記事

日本は追い抜かれる――貧しい途上国だったインドをGDP世界5位に押し上げた男の手腕 『インドが変える世界地図 モディの衝撃』プロローグ - 広瀬 公巳

 2027年には中国を抜き、世界最大の人口を有する大国となる「アジアの巨象」インド。2028年までには、経済規模で日本とドイツを追い抜き、世界3位の経済大国になるという予測もある。(メガバンクHSBCの調査)この劇的な成長を牽引するのは、2019年5月の総選挙で圧勝し、2期目のインド首相を務めることになったナレンドラ・モディ。NHK元ニューデリー支局長が読み解く『インドが変える世界地図』。

◆◆◆

チャイ売りから身を起こした叩き上げの政治家、69歳。

 ドウモアリガトウゴザイマス。

 2012年7月。白い顎髭が特徴的なインド北西部の州の政治家が、内幸町の帝国ホテルの一室に姿を現わし、たどたどしい日本語でそう挨拶した。何を考えているのか、握手をする笑顔の奥には、象のようにやさしく、かつ鋭い眼光がある。


インタビューに応じるモディ氏(帝国ホテルで)

 ナレンドラ・モディ。

 男が差し出す真っ赤な名刺には金色のカタカナ文字で、後にインドの首相となる人物の名前が記されていた。インド北西部グジャラート州の貧しい村で生まれ、チャイ(インド式ミルクティー)売りから身を起こした叩き上げの政治家、69歳。2014年に第18代の首相に就任し、今までにない施策で貧しい途上国だったインドを、世界を牽引する主要国に一気に作り変えている男だ。その動きを5000万人近い人々がツイッターのフォロワーとなって注目している。

1億個のトイレを作り、新幹線を走らせる計画も

 モディ首相は州首相のときに、経済特区で外資を受け入れる「グジャラート・モデル」と呼ばれる方法で地方の高成長を実現し、インドの首相となった後も、強いカリスマ性と国民の支持を背景に、1億個のトイレを作ったかと思えば、突然、全土に流通していた高額紙幣を使えなくするというショック療法を行うなど、次々と斬新な政策を打ち出し、インド国内に大きな変化を作りだした。日本政府との間では、原子力協定を結び、インド西部に新幹線を走らせようとしている。

 そのナレンドラ・モディが2019年5月の総選挙で圧勝し、首相に再選された。

 1947年の独立以降、長きにわたって続いたガンディー一族率いる国民会議派による「貧者のための政治」は終わりを告げ、不安定な政治に明け暮れたインドにようやく強い指導者の時代が到来したのだ。モディ続投により、これまで見てきたインドとは異なる、まったく新しいインドが我々の目の前に立ち上がっている。それは何を意味するのか。

インドがアメリカと中国のどちらに就くかで、世界が動く

 世界は今、アメリカと中国の二極時代の只中にある。

 2019年現在、トランプ大統領と習近平国家主席が情報通信と貿易の分野で激しいツバ競り合いをしているのは、近未来の世界の覇者が、これまで通りアメリカであり続けるのか、中国が取って代わるのかという、分水嶺の時を迎えているからだ。この喧嘩は当分続くのだろうが、その先はどうなるのだろうか。

ロシアは国力の衰退と国際社会での存在感の縮小傾向が続き、ヨーロッパはドイツのメルケル首相が主導する時代が終わり、地域としての核を失い迷走の中にある。アメリカと中国2Gの時代の行方を左右するのはインドしかない。インドがアメリカと中国のどちらに就くかで、世界の覇権の趨勢は大きく動くだろう。ヒマラヤ山脈とインド洋に囲まれている地理的要因もあり、これまで長く非同盟外交を掲げてきた国だけに、これからの立ち位置に世界が注目している。

 そしてインド経済はどこまで伸びるのか。国内に閉じていたインドの変化が、世界経済に及ぼす影響は甚大だ。経済規模という点でいえば、「米中印3Gの時代」はもう10年後に迫っている。GDPの額で現在世界5位にあるインドは、2028年までに日本とドイツを追い抜き、世界3位の経済大国になると予測されている。未開拓の若年市場と地方への消費文化の広がりという、中国と似た道を進んでいるため、政治さえ安定すればインドの今後の経済発展はほぼ確実という見方が強い。

そして現在13億のインドの人口は、2027年前後には中国を抜き、世界最大になる見込みだ。中国は一人っ子政策をとったため、日本と同じように社会の高齢化が始まっているが、インドでは若者の数が多く、労働と消費の市場が拡大する人口ボーナスの期間が2040年まで続くと予測される。

