記事

ソーシャルとテレビの融合~日本テレビの事例~

長年メディアの中心とされてきているテレビ放送。近年のインターネットの台頭に伴い、テレビにネットを取り込む試みがなされています。セットトップボックス型のAppleTVや、Android OSを搭載したgoogleTVといった、いわゆる「スマートテレビ」と呼ばれるようなハードも発表され、果たして日本の市場に根付くかが今後注目されることでしょう。

リンク先を見る

日本では、既に地上デジタル放送でデータ放送により、映像以外の情報が配信されています。このデータ放送を利用し、Facebookと連動したサービス「JoinTV」が、日本テレビで提供されています。

リンク先を見るJoinTV(http://www.jointv.jp/

これは、Facebookと連動し、テレビの画面上で友達と一緒に日本テレビの番組を楽しむことができるというもの。地デジのデータ放送を利用したサービスのため、地デジのテレビ(LAN接続が必要)とFacebookのアカウントさえ持っていれば無料で登録の上利用でき、新たな機材は特に不要です。

テレビ側でJionTVの加入手続きをすると、パスワードが表示され、このパスを基に、PCやスマートフォンでFacebookアプリを通して連動させると利用が可能になります。

データ放送用のリモコンボタンを使って、番組等に「いいね!」を押すことによってFacebookを介して共有したり、番組の情報を自分用のメモがわりにソーシャルクリッピングして後で詳細情報をPCで観るといった使い方が可能になるようです。また、番組中のプレゼント懸賞に応募し、すぐに当選したか否かが分かるような仕組みや、番組のスポンサー企業のクーポンを発行するサービスも考えているようです。

リンク先を見る
「我々はテレビ屋は、企画屋でもあります。友達とテレビを観ながら競い合うような、ソーシャルゲームといった楽しむしかけを今後提案していきたく思っています。広告主の皆様には、従来のテレビCMだけでなく、ソーシャルを介してクチコミで広がっていく部分に広告媒体としての価値を提案していきたく思います。」とは、先日、幕張メッセで行われたIT系の展示会Interlop2012のブースで説明にあたっていた、日本テレビの安藤氏。「番組によって、ソーシャル連動が有効なものと、そうでないものがあるので、現在はすべての番組で利用できる訳でなく、IT系の番組で実験的に導入しています。」とのコメントも頂きました。

 また、日本テレビでは、ソーシャルテレビ視聴プラットフォームアプリとして「wiz tv」の配信を開始しています。

リンク先を見る

wiz tv(http://wiz-tv.com/

これは、テレビを視聴しながら、手元のスマホやタブレットでネット上での反応等を楽しむ、いわゆる「セカンドスクリーン」と呼ばれる視聴スタイルに対応したもの。SNSでの盛り上がりをリアルタイムでグラフ化・可視化したり、番組に関するtwitterのつぶやきを、テレビ局各局を横断的に観ることができます。

これまでソーシャル側からテレビに向かっていた連動の流れが、テレビがソーシャルを取り込む流れに進んでいくのでしょうか。これからの取組みに注目です。

あわせて読みたい

「スマートテレビ」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    感染減 季節性よりGoToが要因か

    木走正水(きばしりまさみず)

  2. 2

    菅首相を吊し上げ 予算委の惨状

    青山まさゆき

  3. 3

    日本は親の資産で人生決まる国に

    ABEMA TIMES

  4. 4

    ワクチン接種に消極的な日本人

    島田範正

  5. 5

    コロナで世帯数激減 23区の危機

    中川寛子

  6. 6

    日銀総裁 財政状況は極めて深刻

    ロイター

  7. 7

    河野大臣のTwitterに感じる恐怖

    文春オンライン

  8. 8

    マホト恋人の今泉が出した答え

    文春オンライン

  9. 9

    バイデン氏の大統領令に反発も

    My Big Apple NY

  10. 10

    タバコ事業に政府が関与する恥

    松沢しげふみ | 参議院議員(神奈川県選挙区)MATSUZAWA Shigefumi

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。