記事

切り替えが早いのは悪いことではない

私も悪いことはどんどん忘れる方なので、小池さんがIOCの決定に同意はしないが、あえて邪魔はしないという趣旨の表明をされたのはよかったと思う。

東京都に決定決定権があるわけではないということを踏まえると、このあたりが落としどころだったのだろう。

なんだか出来レースのような印象を持たれた方もおられるようだが、私は決してそうではないと思っている。

とにかく都議会も区長会も都民の思いを存分に表明することは出来たのだから、どうやっても結論を変えられない時は、何らかの見返りを確保したら適当なところで矛を収めるのも政治家としては大事なことである。

バッハ会長もそのあたりのことは十分心得ていたようで、オリンピック、パラリンピックが終了した後に別途東京でマラソン競技をすることを提案されたようだ。

実現するかどうかは分からないが、こういう柔軟な考え方をしていれば、大体はなんとかなるものである。

札幌もこれでホッとしただろう。

多分、大方の都民もこういう結論であれば納得されるだろう。

うん、いいんじゃない?

あわせて読みたい

「東京オリンピック・パラリンピック」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    布マスク費用への批判は大間違い

    青山まさゆき

  2. 2

    SNSでコロナ避難 危機感募る沖縄

    小林ゆうこ

  3. 3

    日本の補償は本当に「渋チン」か

    城繁幸

  4. 4

    タバコで新型コロナ重篤化の恐れ

    BLOGOS編集部

  5. 5

    高学歴女性がグラビア進出する訳

    NEWSポストセブン

  6. 6

    反権力は正義か マスコミに疑問

    BLOGOS編集部

  7. 7

    現金給付案に自民議員からも批判

    山田賢司

  8. 8

    米 議員にZoomの使用禁止通達か

    ロイター

  9. 9

    辻元氏「ピント外れの補正予算」

    辻元清美

  10. 10

    政治を動かした医学専門家の責任

    篠田 英朗

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。