記事

富士山滑落、首里城火災……相次ぐ“なりすまし動画“炎上問題 違法性は?弁護士に聞く


 YouTubeに悪質な“なりすまし動画”を投稿する人物が次々に現れ、SNSに批判が殺到している。

 10月28日、富士登山の様子を生配信していた男性が滑落する事故が発生。その翌日、生配信していた男性とは別の男性が「無事生きています」とYouTubeに動画を投稿し、その動画は約55万回再生された。

 また、10月31日未明に世界遺産の首里城で火災が発生した際にも、「燃やしたのは僕です」という趣旨の動画をYouTube投稿する男性が現れていた(現在動画は削除済み)。

 上記のようないわゆる“炎上YouTuber”たちは、「動画の再生回数やフォロワー数を増やしたい」、「ウソも含めた炎上動画を投稿することで再生回数が増える」、「炎上動画を投稿すると動画への低評価は増えるが、拡散されることで動画の再生回数が伸びる」などの思惑で、炎上動画を投稿しているという。


 今回の騒動のようなウソの動画を投稿することに法的な問題はないのか、清水陽平弁護士に話を聞いた。清水弁護士は「ウソの動画の投稿だけでは犯罪になりにくい。もしも本当の犯人だと信じた方が警察に通報し、警察が動いた場合は“偽計業務妨害”にあたる可能性がある」と、警察が出動した場合には罪に問われる可能性を示唆した。

また、最適な対処法については「運営側に通報すること」と清水弁護士はコメントしている。
(AbemaTV/『けやきヒルズ』より)

▶【動画】炎上“なりすまし動画”の違法性を弁護士に聞く

あわせて読みたい

「炎上」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    維新が森ゆうこ議員の懲罰を要求

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  2. 2

    中年男性とJK密会描く漫画が物議

    BLOGOS しらべる部

  3. 3

    元セガ社長の暴露に「ムカつく」

    fujipon

  4. 4

    現金にこだわるサイゼ社長に呆れ

    永江一石

  5. 5

    安倍首相だけを批判する朝日の罪

    木走正水(きばしりまさみず)

  6. 6

    韓国国民はGSOMIAを理解せず?

    AbemaTIMES

  7. 7

    現代人にADHD的なミスが多い理由

    BLOGOS しらべる部

  8. 8

    昭和女性描く漫画 閉塞感に愕然

    紙屋高雪

  9. 9

    ヤフーLINE統合 Pay事業続けるか

    AbemaTIMES

  10. 10

    スタバのモバイル注文は「残念」

    内藤忍

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。