記事

(追悼)緒方貞子さんに見る「文系博士人材」の可能性

1/2
この記事は、

・先日亡くなられた緒方貞子さんへの追悼的文章

と、

・緒方貞子さんの強みは「文系博士的多面的な世界観」ではないか?

という指摘と、

・そういう「文系博士的な徹底的に多面的な理解」を現代社会はもっと活かすべ

というような話をします。

その流れで、私が提唱している

歴史問題や社会問題に対する「メタ正義的視点」での解決方法

・・・などについても述べる予定です。

目次は以下のとおりです。

1●「プロが必要だ、キャッチフレーズは役にたたない」と緒方さんは言った

2●緒方さんの博士論文は満州事変の政治分析

3●イデオロギーの対立は、多面的に多面的に現実を描くことでしか乗り越えられない

4●単に戦前の日本に単に「反省しろ」という視座からは、米中対立も北朝鮮問題も解決できない


では、以下本文です。


1●「プロが必要だ、キャッチフレーズは役にたたない」と緒方さんは言った


国際政治学者で、元国連難民高等弁務官の緒方貞子さんが亡くなったそうです。ご冥福をお祈りいたします。

アラフォーの私は妻と一緒に「一時代が終わった感あるなあ」とか話していたんですが、今の若い人にはあまり人物像がわからないかもしれません。

色々の記事を見たところ、この↓BBCの記事がコンパクトに業績と人柄が書かれていたように思います。

「身長5フィートの巨人」、緒方貞子さんが死去 92歳 

記事から引用すると・・・
緒方さんは、深刻な難民危機が相次いだ1991~2000年に難民高等弁務官を務めた。1991年の湾岸戦争後にイラクから逃げるクルド人難民、バルカン紛争の戦争被災者など、「何も持たず、身を守る手立てもない」人々を守るために情熱を捧げた。
緒方さんの並外れた交渉力や、紛争の敵対勢力と向き合う能力は、国連職員や各国首脳から尊敬され、「身長5フィート(約150センチ)の巨人」と称賛された。
緒方さんの凄いなあ・・・と思わされるところは、それぞれの小集団ごとの「イデオロギー」がぶつかりあい、ときに銃弾が飛び交っているようなところに防弾チョッキにヘルメット姿でホイホイ乗り込んでいって、とにかく現場の声を聞いて話す話す話す話す・・・みたいなスタイルの活動で。

生前の緒方さんと親しく働いておられた方のツイートがバズっていた↓ので紹介すると・・・(このツイート以降のツリーは凄く読ませます) 「プロが必要だ、キャッチフレーズは役にたたない」と口癖のようにおっしゃっていたそうです。

私は、個人的に生前の緒方さんを知っているような人間ではありません(し博士でもないです)が、緒方さんの「博士論文」を一時期熱中して読んでいたことがあるんですね。

で、その論文と緒方さんの難民問題での業績を重ね合わせて考えると、緒方さんが何度もおっしゃっていたという「キャッチフレーズではないプロ」としての「文系博士人材」の力・・・みたいなのを、非常に感じるところがあるんですね。

緒方さんの活動スタイルが他と違うなあ、と思うところは、現場レベルの色んな人の声をナマに聞いていくと同時に、どの立場にも過剰に思い入れてしまわずにフェアな全体像を描こうとされていた感じがあること・・・であって、そういうスタイルが今の時代本当に必要だと感じるわけですが、ひょっとするとそこに「文系博士人材」みたいなのの活躍の可能性があるのではないかと思います。


2●緒方さんの博士論文は満州事変の政治分析


緒方さんの博士論文は岩波文庫になっていて、これ↓なんですが。

満州事変――政策の形成過程 (岩波現代文庫)

さっき本棚から引っ張り出してきたんですけど、2011年に文庫化された頃に本屋さんで見つけて、当時はかなり熱中して読みました。

これはアメリカのカリフォルニア大学バークレー校での緒方さんの博士論文がベースになっているんですが、当時戦後すぐぐらいの時期で、関東軍の日誌みたいな秘密資料とか、実際に生きている関係者へのインタビューとか、そういう一次資料の積み上げて、いわゆる「満州事変を経て大戦へとなだれ込んで行く時代」の日本がなぜそういう決断をすることになったのか・・・についての多面的分析という感じの本でした。

