記事

切り替えが早いのは悪いことではない

私も悪いことはどんどん忘れる方なので、小池さんがIOCの決定に同意はしないが、あえて邪魔はしないという趣旨の表明をされたのはよかったと思う。

東京都に決定決定権があるわけではないということを踏まえると、このあたりが落としどころだったのだろう。

なんだか出来レースのような印象を持たれた方もおられるようだが、私は決してそうではないと思っている。

とにかく都議会も区長会も都民の思いを存分に表明することは出来たのだから、どうやっても結論を変えられない時は、何らかの見返りを確保したら適当なところで矛を収めるのも政治家としては大事なことである。

バッハ会長もそのあたりのことは十分心得ていたようで、オリンピック、パラリンピックが終了した後に別途東京でマラソン競技をすることを提案されたようだ。

実現するかどうかは分からないが、こういう柔軟な考え方をしていれば、大体はなんとかなるものである。

札幌もこれでホッとしただろう。

多分、大方の都民もこういう結論であれば納得されるだろう。

うん、いいんじゃない?

あわせて読みたい

「東京オリンピック・パラリンピック」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    BLOGOSサービス終了のお知らせ

    BLOGOS編集部

    03月31日 16:00

  2. 2

    なぜ日本からは韓国の姿が理解しにくいのか 識者が語る日韓関係の行方

    島村優

    03月31日 15:41

  3. 3

    「いまの正義」だけが語られるネット社会とウェブ言論の未来

    御田寺圭

    03月31日 10:09

  4. 4

    カーオーディオの文化史 〜ドライブミュージックを支えた、技術の結晶たち〜

    速水健朗

    03月30日 16:30

  5. 5

    BLOGOS執筆を通じて垣間見たリーマンショック後10年の企業経営

    大関暁夫

    03月31日 08:27

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。