記事

ソニーが営業利益予想を引き上げ、画像センサー伸張 スマホ多眼化で


[東京 30日 ロイター] - ソニー<6758.T>は30日、2020年3月期の連結営業利益予想(米国基準)を前年比6.1%減の8400億円に上方修正したと発表した。従来予想は8100億円だった。イメージセンサー(画像用半導体)などの伸長が、ゲームやテレビの伸び悩みを補う見通し。リフィニティブがまとめたアナリスト予想の平均値8470億円とほぼ同水準となった。

イメージング&センシング・ソリューション(I&SS)分野の売上高予想を1兆0400億円(従来予想は9900億円)に、営業利益予想を2000億円(同1450億円)に、それぞれ引き上げた。会見した十時裕樹・最高財務責任者(CFO)は、スマ―トフォンに複数カメラを搭載する傾向があり、「時間を経るごとに多眼化したスマホのラインアップが増えている」と要因を説明した。その分、イメージセンサーの需要が高まっている。

ソニーは、イメージセンサーの新工場を長崎県に建設することも明らかにした。スマホの多眼化のほか、暗所で明るく撮影したり動画のクオリティーを高めるためイメージセンサーの大判化といったトレンドがあると説明し、「ウエハーに対する需要が高く、対応する」と述べた。

20年度までの中期経営計画で、イメージセンサー分野で7000億円投資する計画を示していたが、数百億円増加する可能性があるとした。21年からの中計で予定していた投資を前倒しする可能性があるという。

19年4─9月期のI&SS分野の売上高は前年同期比22%増の3107億円、営業利益は59%増の764億円で、いずれも四半期として過去最高。

一方、ゲーム&ネットワークサービス(G&NS)の営業利益予想は2400億円(従来予想は2800億円)に引き下げた。十時CFOは、自社制作ゲームソフト「ザ・ラスト・オブ・アス・パート2」の発売時期が来年度にずれ込むことが最大の要因だとした。エレクトロニクス・プロダクツ&ソリューション(EP&S)の営業利益予想も1110億円(同1210億円)に引き下げた。

家庭用ゲーム機「プレイステーション4」(PS4)ハードやテレビ、スマートフォンの販売計画は下方修正した。PS4の販売予想は7月時点の予想の1500万台から1350万台に、テレビを1050万台から1000万台に、スマホを400万台から350万台に、それぞれ引き下げた。

売上高は8兆4000億円へ2000億円下方修正した。I&SS分野と音楽分野の見通しを上方修正したが、G&NS分野、EP&S分野、映画分野の売上高の見通しを下方修正した。

下半期の前提為替レートは1ドル108円前後、1ユーロ118円前後。

*内容を追加しました。

あわせて読みたい

「ソニー」の記事一覧へ

トピックス

議論新型コロナウイルスに向き合う

ランキング

  1. 1

    富岳が分析 ウレタンマスクはNG?

    諌山裕

  2. 2

    コロナで医療全体ひっ迫は間違い

    名月論

  3. 3

    凋落の新聞社 報道の行く末とは

    ヒロ

  4. 4

    渡部建の目論みに冷ややかな声

    女性自身

  5. 5

    二階派に160万円 マルチ企業から

    しんぶん赤旗

  6. 6

    安倍氏聴取に感じる特捜部の覚悟

    早川忠孝

  7. 7

    ニトリ偽サイト「ミトリ」に注意

    ABEMA TIMES

  8. 8

    子ども脅かす爆撃機に日本の技術

    田中龍作

  9. 9

    音喜多氏が所属議員の不祥事謝罪

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  10. 10

    医療従事者への誹謗中傷 SNSでも

    川名 ゆうじ

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。