記事

千葉市長が「悪意ある台風報道」に激怒するワケ

1/2

■「対策本部を一時解散」というフェイクニュース

「本当に悪意のある記事で、私たちは憤りを感じています」

9月から10月にかけて台風・豪雨被害が相次いだ千葉県内。懸命の復旧対応が続くなかで、千葉市の熊谷俊人市長が報道のあり方に疑問を投げかけている。

熊谷氏が憤るのは、9月25日に時事通信が配信した「千葉市、対策本部を一時解散=台風上陸の当日-大規模停電継続中に」という一本の記事。市は9月9日に台風15号が上陸した際、いったん設置した災害対策本部をその日のうちに一時解散していたと報じ、対応の甘さを指摘する内容だった。

インタビューに応じる千葉市の熊谷俊人市長 - 撮影=プレジデントオンライン編集部

しかし熊谷氏によると、実際には地域防災計画に基づき災害対策本部を災害「警戒」本部に移行しただけで、24時間の動員体制は解除されていなかったという。つまり本部の看板は一時架け替えたが、市による実質的な対応は変わっていなかったというシンプルな話だ。

■東京新聞やNHKなども時事通信を「後追い」

ところが、時事通信の記事は「(市の)対応を問題視する声が上がっている」と紹介したうえで、「国や千葉県の初動対応の遅れも指摘されている」と結び、千葉市の対応にも問題があったのではないかとほのめかした。その一方、記事は災害警戒本部に移行した事実には触れていない。熊谷氏は「本当に悪意のある記事。『解散』という表現自体が不適当です」と話す。

熊谷氏によれば「悪意のある」報道はそれだけでは終わらなかった。時事の一報を受けて、ほかの新聞・テレビの取材が千葉市に殺到。まさに災害対応に当たっているさなかに、市の危機管理部門や熊谷氏は取材対応に追われた。上記の事情を丁寧に説明したところ、多くのメディアは納得したが、東京新聞やNHKなど一部のメディアは時事通信と同じトーンで報じた。

熊谷氏は「批判ありきの報道はおかしい」と憤る。

■24時間動員体制は続いており、「対応に問題」とする根拠は乏しい

「私から一連の説明を受けたうえで、『それでも、市民としては災害警戒本部ではなく災害対策本部だったほうが安心感を持てますよね』という質問を何回も繰り返し、同意をうながすテレビ局もありました。もし私が『そうですね』と答えていたら、その一言を切り取ることで、私が市側の不備を認めたような印象に持っていきたかったのでしょう」

そのときの素材を使ったテレビニュースは、やはり「千葉市の対応に問題があった」という論調で報じられたという。

千葉市の熊谷俊人市長 - 撮影=プレジデントオンライン編集部

事実としては、千葉市は台風15号が上陸した9月9日午前5時から間もなく災害対策本部を立ち上げ、避難所設置などの準備に入っているので、国や千葉県はともかく千葉市に関しては「初動の遅れ」はなかった。さらに、地域防災計画に基づき災害対策本部を一時、災害警戒本部に移行していたが、その間も職員の24時間動員体制は解いておらず、「対応に問題があった」とする根拠は乏しい。

以下、熊谷氏がSNS上に発信した文に基づき、台風15号上陸時の経緯をまとめてみる。

あわせて読みたい

「台風」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    総理がメディアに指示? 質疑話題

    BLOGOS しらべる部

  2. 2

    なぜ高学歴なのに低収入になるか

    内藤忍

  3. 3

    徴用工めぐる韓国高裁のこじつけ

    緒方 林太郎

  4. 4

    民主政権の桜を見る会 今と違い

    井戸まさえ

  5. 5

    31歳東大准教授が日本の若手叱咤

    Thoughts and Notes from NC

  6. 6

    山本一郎氏がKAZMAX氏にエール

    やまもといちろう

  7. 7

    雅子さまがまた涙 視線の先には

    文春オンライン

  8. 8

    森田知事巡る問題に舛添氏が苦言

    AbemaTIMES

  9. 9

    子ども愛せず…高学歴男性の離婚

    幻冬舎plus

  10. 10

    居酒屋無断キャンセル逮捕を評価

    宮崎謙介

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。