記事

「参考になる」「涙腺が崩壊した」災害や育児体験に反響続々…Twitter漫画の“共感力”


 Twitterに投稿された災害体験漫画が「マジで参考になる」「イラストだからかなり分かりやすい」などの反響を呼んでいる。それは一体、なぜか。

 イラストレーターのつかはらゆきさん(@yucky1313)が先日、日本列島に甚大な被害をもたらした台風19号での避難体験をまとめたTwitter漫画は、投稿から間もなく4.1万件のリツィート、8.8万件のいいねを記録。災害時のリアルな体験を漫画にすることで、共感の輪が広がったとみられる。日々Twitterに投稿される漫画の作者には主婦や学生なども多く、プロアマを問わない。そんなTwitter漫画に出版社も注目しているという。

「SNSは企画の宝庫」と話すのは、扶桑社の秋葉俊二さん。秋葉さんによると、ある出版社では“四六時中”、Twitterをチェックしているらしい。そんな扶桑社からも、Twitterに投稿された育児漫画のエッセイ本が今年8月に発売された。二児の母であるむぴー(@mupyyyyy)さんが去年6月に投稿した漫画がきっかけになったエッセイ本のタイトルは「子供ができて知ったこと」である。


 夜眠れることの贅沢さ、思っているより自分に忍耐力がないなど、育児の中で得られる何気ない気づきを散りばめたエッセイ本に、発売以来、子育て世代の母から「わかりすぎて泣ける」「涙腺崩壊した」などの声が寄せられているという。秋葉さん曰く、Twitterから生まれた漫画は、Twitterを介して「拡散する勢いもある」ということだ。

その他、「新社会人は仕事ができない」のセリフで始まるTwitter漫画、新社会人の気持ちを代弁した「やめてほしい怒り方(ゆきほり@yuki0hori)」には、怒る側、怒られる側の双方から賛否が集まっている。

 素人でもプロ並みに人気が出るTwitter漫画について、プロ漫画家の江川達也氏は「いい傾向だ」と肯定的な見方を示す一方、「プロの漫画家としてはイヤだろう」と同業者の気持ちを推測。そのうえで「漫画というのは絵が上手すぎたり、複雑に凝ったものを描くとヒットしない。自分もわざと少し下手に描くなどして、情報量を減らして見やすくしていた」など、漫画界で生き残るための裏話も明かした。(AbemaTV『Abema的ニュースショー』)

▶映像/反響のあったTwitter漫画の数々

あわせて読みたい

「Twitter」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    各国比較 100万人当たり死者推移

    LM-7

  2. 2

    テレ朝番組のコロナ報道にあ然

    小林よしのり

  3. 3

    志村さん巡り千鳥大悟に心配の声

    AbemaTIMES

  4. 4

    党が機能しなくなった政権の惨状

    門田隆将

  5. 5

    戦隊レッド俳優の感染公表は英断

    常見陽平

  6. 6

    「大企業の倒産」が招く負の連鎖

    大関暁夫

  7. 7

    マスク推奨すべきか 欧米で論争

    飯田香織

  8. 8

    志村さん死去 TV局は徹底検査を

    渡邉裕二

  9. 9

    非常時も平社員に判断任せる日本

    非国民通信

  10. 10

    渡邉美樹氏 持ち帰り注文を嘆願

    わたなべ美樹

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。