記事

令和のお金持ちと昭和のお金持ちはココが違う

家族経営企業には「1代で栄え・2代でそこそこ・3代で潰す」という言葉がある。親が金持ちなら、子どもも金持ちになれるのか。お金持ちの家に生まれる子には、一体どのような運命が待ち構えているのか。専門家が解説する。

■残念な2世・3世はなぜ生まれるのか

経営者や金持ちになる資質は、遺伝する場合もあるし、そうでない場合もある。

このテーマについて語るとき、とても良い例となる一家の話があります。薩摩治郎八という男をご存じでしょうか。近代、木綿商店で巨万の富を築いた薩摩治兵衛の孫として生まれ、2代目までなんとか継続できていた商売を、自分の代で駄目にしてしまった男です。

甘やかされた放蕩息子 薩摩治郎八氏(AFLO=写真)

甘やかされて育った治郎八は、心の赴くままヨーロッパで豪遊し、10年間で約600億円(現在の貨幣価値に換算)を散財したといわれています。

当時すでに経営が傾き始めていたにもかかわらず、親や祖父は子ども可愛さに、豪遊させた。潰れてしまうのは明らかです。父と祖父は苦労人ですから、もしかすると治郎八には苦労させたくない、という想いがあったのかもしれません。そのあたりの事情は調べても出てこなかったので推測でしか言えませんが、継がせようと本気で思っていたら、おそらく厳しく育てたと思います。

自分の子どもが後継者に向いているか否か、客観的に見極めた経営者も多くいます。代表的な人が本田宗一郎氏でしょう。HONDAを一代でつくり上げたものの、「会社は個人の持ち物ではない」と、子どもに継がせない決断をした経営者です。ファーストリテイリングの柳井正氏も、役員にはするが社長にはしない、と言っています。大事なのは、親が子どもの適性を見極めることです。

球界のスーパースター・長嶋茂雄氏を父に持つ一茂氏は高校時代に、数十万円のお小遣いをもらっていたという。現在は、持ち前のキャラクターでテレビ番組に引っ張りだこ。(Getty Images=写真左、AFLO=写真右)

私が好きな野球界で例えると、長嶋茂雄氏の息子、一茂氏はうまく芸能界へ転身されたなと思います。ご自身がテレビ番組等で話していらっしゃいますが、おおよそ治郎八のような暮らしをしていたそうです。彼は、親ほどの功績を残すことなく球界を引退しましたが、現在はその育った環境を武器に、芸能界で活躍していらっしゃいます。

ほかに、落合博満氏の息子、福嗣氏も若いころは野球をやっていたようですが、現在は声優で活躍されているみたいですしね。

■令和時代の億万長者、学歴は関係ない

数十億~数百億単位の財を持つ人に共通していることは、親も自分も、決していい大学の出身ではない、ということです。例えばZOZOを創業した前澤友作氏は、高卒です。令和の時代、お金持ちになるのに、大学は関係ないのです。



名門校を卒業し、一流企業に入って社長になったとしても、そこそこの金持ちにすぎません。せいぜい年収1億~2億円です。そんなレベルじゃない本当の金持ちは、自分で事業を起こし、成功しなければなれないのです。

ただし、大富豪とまではいかなくても、“ある程度”の金持ちで十分というのであれば、一流大学を出るほうが当然有利になります。ビジネスで成功した人を多く輩出しているのは、慶應義塾大学と早稲田大学です。一流企業で定年まで働けば、日本人の平均以上の収入を得ることができます。親も、子どもの経験値を増やすためなら、習い事に月10万円程度なら喜んで出します。多くの経験をした子どもは、それだけ才能を見つけ出す機会に恵まれます。

巨万の富を築く人は、大きく2つのタイプに分かれます。まずは、ソフトバンクの孫正義氏のように、幼少期に差別や貧乏などで苦労したタイプ。彼は韓国系の人で、差別を受けて育ったそうで、これがバネになった可能性はあります。

もう1つのケースとしては、商才があり、学歴に関係なく、自身の才能で起業するタイプ。前述の前澤氏が挙げられます。また学歴だけでは思うようなビッグビジネスができないと悟って起業した人もいます。例えば堀江貴文氏はこちらのタイプです。

東京大学や京都大学は、学問レベルは日本のトップですが、財を成したり、コネクションを築くのが得意かというと、それはまた別の話になります。

これらのことから、金持ちはDNA的な遺伝というより、育ち方、育て方によるところが大きいと言えます。子に金持ちになる才能があったとしても、甘やかしたり、子どもの適性を見誤ったりすれば、その才能はうまく開花しないでしょう。

----------
橘木 俊詔(たちばなき・としあき)
経済学者
京都女子大学客員教授。格差社会研究の第一人者。統計データをもとに現代人の生活を紐解く。著書に『「地元チーム」がある幸福』『定年後の経済学』『ポピュリズムと経済』、共著に『新・日本のお金持ち研究』ほか。
----------

(経済学者 橘木 俊詔 構成=力武亜矢 写真=Getty Images、AFLO、平地勲)

あわせて読みたい

「富裕層」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    進次郎氏のCOP25演説に「失笑」

    舛添要一

  2. 2

    伝説のファウルをW杯審判が解説

    森雅史

  3. 3

    いきステ来客減 子連れ層を狙え

    かさこ

  4. 4

    宮川花子の後悔 医師信じず失敗

    中村ゆきつぐ

  5. 5

    山本太郎氏「酔っ払い」とも対話

    田中龍作

  6. 6

    日韓の「こじれ」朝日新聞に責任

    NEWSポストセブン

  7. 7

    報ステ編集謝罪 印象操作するTV

    かさこ

  8. 8

    土井善晴語る 日本の食の問題点

    村上 隆則

  9. 9

    ケンコバ語るTV業界の忘年会離れ

    AbemaTIMES

  10. 10

    玉木代表が野党再編で蚊帳の外に

    文春オンライン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。