この本がいいなと思って当時熱中して読んだ理由は、”犯人探し”をしているのではないところです。

政治家、軍人、農村の窮乏、メディア、大衆・・・といった国内の存在だけでなく、当時の欧米列強の進出や鍔迫り合い、中国側のナショナリズムやある種の「テロ」活動など・・・・とにかく多面的に多面的に描かれているので、
「真空空間に突然大日本帝国軍というワルモノが突然出現し、何も悪いことをしていない無垢なる民草たちはそれに巻き込まれてヒドい目に会いました」
・・・風の単純化した紙芝居みたいなストーリーになっていない。

戦前の日本というのを描こうとすると、とにかく「突然出現する巨悪」と「無垢なる民」みたいな嘘くさいストーリーで無理やり押し切るようなものが多いわけですけど、
「ちゃんと研究してる人の書くものってスゴイんだなあ
・・・と私は思いました。

緒方さんがのちのち、アフガニスタンやコソボなどの紛争地に防弾チョッキとヘルメットででかけていって、あらゆる立場の人と直接対話をしながら話をまとめていった成果の背後には、こういう「とにかく物事を多面的に多面的に見る文系博士人材的バックグラウンド」があったように思います。


3●イデオロギーの対立は、多面的に多面的に現実を描くことでしか乗り越えられない


いわゆる「歴史問題」にしろ、あるいは国内での「政治的課題」にしろ、とにかく過剰にイデオロギー的になってお互いを罵り合うしかできなくなってしまっている時代には、こういう
「過激派政治活動家」

じゃなくて

「文系博士人材的プロフェッショナル」

みたいな人にもっと前面に出た活動をしてもらって、とにかくもっと「多面的に多面的に」描くようにしてもらう場面が世の中のアチコチに必要なのではないか、と、緒方さんの論部を読んでいたときに私は思いました。

グーグル社は、モチベーションだとかイノベーションだとか組織活性化だとかのために文化人類学者を雇って意見を取り入れたりしているそうです。単純な「ビジネス」の論理だけでなく、古代からの人間社会運営の知恵や未開社会の風習的なものまで多面的に多面的に見れる知性からのインサイトを経営に取り入れるようになっている。

ありとあらゆる分野で「単純で一面的な論理」が溢れかえっている時代に、「延々と多面的に多面的に多面的に」考える訓練をされた人が、もっとちゃんと行動的態度を持って世の中で差配してくれることの価値は実は大きいはずです。

とはいえ今の日本の「文系博士人材」さんは、彼らに冷たい日本社会に絶望するあまり、「自分たちから率先して自分たちの価値をアピールする」ことなくネットのSNSで怨念を撒き散らすだけに終わっていたり、むしろこの「イデオロギー的に単純化した政治活動家」になってしまったりしてしまいがちな感じがしますが・・・・

日本社会のためにあなたがたができることは大きいはずなので、なんとか活路を見出していただきたいと私はいつも思っています。

あわせて読みたい

「緒方貞子」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    野口健 グレタさんを非難し賛否

    女性自身

  2. 2

    西武・松坂の不可解な縁故採用

    幻冬舎plus

  3. 3

    立民議員「安倍首相は口だけ」

    大串博志

  4. 4

    池上彰氏が英EU離脱の争点を解説

    NEWSポストセブン

  5. 5

    廃業で行き場失う日本の高級木材

    田中淳夫

  6. 6

    哲学なき小泉大臣 成果残せるか

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  7. 7

    韓国の元徴用工「差別なかった」

    NEWSポストセブン

  8. 8

    米ポルノサイト訪問数 日本は2位

    鎌田 傳

  9. 9

    宮川大輔 YouTube出身芸人に危惧

    SmartFLASH

  10. 10

    アナ雪2騒動 黙秘の電通に苦言

    やまもといちろう

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。