記事

【台風19号水害】「選挙どころじゃない!」悲鳴あげる被災地。「延期難しい」と県選管。生活再建に追われる中、予定通り31日告示へ~福島県郡山市ルポ

1/2

台風19号による水害から2週間超。復旧に追われる福島県内の被災地からは「選挙どころでは無い」と悲鳴があがっている。任期満了に伴う県議会議員選挙が予定通り31日に告示されるためだ。被災市町村からは「復旧に追われている。延期して欲しい」との声もあがったが、県選管は「準備が進んでしまっており延期は難しい。職員を派遣するなど支援する」と語る。被害が甚大な地域では、生活再建が始まったばかり。住民たちは連日、新たな住まいの確保や公的支援の手続きに追われている。それは職員も同じ。立候補予定者も選挙運動の難しさを抱えながら、選挙戦に突入する。



【「人手足りない」延期求める声も】

 「いわき市のように県に対して正式に延期を要請する事はしていませんが、うちも『本当にやるんですか?』と何度も県選管に照会したんですよ。それでも県の姿勢は変わらない。予定通りに執行すると言う。ゴーサインが出た以上は、被災した市民が投票の機会を失う事の無いように全力を尽くすしかありません。被災した方にとって『選挙どころでは無い』というのはとても良く分かります。これが市議選なら柔軟な対応も出来たかもしれませんが、今回は県議選なので県が『やる』と言うからにはやらないわけにもいきません…」

 甚大な被害が続いている福島県郡山市の選管担当者はそう話した。28日朝には、投票所入場券(はがき)が郡山市役所で郵便局員に引き渡された。告示に向け順次、有権者に郵送されるが、自宅の損壊などで本人に届けられないケースも考えられるため、避難所などで「入場券を持参しなくても投票出来る」旨の告知をしたり、選挙公報を置いたりして情報提供に努めるという。

 郡山市内でも選挙ポスターの掲示版が設置され始めているが、水門町のように被害が甚大な地域には無い。また、芳賀小学校と赤木地域公民館、小原田地域公民館は避難住民を受け入れているため、赤木保育所、小原田小学校、郡山第四中学校に変更された。期日前投票所は変わらないという。
 いわき市選管は、23日に県議選の延期を求める要請書を県選管に送った。復旧業務や支援手続き業務が多く、正確さを求められる選挙業務に十分な職員を確保出来ないというのが理由だった。しかし、それでも県選管の答えは「ノー」だった。
 「事前に電話連絡しましたが、『11月10日に執行します』という回答でした」と担当者は言葉少なに語った。



投票所入場券の発想手続きが整い、自民党立候補予定者の選挙事務所には安倍晋三総裁などから贈られた「為書き」も貼られている。郡山市内でも県議選に向けて着々と準備が進んでいるが、しかし、被災した有権者にとっては「選挙どころでは無い」というのが本音だ

【県選管「心苦しいが準備進んでいる」】

 立候補予定者も複雑だ。
 郡山市内にある自民党立候補予定者の選挙事務所には、安倍晋三総裁などの「為書き」が貼られている。室内はすっかり選挙モードだが「こういう時に投票を呼び掛けるのは難しい」と関係者。別の立候補予定者も、演説会を中止するなど対応に追われている。ある現職県議は「こういう時だからこそ、きちんとした動きをする議員を選んでいただきたいが、片付けに追われているところで辻立ちするわけにもいかないし…」と表情を曇らせた。一方、ある政党職員はこう指摘する。
 「被災した有権者と被災しなかった有権者とで情報収集などで差が生じてしまうのは民主主義の権利行使という意味ではおかしいと思います。本来は延期をして、誰もが腰を据えて投票出来るような状況で選挙を行うべきだと思います」

 それでも県選管は31日告示11月10日投開票の日程を変えない。なぜなのか。「これだけ被害がある中で、投票どころでは無いという有権者もかなりの数いると思います…心苦しいです」としたうえで、県選管の担当者が苦しい胸の内を明かした。

 「任期満了が11月19日なので、その30日前までに選挙を行わなければいけません。1週間延期して11月17日投開票という事も出来るのでしょうけれど、ポスター掲示板や入場券の印刷など市町村での準備がかなり進んでいるというのが、延期が難しい最大の理由です。延期すれば全部印刷し直さなければいけませんから。その分、職員の負担も増えてしまいます。被害が少なかった市町村からは反発もあるかもしれません。それに、延期をするとなると総務省に特例を認めてもらうようにお願いしなければいけません。どれだけ延期すれば良いのか。期間に関する意見も様々だと思います。法の改正も必要になるでしょう。被災市町村で人手が足りないという事であれば、県から職員を派遣するという事も考えています。なんとかそれで乗り切って欲しいです。投票に行っていただけるよう、支援に努めます」

あわせて読みたい

「台風」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    「韓国に学べ」となぜ報じないか

    水島宏明

  2. 2

    瞳から家バレ 襲われたアイドル

    阿曽山大噴火

  3. 3

    休業要請 ネカフェ難民どうする?

    水島宏明

  4. 4

    リーマン当時と違う業界別壊滅度

    Chikirin

  5. 5

    家賃支払いが不安な人への支援策

    中川寛子

  6. 6

    専門家組織がたばこ生産停止要請

    ロイター

  7. 7

    都からの移動者 厳しい対応必要

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  8. 8

    緊急事態の効果示したテレ朝番組

    水島宏明

  9. 9

    30万円給付に与党からも不満続出

    藤田孝典

  10. 10

    買い溜めで混乱 姿を消す食品は

    BLOGOS編集部

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。