記事

炎上中の「いきマリ」中村江莉香が明かす「一発逆転で布団に潜り込んで…」 出演女性が語った「リアリティーショーのリアル」- 「週刊文春デジタル」編集部

1/2

 既婚男性とのキス映像がYouTubeで生配信されてしまったモデルの中村江莉香(31)。中村のブログやSNSには、ファンからの批判や励ましなどのコメントが溢れている。

【写真】YouTubeで生配信されてしまったキス写真

 中村の知名度が上がったのは、今年2月2日から4月27日までに配信されていた“新婚”観察リアリティーショー番組「いきなりマリッジ2」(AbemaTV)への出演がきっかけだ。番組終了後に同番組の他の出演者との交際を発表したときは、ブログへのアクセスが200万を超えたこともあった。「週刊文春デジタル」がキス映像配信について取材した際には、「波に乗っていると勘違いしていたところもあったと思います」と答えている。


 実は取材班は “泥酔キス映像”が生配信される前に、すでに中村にインタビューを行っていた。テーマは「リアリティーショー番組のリアル」。30日間の“新婚生活”の実態や、リアリティーショー番組に出演した理由、炎上してもSNSを続けるのはなぜか――。

 今回あまりに“リアル”な打撃を受けたわけだが、それでも中村が私生活を公開し続ける理由に迫った。

◆ ◆ ◆

――「いきマリ」は結婚願望を持つ初対面の男女が、出会ってすぐに挙式して婚姻届にサインし、30日間“新婚生活”を送るんですよね。

中村 そうです。挙式は沖縄の教会で、そこで“新郎”と初めて顔を合わせたのですが、なんと顔見知りで! 地元の京都でモデル活動を始めて、上京してからも続けているのですが、以前カメラマンである五十嵐恭雄さん(36)に撮ってもらったことがあるんです。こんな偶然ってあるんやなって思いました。

「着替えるときはカメラのスイッチを切ってください」

――その後、世田谷の一軒家で擬似夫婦生活が始まったわけですが、スタッフから撮影のレクチャーや禁止事項の説明などはあったんですか?

中村 何もないんですよ。突然、撮影が始まるんです。各部屋に小型カメラが設置されていて、ルールはなくて全部自由。強いて言うなら、「着替えるときはカメラのスイッチを切ってください」って言われたことくらいです。ただやっぱり家での撮影はしんどくて、カメラを意識して不自然になってしまいました。慣れるのには1週間くらいかかりましたね。

――ストレスがかかりそうですね……。でもそもそも番組出演を決めたのはなぜだったんですか?

中村 正直に言うと、最初は「有名になりたい!」「バズりたい!」っていう思いからです(笑)。知り合いから出演者を募集していると聞いて応募しました。そうしたらスタッフの方から電話があり、「結婚願望が本当にあるのか?」「なんで結婚したいのか?」「元彼氏とどれくらいで別れたのか?」「どういう人が好きか?」と幾つか質問され、インスタグラムやブログなどのSNSについても聞かれました。その1週間後にプロデューサーの方と会い、相性診断ができるシステム『m-gram』をしながら話し合って決まった感じです。決まったからには、「この番組で絶対結婚しよう!」と思っていました。

同じ服を着ない、有機マヨネーズや有機醤油が「嘘っぽい」

――どんな人かも分からないのに、ですか?

中村 今までもすごく素敵な男性とお付き合いしたり、結婚の話が出たりしたこともありました。でも自分の結婚は“無駄”にしたくなかったんです。好きとかそんなことだけで決めたくないなという思いがありました。芸能という仕事がすごく好きですし、『いきマリ』で結婚なんて最高のチャンスやと思いました。ワクワクしませんか? 私の人生らしいなって本気で思っていました。

――“新婚生活”はいかがでしたか? 

中村 30日後にフラれているので、ご存じの通り、あんまりうまくはいきませんでした(苦笑)。

――五十嵐さんは中村さんに対して「嘘っぽいと感じた」と言っていましたよね。

中村 私が30日間同じ服を着ないとか、お料理に有機マヨネーズや有機醤油を使っているとか、自宅からお気に入りの食器をたくさん持ち込んだりとか、そういう所が不自然に感じたみたいです。でも五十嵐さんからは、「お金がかかる女」に見えていたみたいです。

旅費はデート代として番組から出してもらった

――番組ではバリや新潟を訪れていましたが、旅費や食事代は自腹ですか?

中村 2人で行きたいところがあったら、事前に「この日ここに行きたいです」とお願いするんです。旅費はデート代として番組から出してもらっていました。食費もかかった分は番組側からいただいていました。

――出演料も支払われるんですか?

中村 撮影協力費みたいな名目でいただきました。具体的には言えませんが、高くも安くもなく妥当な額だと思いました(笑)。なので30日間の“新婚生活”にはほとんどお金がかかっていません。

あわせて読みたい

「AbemaTV」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    スター・ウォーズの寿命は尽きた

    長谷川一

  2. 2

    日本も基金出資? 日韓議連の暴言

    木走正水(きばしりまさみず)

  3. 3

    BOSE閉店に影響? 高音質な中国製

    自由人

  4. 4

    非効率な手続きが多い日本の銀行

    内藤忍

  5. 5

    日本より韓国 外国労働者の現状

    清水駿貴

  6. 6

    旅券返して フィリピン女性訴え

    清水駿貴

  7. 7

    速すぎるナイキ厚底 どこが違反?

    PRESIDENT Online

  8. 8

    橋下氏 百田氏に「選挙出たら?」

    橋下徹

  9. 9

    コンビニ米不足? 農家抱える矛盾

    BLOGOS編集部

  10. 10

    コンビーフ缶の高額転売が相次ぐ

    AbemaTIMES

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。