化石資源に乏しい国が頭脳立国として生きる術

 経済力や軍事力で強大なパワーとなり、アメリカ、中国に次ぐ、第3の大国への道を突き進むインドは、これまでにない方法で「世界地図」を塗りかえている。

 化石資源に乏しい国が頭脳立国として生きる術。そしてインド訛りの英語をものともせず果敢に外国に移り住み、グローバル時代を生きるインド人のたくましさ。宗教対立、格差社会、貧困対策から、代替エネルギーへの転換や、データ・ネット社会の展開まで、インドは世界が抱える様々な課題に独自の方法で解決策を見出そうとしている。そのゲーム・チェンジャーとしての取り組みに、閉塞感に悩む先進国が先を争って学ぼうとしているのである。

中国とインドという二大経済大国のはざまにおかれる日本

 日本がアジアの二大経済大国のはざまで生きていくことになる日は近い。したがって日本にとってインドとの関係は、今後いっそう重要になるだろう。超高齢社会の日本と、若い労働力と伸び盛りの消費者に溢れるインドは、非常に相性がいいといわれる。JBIC(国際協力銀行)がまとめた調査では、日系の製造業にとって長期的に有望な海外投資先としては、インドが9年連続で首位となっている。インドは、日本経済がグローバルに展開する出口となる、重要な国なのである。そして、インドと日本が中国を挟む形でけん制できるのか、アジア太平洋の安全保障やサイバー分野での協力についても、インドとの連携は日本にとって死活問題だ。

 とはいえ、インドがタッグを組もうとしているのは日本だけなのか。手ごわいインド商人との取引は簡単ではない。日印ビジネスの可能性と課題を冷静に見極めなければならない。

 私はNHKのニューデリー支局長、解説委員として20年以上にわたりインドを取材してきた。その間に、世界経済フォーラムのインド大会でインド企業の代表から直接、経済界の情報を集めることもあれば、テロや地震の現場を取材し生死の境を彷徨(さまよ)ったこともある。インドを理解し伝えることには、専門知識と現地での体験、それにインド好きでありながらも客観的な評価力も求められる。相手は面積が大きく歴史も長い国なので骨が折れる。まだまだ謎に包まれたところも多く、相反する情報やイメージがインドをわからない国にしている。

「巨象」はどこに向かおうとしているのか

 しかし、モディ首相の時代にインドは、以前よりわかりやすく、見えやすい国になった。インドの謎を知る入り口に立つために、昔のようにインド寺院を彷徨したり、バックパッカーになって哲学的な自分探しから始めたりする必要はもうない。普段のニュースからも、インド的な「びっくり」の来し方と向かう先が、日本にいながらにして触れられるようになってきた。いよいよ日本人の誰もがインドを知り、語る時代になってきたのだ。

 インドがまだ「遠い国」だと思っている人は、いないだろうか。

 もはや、カレーやヨガだけがインドのイメージという時代ではない。モディ首相という強力なリーダーに率いられることになったインドは、日本の将来を左右し、世界地図を塗りかえる政治経済の大国、「巨象」なのだ。それが何を考え、どこに向かおうとしているのか。誤って踏み潰されることになりはしないのか。本書では、日本に近づく巨象の、やさしく鋭い眼光の先を追うことにしたい。

(本文中、敬称略とする)

1億個のトイレ設置大作戦! なぜ、インド政府の最優先課題が「トイレ」だったのか? へ続く

(広瀬 公巳)

あわせて読みたい

「インド」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    宮川花子の後悔 医師信じず失敗

    中村ゆきつぐ

  2. 2

    報ステ編集謝罪 印象操作するTV

    かさこ

  3. 3

    アナ雪2騒動 黙秘の電通に苦言

    やまもといちろう

  4. 4

    英語試験批判にキーマンが大反論

    NEWSポストセブン

  5. 5

    桶川事件20年 警察が隠した怠慢

    BLOGOS編集部

  6. 6

    進次郎氏のCOP25演説に「失笑」

    舛添要一

  7. 7

    麻生氏に批判殺到「反社のよう」

    女性自身

  8. 8

    韓国の元徴用工「差別なかった」

    NEWSポストセブン

  9. 9

    大塚家具&ヤマダ電機 提携の行方

    ヒロ

  10. 10

    野村克也氏 大谷は下半身を磨け

    幻冬舎plus

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。