記事

映画『ジョーカー』、この大ヒット作が目指すものは一体何なのか?

1/2
『ジョーカー』で主役を演じたホアキン・フェニックス(Photo by Niko TaverniseI)

映画『ジョーカー』で、ホアキン・フェニックスは私たちに現代の冷血なジョーカーを見せてくれた。しかし、この大ヒット作が目指すものはいったい何だろうか。

【注:文中にネタバレを想起させる箇所が登場します】

「俺の方がおかしいのか、それとも世間はもっと酷いのか?」と、病に苦しむ雇われピエロのアーサー・フレックは担当のケースワーカーに素直な疑問をぶつける。彼の暮らす都会の街は荒れ果て、通りや路地裏にはゴミがあふれていた。ニュースで流れているのは「スーパーラット」の大量発生や凶悪犯罪の話ばかり。ピエロの格好をして閉店セールの宣伝看板を掲げていても、不良少年に殴りつけられる始末。いつの日か、大雨が街のクズどもを洗い流してくれるだろう。しかし今のフレックは、悪夢のような毎日を何とか乗り切っていくしかない。彼にあるのは7種類の錠剤だけ。病気がちな彼は、間の悪い時に笑ってしまうのを止められないという病気も患っていた。

そんな彼にも喜劇的要素はある。アーサーの母親は息子に対し、あなたはこの忌まわしい世界の人々を笑顔にするために生まれてきたのだと言い聞かせる。やがて彼は、スタンドアップコメディアンになることを決意する。彼に必要なのは、少しでも正気を保つことと、少しばかりのジョークだ。ハハハ…

監督のトッド・フィリップス自らが「狂気の作品」と表現する映画『ジョーカー』は、コミックの有名キャラクターを涙するピエロとして映像化した。ニヤリと笑う”スーパーヴィラン”を、神の孤独な愚か者として描きたかったのだ。凶暴な路上強盗を働いていた古い時代のジョーカーや、カオスを引き起こす悪の黒幕として描かれた『ダークナイト』時代のジョーカーは、忘れるべきだ。スクリーンの中の時代風景は古臭いニュー・ハリウッド・グランジ・テーマパークのようだが、アーサー・フレックは、混乱した現代の狂ったアンチヒーローだ。

スクリーンに描かれるゴッサム・シティは、大統領が大都市を見捨てた時代の街中落書きだらけのホラー・シティなのだ。(ちなみに物語の設定は1981年で、映画では有名なバットマン神話にまつわる内輪のジョークが見られる。) そして全ての中心にいるのは、1970年代のスコセッシ作品を真似た悲劇の主人公。彼は、愛想と叫び声とクスクス笑いで名声を称える制御不能な社会の混乱によって追い詰められる。いいかげんにしろ、とそんな状況に耐えかねたピエロがここにいる。

やせ細った男の笑い顔が泣き顔へと変わり、ピエロのメイクをしながら流した涙でマスカラが一筋の線を作る。そんなホアキン・フェニックスを見る価値はあるだろうか。もちろん、ある。この作品はブランド認知度もさることながら、現代最高の俳優のひとりをキャスティングしてバットマンの天敵を演じさせたことに価値がある。その醜さには、彼がこれまで演じてきた数々の役と同様、110%の力が発揮されている。

フェニックス演じるフレックは、社会的に虐げられた正真正銘の不器用な若者で、病の母親(『シックス・フィート・アンダー』のフランセス・コンロイ)と同居している。彼は他人の表情を読み取るのが苦手でコミュニケーションを上手く取れない。ピエロ仲間は彼を気の毒に思いながら、彼の態度に耐えている。その仲間のひとりが護身用にと彼に銃を渡した。深夜、地下鉄に乗っている時、大企業のサラリーマンたちが彼に絡んできた。フレックは自分の中にバーナード・ゲッツ(訳註:ニューヨークの地下鉄内で強盗しようとした少年たちを銃撃した人物)を感じた。ゴッサム・シティに国民的英雄が登場したのだ。そしてフレックは、天職を見つけた。

またフレックは、階下に住む女性ソフィー(ザジー・ビーツ)に好意を抱き、深夜トーク番組の司会者であるマレー・フランクリン(ロバート・デ・ニーロ)を父親のように慕っている。フランクリンは、実在の司会者であるジョニー・カーソンの毅然とした態度とデイヴィッド・レターマンの皮肉屋性質を併せ持ったような役どころだ。デ・ニーロ演じるマレー・フランクリンは、映画『キング・オブ・コメディ』のジェリー・ラングフォードに似通っている。

同時に、野心を抱いたフレックと同映画のルパート・パプキンのイメージが重なるのは、決して偶然ではない。『ジョーカー』は、ギラギラした紫色のスーツもそうだが他から受けた影響をはっきりと出していない。本作品は「正典」ではないものの、主人公のキャラクターはファンの知っている、というより愛するディープなDCユニバースをベースにしている。バットマンとのつながりも見られる。

あわせて読みたい

「ジョーカー」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    セルフレジが「改悪」になるお店

    内藤忍

  2. 2

    PUFFY亜美を選んだTERUの離婚劇

    文春オンライン

  3. 3

    竹中平蔵氏は教え子が引退勧めよ

    田中俊英

  4. 4

    マスク勧めない国 感染増の現在

    文春オンライン

  5. 5

    宗男氏 礼儀ない野党議員を非難

    鈴木宗男

  6. 6

    防衛省の給与引き下げに「反対」

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  7. 7

    今井絵理子議員の手話質問を称賛

    山下雄平

  8. 8

    歴史に残る読売の安倍氏スクープ

    文春オンライン

  9. 9

    吉村知事の苦言に「ブーメラン」

    女性自身

  10. 10

    GoTo決断を押し付け合う菅VS小池

    川北英隆

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。