記事

年内に野党統一新党結成の動き、ありやなしや

小沢さんが言っていること自体は決して間違いではないと思っているが、小沢さんが表に出ると纏まるものも纏まらなくなる可能性が高いのは森さんと同じだろうと思う。

アドバルーンを上げておかないと忘れられてしまうのではないか、という思いからか、色々な場面で色々仰っているのだが、野党の共同会派・合同会派を新しい野党統一新党に発展させることは事実上無理だと思っている。

なにしろ、共同会派、合同会派を結成したメリットが殆ど上がっていない。

立憲民主党も国民民主党もそれぞれに来るべき衆議院選挙に備えて公認候補予定者の選任を進めているようだが、野党間で協力して最適任の候補者を選ぼうという動きはどこにもなさそうだ。
野党は相変わらず、てんでバラバラですね、というところである。

小沢さんが太鼓を叩いても、誰も踊ってくれそうにない。
まあ、どなたが叩いてもそうなのだろうが、とにかく空気が湿っている。

元気がいいのは山本太郎氏くらいなものだが、山本太郎氏は現職の国会議員ではないから、自ずからその影響力には限りがある。

新党を結成するなら今でしょう、ということ自体は認めるが、音頭を取るのはどう見ても小沢さんではなさそうだ。

あわせて読みたい

「野党再編」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    BLOGOSサービス終了のお知らせ

    BLOGOS編集部

    03月31日 16:00

  2. 2

    なぜ日本からは韓国の姿が理解しにくいのか 識者が語る日韓関係の行方

    島村優

    03月31日 15:41

  3. 3

    「いまの正義」だけが語られるネット社会とウェブ言論の未来

    御田寺圭

    03月31日 10:09

  4. 4

    カーオーディオの文化史 〜ドライブミュージックを支えた、技術の結晶たち〜

    速水健朗

    03月30日 16:30

  5. 5

    BLOGOS執筆を通じて垣間見たリーマンショック後10年の企業経営

    大関暁夫

    03月31日 08:27

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。