記事

英語民間テスト導入は見合わせるべき

大学入試における英語民間テスト導入に関して、萩生田文科大臣は今日自らの「身の丈に合わせて」との発言を撤回し、謝罪しました。

ただ、問題の根本はこの英語民間テストの導入そのものです。萩生田大臣の発言で図らずも明らかになったように、このテストは経済的に余裕のある家庭の生徒が、あるいは都市部の生徒が有利になるのではないかという、大きな問題があります。

この問題を根本的に解決するには、一旦立ち止まって、この導入を見合わせることです。

日本中の受験生の不安な気持ちに対応するためにも、英語民間テストの導入は一旦見送るべきです。

あわせて読みたい

「英語民間試験」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    コロナ後の日本は失業者増えるか

    ヒロ

  2. 2

    米で広がる分断 アジア人も下層

    WEDGE Infinity

  3. 3

    渋谷で「一揆」補償巡りデモ行進

    田中龍作

  4. 4

    コロナでトランプ惨敗説が急浮上

    WEDGE Infinity

  5. 5

    米の中国批判に途上国はだんまり

    六辻彰二/MUTSUJI Shoji

  6. 6

    給付金寄付の強制は「責任転嫁」

    非国民通信

  7. 7

    テラハ演者 陰湿さ増す悪魔構造

    女性自身

  8. 8

    マイナンバー遅れで残る利権構造

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  9. 9

    コロナが炙り出す質低い大人たち

    毒蝮三太夫

  10. 10

    電通らが甘い汁を吸う給付金事業

    青山まさゆき

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。