記事

中国でチャウチャウの毛染めた「パンダ犬」、動物虐待との批判も


[成都(中国) 30日 ロイター] - 中国の成都にあるペットカフェで、パンダにそっくりな白黒模様に染められたチャウチャウ犬が登場し、かわいいとネットで評判になっている半面、動物虐待だとの批判も巻き起こっている。

「キャンディ・プラネット・ペットカフェ」では、200ドル(約2万2000円)ほど払えば、子犬の被毛を白黒に染め、パンダそっくりにしてくれる。

9月に開店したばかりだが、パンダ柄になったチャウチャウの子犬6匹は、中国のソーシャルメディアで爆発的な人気になっている。

店主のルー・ユンニンさんは「イヌ、ネコ、タヌキ、アルパカ、アヒルのいるカフェならごまんとあるが、クリエーティブではないと思う。何か新しいことがしたかった」と語った。

「パンダ犬」が有名になってから、客足は2倍に伸びた。ただ、訪問者のお目当てはいまのところ、店主が「安全」だと主張する毛染めサービスよりも、子犬たちの写真のようだ。

ルーさんは被毛の表面しか染めていないとしているが、「パンダ犬」を巡る評判は、好意的なものばかりではない。中国ではネット上で議論が巻き起こり、動物虐待だとの非難も出ている。

動物愛護団体「動物の倫理的扱いを求める人々の会(PETA)」のアジア地域の幹部はロイターに対し、イヌは被毛を染めればストレスがかかる上、化学薬品によりアレルギー反応が起きる恐れがあると警告した。

あわせて読みたい

「動物虐待」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    老害タグを茂木健一郎氏が批判

    BLOGOS しらべる部

  2. 2

    不安煽るワクチン報道に医師呆れ

    中村ゆきつぐ

  3. 3

    電通本社ビル売却検討 何が衝撃?

    かさこ

  4. 4

    五輪中止で32年開催狙うか 英紙

    ロイター

  5. 5

    政治に怒らぬ若者 そのワケは?

    BLOGOS編集部PR企画

  6. 6

    河野大臣 本人確認の不便さ指摘

    河野太郎

  7. 7

    ワクチン接種した日本人の感想は

    木村正人

  8. 8

    司法試験 受験者数763人減は深刻

    企業法務戦士(id:FJneo1994)

  9. 9

    高額ギャラ原因?芸能界リストラ

    渡邉裕二

  10. 10

    「もう終わりだ」Qアノンの落胆

    Rolling Stone Japan

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。