しを称賛

    中村ゆきつぐ

  10. 10

    自民も警戒 立民の「閣下」とは

    文春オンライン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。