記事

中国でチャウチャウの毛染めた「パンダ犬」、動物虐待との批判も


[成都(中国) 30日 ロイター] - 中国の成都にあるペットカフェで、パンダにそっくりな白黒模様に染められたチャウチャウ犬が登場し、かわいいとネットで評判になっている半面、動物虐待だとの批判も巻き起こっている。

「キャンディ・プラネット・ペットカフェ」では、200ドル(約2万2000円)ほど払えば、子犬の被毛を白黒に染め、パンダそっくりにしてくれる。

9月に開店したばかりだが、パンダ柄になったチャウチャウの子犬6匹は、中国のソーシャルメディアで爆発的な人気になっている。

店主のルー・ユンニンさんは「イヌ、ネコ、タヌキ、アルパカ、アヒルのいるカフェならごまんとあるが、クリエーティブではないと思う。何か新しいことがしたかった」と語った。

「パンダ犬」が有名になってから、客足は2倍に伸びた。ただ、訪問者のお目当てはいまのところ、店主が「安全」だと主張する毛染めサービスよりも、子犬たちの写真のようだ。

ルーさんは被毛の表面しか染めていないとしているが、「パンダ犬」を巡る評判は、好意的なものばかりではない。中国ではネット上で議論が巻き起こり、動物虐待だとの非難も出ている。

動物愛護団体「動物の倫理的扱いを求める人々の会(PETA)」のアジア地域の幹部はロイターに対し、イヌは被毛を染めればストレスがかかる上、化学薬品によりアレルギー反応が起きる恐れがあると警告した。

あわせて読みたい

「動物虐待」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    渋谷で「一揆」補償巡りデモ行進

    田中龍作

  2. 2

    電通らが甘い汁を吸う給付金事業

    青山まさゆき

  3. 3

    コロナが炙り出す質低い大人たち

    毒蝮三太夫

  4. 4

    宗男氏 共産党議員に厳しく対処

    鈴木宗男

  5. 5

    「北九州第2波」の表現は大げさ

    木走正水(きばしりまさみず)

  6. 6

    元自民議員 安倍政権長く続かず

    早川忠孝

  7. 7

    報ステ視聴率危機? テレ朝に暗雲

    女性自身

  8. 8

    木下優樹菜が復帰できない事情

    文春オンライン

  9. 9

    検察庁前で開催「黒川杯」に密着

    SmartFLASH

  10. 10

    元慰安婦団体なぜ内部分裂したか

    文春オンライン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。