記事

「泣くならトイレに行け」「即位の礼?ふざけるな」米軍上司が基地従業員にパワハラ 背景に複雑な雇用環境


 1日朝からキャンプ座間で行われた、在日米軍基地で働く労働者による労働組合・全駐労による抗議活動。訴えているのは、基地で働く日本人に対するアメリカ人上司のパワハラ行為の是正だ。

 「米人監督者からの暴言ですね。特にここ数カ月の間で、男性でも女性でも米人監督者から暴言なりのパワハラが横行しているという相談が増えていまして。弱いところにいじめだったり八つ当たりだったりという部分があり、そういう弱い立場なのが日本人従業員」(抗議活動の参加者)


 基地では、日本人従業員に対するアメリカ人上司の暴言が横行しているという。全駐労の資料によると、「日本人基地従業員はクリスチャンでもないくせにクリスマスに休むのか?兵隊は休みもなく働いているんだぞ!」「即位の礼?ふざけるな。日本人従業員が休んだらアメリカ人がカバーしなきゃならない」と、アメリカ軍の基地で働いているとはいえ、日本の文化や慣行などを一切配慮しない言葉の数々。ある女性従業員はアメリカ人の上司からの「泣くならトイレに行って泣け」などの暴言によってうつ病となり、1カ月半ほど休職した。

 「米軍基地といって治外法権であります。なかなか中の情報だとか職場環境が外に出るということはありませんし、日本の労基法が適用されないということで無法地帯化している」(同)


 日米地位協定に基づき、基地で働く従業員の雇用主は日本政府。しかし、現場で業務を実際に指示するのはアメリカ軍という複雑な環境になっている。

 ある日本人従業員は妊娠8カ月だったにも関わらず、一方的に遅番のシフトに変更。見直しを求めたものの一切取り合わず、産休後の勤務体系についても「個人の事情を聞き入れる余地はない」と言われている状況だという。基地では、こうした強制的な勤務時間の押しつけや、過重労働の強化が横行しているということだ。


 全駐労神奈川地区本部の飯島執行委員長は「『私たちが決めたんだ』『私たちがルールブックだ』というような、半ば強要の形で労働条件の改悪を迫っている。大きな職場で堂々とやるなら受けて立つ。でも私たちが知らないところでそういう小さい職場で女性を追い詰めていくということについて、組合は断固として許さないと思っている」と語気を強めた。
(AbemaTV/『けやきヒルズ』より)

映像:全駐労による抗議活動の様子

あわせて読みたい

「パワハラ」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    緊急事態宣言できない理由を考察

    長谷川一

  2. 2

    マスク配布への攻撃はお門違い

    青山まさゆき

  3. 3

    BCG接種 コロナ予防の仮説に注目

    大隅典子

  4. 4

    朝日は布マスク記事を撤回せよ

    青山まさゆき

  5. 5

    パチンコ屋は警察が閉店指示せよ

    水島宏明

  6. 6

    俺の子産んで 志村さんが依頼か

    NEWSポストセブン

  7. 7

    よしのり氏 なぜコロナを恐がる?

    小林よしのり

  8. 8

    マスク配布案が通る国家の滑稽さ

    井戸まさえ

  9. 9

    マスクせず批判浴びた議員が本音

    山下雄平

  10. 10

    97人感染受け小池都知事が危機感

    AbemaTIMES

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。