記事

世界の大使館ツイートが伝えた「雅子さまの笑顔」 “2つの形式”にふさわしい「4回の装い」の意味とは - 佐藤 あさ子

1/2

 天皇陛下の即位を祝う「饗宴(きょうえん)の儀」。最終回となる4回目が、10月31日に開かれ、雅子さまは和服をお召しになっていた。

【写真】雅子さま “縦長ライン”が美しいライトブルーのロングドレス

「即位の礼」にまつわる一連の儀式には、平成と比べて簡素化された面がある。「饗宴の儀」については、平成の時に4日間で計7回、すべて着席形式で行われたところ、今回は4日間で計4回、3回目と4回目は立食形式となった。立食形式の場合は、天皇皇后両陛下は皇族方とともに、会場となる皇居・宮殿「豊明殿」と「春秋の間」を回られて、招待客と歓談されるスタイルだという。長期療養中の雅子さまのご体調や、時代の流れなどを考えての変更だろう。

10月25日、2回目の「饗宴の儀」であいさつされる天皇陛下 ©時事通信社

前半と後半でイメージを変えてドレスを選ばれた理由

 雅子さまは、イメージを変えながらドレスを選ばれていたように思う。1回目は華やかなフリルがあしらわれたローブデコルテ、2回目はシンプルながら地模様が印象的なイエローのロングドレス。3回目は淡いライトブルーのロングドレスだった。

 さらに前半の2回は、着席されている時に顔回りが華やかに映るドレスを、後半の2回は、お立ちになった姿を想定されたような縦長のラインが美しいドレスと和服を、着席・立食それぞれの形式にふさわしいと考えて選ばれたのではないだろうか。

 式典の性質や雅子さまのお役目をどう捉えていらっしゃるか、お召しになったドレスからお気持ちが伝わってくるように感じられた。

とりわけ華やかだった1回目の「饗宴の儀」

「饗宴の儀」では賓客の装いにも注目が集まった。とりわけ華やかだったのは、やはり10月22日に行われた1回目だったのではないだろうか。「即位礼正殿の儀」に参列した外国の元首や王族らが、夜の「饗宴の儀」へ出席するため、勲章付きの燕尾服や色とりどりのロングドレス、民族衣装などを身にまとって、次々と皇居・宮殿へと集まった。

スマートフォンなどで記念撮影する賓客も

「松の間」では、展示された玉座「高御座(たかみくら)」と「御帳台(みちょうだい)」を見学することができ、スマートフォンなどで記念撮影をする賓客もいたという。

 体調不良のため「饗宴の儀」への出席を取りやめた、フィリピンのドゥテルテ大統領の代わりに出席した長女・ミンダナオ島ダバオ市長のサラ・ドゥテルテ氏は、秋篠宮家の長女・眞子さま、次女・佳子さま、寬仁親王妃信子さま、三笠宮家の彬子さま、瑶子さまとともに記念撮影をしたようだ。

あわせて読みたい

「皇后雅子」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    スター・ウォーズの寿命は尽きた

    長谷川一

  2. 2

    日本も基金出資? 日韓議連の暴言

    木走正水(きばしりまさみず)

  3. 3

    非効率な手続きが多い日本の銀行

    内藤忍

  4. 4

    BOSE閉店に影響? 高音質な中国製

    自由人

  5. 5

    日本より韓国 外国労働者の現状

    清水駿貴

  6. 6

    旅券返して フィリピン女性訴え

    清水駿貴

  7. 7

    速すぎるナイキ厚底 どこが違反?

    PRESIDENT Online

  8. 8

    橋下氏 百田氏に「選挙出たら?」

    橋下徹

  9. 9

    コンビニ米不足? 農家抱える矛盾

    BLOGOS編集部

  10. 10

    コンビーフ缶の高額転売が相次ぐ

    AbemaTIMES

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。