記事

【読書感想】8050問題の深層: 「限界家族」をどう救うか

1/2

8050問題の深層: 「限界家族」をどう救うか (NHK出版新書)
作者: 川北稔
出版社/メーカー: NHK出版
発売日: 2019/08/30
メディア: 単行本
この商品を含むブログを見る

Kindle版もあります。

メディア:
この商品を含むブログを見る

内容(「BOOK」データベースより)
長期・高年齢ひきこもり―「8050問題」に大きな注目が集まるいま、長く社会的孤立を研究してきた専門家が、全国規模の調査や支援現場のフィールドワークをもとに問題の本質を明らかにする。同時に、「親子共倒れ」から脱する具体的方策を提言する。すべての現代人が読むべき一冊。

 この本の「はじめに」で、2019年に起こった、2つの事件について書かれています。

 2019年5月28日朝、神奈川県川崎市多摩区登戸駅近くでスクールバスを待つ小学生らに両手に刃物を持った男(50代)が突然襲いかかった。この事件で小学校6年生の女児と、別の児童の見送りに来ていた父親が殺害され、負傷者は18人にのぼった。

 その4日後の6月1日、東京都練馬区に住む父親(70代)が、「運動会の音がうるさい」と暴れはじめた息子(40代)の胸などを包丁で刺し、息子は搬送先の病院で死亡が確認された。父親は、息子による家庭内暴力があったことを明らかにし、ひきこもり傾向にあったこの息子が川崎と同様の事件を起こすことを恐れて殺害に至ったと捜査関係者に話したという。

 著者は、「ひきこもり」状態であることが直接事件につながるわけではないし、川崎の事件のような無差別殺傷事件は、殺人のなかでも極めてまれなケースだ、とも述べています。

 あの事件のあと、ひきこもり支援に携わる団体や行政の相談窓口に、親たちからの相談が急増したそうです。

 内閣府は事件の約2か月前の2019年3月、ひきこもり状態にある40歳以上の人は全国で推計61万人を超えると発表。中高年を対象にした調査はこれが初めてで、ひきこもりの実態が一部明らかになった。

 「ひきこもり」というと、若者のイメージが強いのですが、現在では、中高年層でひきこもり状態にある人の推計数は若年層の数を超えているのです。  

 これ(2019年3月の内閣府調査)より3年前の調査では、15歳から39歳までのいわゆる若年層ひきこもり状態の人を54.1万人と推計。この調査では、40歳以上は対象外とされているため、「中高年の事例も多いはずだ」「調査対象の年齢をひろげるべきだ」といった声が多く寄せられた。そのため内閣府では対象をひろげた調査を実施。2つの調査結果の合計から、ひきこもり状態にある人は、全国で100万人を超えた。

(中略)

 ひきこもり状態になるきっかけも多様である。いじめや不登校、受験や就職活動での失敗、何十年も会社勤めをしていた人がリストラにあう、夫の転勤で知人のいない地域に移ったことなどがきっかけとなるケースなどもある。そのスタート時期も状態が続く期間もさまざまである。

 39歳までの調査では、ひきこもり状態にある49人のうち、きっけけを「不登校」とする人が18.4%、「職場になじめなかった」が18.4%、「就職活動がうまくいかなかった」が16.3%、「人間関係がうまくいかなかった」が16.3%、「病気」が14.3%だった。

(中略)

 40歳以上の調査では、ひきこもり状態の47人のうち、きっかけを「退職したこと」とする人が36.2%、「人間関係がうまくいかなかったこと」が21.3%、「病気」が21.3%、「職場になじめなかったこと」が19.1%、「就職活動がうまくいかなかったこと」は6.4%である。

(中略)

 また、その人たちがどのくらいの期間ひきこもり状態にあったかは、39歳までの調査では、3~5年の人が28.6%おり、最も多かったのが7年以上の人で34.7%であった。40歳以上の調査では、3~5年という人が21.3%で最も多い。30年以上という人も6.4%いる一方、6か月から1年未満の人も6.4%おり、非常に多様である。

 これらのデータをみていると、人は何らかのきっかけで、年齢にかかわらず、「ひきこもり」になってしまう可能性があるし、一度ひきこもってしまっても、ずっとその状態が続くとは限らない、ということがわかります。

 「過去に広義のひきこもり状態であったと思われる人」は、39歳までの調査で5.1%、40歳以上では4.1%いて、「人生の一時期にひきこもり状態にあった人」は、けっこう大勢いるのです。

 この本のなかで、著者は「ひきこもり」の定義についても、かなり詳しく説明しています。

「ひきこもり」のなかで、「広義のひきこもり」には、「ふだんは家にいるが、自分の趣味に関する用事のときだけ外出する」という「準ひきこもり」が含まれ、「ふだんは家にいるが、近所のコンビニなどには出かける」という人や「自室からは出るが、家からはほとんど出ない。または自室からほとんど出ない」というのが「狭義のひきこもり」とされています。

 「ひきこもりかどうかを見極めること自体が、それほど簡単ではない」そうなのです。

 たしかに、「趣味に関する用事のときは外出する人」というのは、傍からは「出不精なのかな」くらいの印象を持たれていることもあるのではなかろうか。

 「ひきこもりという現象だけに注目するのではなく、無職・未婚の子どもと高齢の親が抱える社会的孤立などのかたちで、実態を多角的にとらえていく必要がある」とも述べています。

 「恥ずかしい」とか「他人に迷惑をかけたくない」というような理由で、支援を受けようとしない家族も多く、相談機関に行っても「本人が来ないと始まらない」と言われて途方に暮れ、失望してしまう、という例もあるのです。

 困り果てて相談に行ったのに、相談員から、これまでの子育てを責められたり、精神論を説かれたりすることもあるのだとか。

 ただし、著者によると、「現在40歳以上の人がひきこもりはじめた時期は20年ほど前の1990年代中盤であり、相談窓口でもひきこもりに対する理解が大幅に不足していた」のです。

 支援する側も、経験を積み、対応が変わってきているのも事実なんですよね。

 それでも、一度相談してひどい目にあった人たちは、「また行ってみよう」という気分になるのは難しい。

あわせて読みたい

「ひきこもり」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    日本がマスク支援 中国で大反響

    木走正水(きばしりまさみず)

  2. 2

    AV出演者 作品の二次使用に課題

    AbemaTIMES

  3. 3

    東出の不倫めぐる「稚拙なミス」

    藤沢数希

  4. 4

    武漢で4万人宴会 感染否定に疑問

    団藤保晴

  5. 5

    米の北戦略「ソウル防衛捨てた」

    文春オンライン

  6. 6

    武漢のリアルを映した映像が話題

    AbemaTIMES

  7. 7

    番組担当者が自殺 MXTVの無責任

    渡邉裕二

  8. 8

    感染の運転手 武漢ツアー客搭乗

    ロイター

  9. 9

    「共産市長NO」はヘイトではない

    早川忠孝

  10. 10

    元徴用工は韓国に賠償請求せよ

    NEWSポストセブン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。