記事

八千草薫さん死去

映画、テレビ、舞台で活躍した俳優の八千草薫(本名:谷口瞳)さんが、24日、膵臓がんで、88歳で亡くなりました。葬儀は、近親者で行い、お別れの会も故人の意向で開かれない、とのこと。とても上品で、かれんな中にも強い芯があり、多くの人に好かれた女優さんだと思います。

世田谷区にお住まいで、私の選挙区だったので、知人の方に紹介されお宅にお邪魔したことがあります。 ベランダのような場所で、花に囲まれ、ゆったりとお茶を飲みながらお話ししたことを覚えています。お会いしても、映画やテレビで拝見しているままの方という印象でした。八千草薫さんは、1947年に宝塚歌劇団に入団し、娘役として活躍。

1954年には、「宮本武蔵」の映画で、お通を演じて、米アカデミー賞外国語映画賞を受賞。その後も「男はつらいよ 寅次郎夢枕」「雪国」など多くの映画に出演しました。テレビドラマでは、1977年の「岸辺のアルバム」で不倫愛に走る主人公を好演して話題に。舞台では、「二十四の瞳」「黄昏」などで活躍しました。2017年には、倉本聰脚本の昼のドラマ「やすらぎの郷(さと)」で、”姫”と呼ばれる元女優を演じ、私も変わらぬ姿を見ていました。続編で現在も放送中の「やすらぎの刻(とき)~道」には、がんのためヒロインは降板していましたが、石坂浩二さんが演じる脚本家の部屋のソファーに回顧シーン?で出演していました。

自然環境保全審議会委員を務めるなど、自然保護活動にも取り組み、八ヶ岳の住まいが大好きだった八千草薫さん。40年来の八ヶ岳での友人、柳生博さんが、テレビで亡くなったことが信じられないと話していました。柳生さんの息子さんが亡くなった時も真っ先に駆けつけてくれた、息子と一緒に、そこの森にいると思う、と。最後のテレビドラマになった、やすらぎの郷で共演した石坂浩二さんも、涙ながらに、あの声がもう聞けないとは、と話していました。

多くの人たちがその死を惜しんでいます。長く女優を努め、全うされた八千草薫さん、安らかにお休みください。

あわせて読みたい

「八千草薫」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    BLOGOSサービス終了のお知らせ

    BLOGOS編集部

    03月31日 16:00

  2. 2

    なぜ日本からは韓国の姿が理解しにくいのか 識者が語る日韓関係の行方

    島村優

    03月31日 15:41

  3. 3

    「いまの正義」だけが語られるネット社会とウェブ言論の未来

    御田寺圭

    03月31日 10:09

  4. 4

    カーオーディオの文化史 〜ドライブミュージックを支えた、技術の結晶たち〜

    速水健朗

    03月30日 16:30

  5. 5

    BLOGOS執筆を通じて垣間見たリーマンショック後10年の企業経営

    大関暁夫

    03月31日 08:27

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。